「原作マンガ/小説」映画一覧

帰ってきたヒトラーの紹介:2015年製作のドイツ映画で、同国の作家ティムール・ヴェルメシュによる同名の風刺小説を映画化したブラックコメディ。2014年、死んだはずのヒトラーが現代に蘇り、70年前と同じようにドイツ国民の心を鷲掴みにしていく。

ネタバレを読む

特攻大作戦の紹介:1967年製作の巨匠ロバート・アルドリッチによるアメリカの戦争映画。E・M・ナサンソンによる小説を原作としており、第二次世界大戦末期に計画された極秘任務を描いた作品で、囚人からなる部隊を指揮する少佐をオスカー俳優リー・マーヴィンが熱演。終盤にかけての戦闘シーンは爆音が響き渡る大迫力の映像に仕上がっており、第40回アカデミー賞では音響効果賞を獲得した。

ネタバレを読む

英雄の証明の紹介:2011年公開のイギリス映画。ローマの将軍と小国のリーダーとの運命的な戦いを描いている。ウィリアム・シェイクスピアの悲劇「コリオレイナス」の舞台を現代に置いた作品。レイフ・ファインズが監督・主演を務めた。彼の監督デビュー作でもある。

ネタバレを読む

ヒプノティスト-催眠-の紹介:2012年公開のスウェーデン映画。一家惨殺事件の唯一の生き残りの少年から、催眠療法を使って犯人を見つける男と家族、刑事らの様子を描いている。ラーシュ・ケプレルの小説が原作で、ラッセ・ハルストレムが監督を務めた作品。

ネタバレを読む

ザ・ウォークの紹介:2015年公開のアメリカ映画。1974年のワールドトレードセンターで、フィリップ・プティが成し遂げた偉業を描いている。フィリップ・プティのノンフィクション「マン・オン・ワイヤー」が原作。ロバート・ゼメキスが監督を務め、ジョセフ・ゴートン=レヴィットが主演で贈る作品。

ネタバレを読む

キャンディマンの紹介:キャンディマンの都市伝説を調査していた大学院生が晒される恐怖を描いた1992年のアメリカのホラー映画。クライヴ・バーカーのホラー小説「血の本」収録の短編「禁じられた場所」の映画化作品で自身が製作総指揮を務めている。監督/脚本は「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」のバーナード・ローズ。物悲しい音楽は「クンドゥン」のフィリップ・グラス。ヒロインは「サイドウェイ」のヴァージニア・マドセン。

ネタバレを読む

疾風ロンドの紹介:2016年11月公開の日本映画。東野圭吾のベストセラーを阿部寛主演で映画化したユニークなサスペンス。何者かに盗まれた生物兵器の行方を捜す、平凡な研究員の奮闘を描く。阿部寛が頼りない研究員をコミカルに演じ、関ジャニ∞の大倉忠義が正義感の強いパトロール隊員を演じる。

ネタバレを読む

深夜食堂の紹介:2015年公開の日本映画。繁華街の路地裏にある小さな食堂を営むマスターと、彼が作る懐かしい味を求めて集う客たちとの交流を描く、安倍夜郎の人気コミックとテレビドラマ版の映画化。寡黙なマスター役を、テレビドラマにひきつづいて小林薫が演じる。

ネタバレを読む

カイト/KITEの紹介:2014年公開。人身売買の行われる荒廃した近未来を舞台に、両親を殺され暗殺者として育てられた少女の壮絶な復讐を描いた作品。梅津泰臣のアダルトアニメが原作。インディア・アイズリー、カラン・マッコーリフ、サミュエル・L・ジャクソンらが出演。

ネタバレを読む

エコールの紹介:2004年制作。森の中にある閉鎖的な学校を舞台に、純粋な少女たちの生活と、外の世界を憧れる様を描いた衝撃作。19世紀の作家、フランク・ヴェデキントの小説「ミネハハ」が原作。女流監督ルシール・アザリロヴィックが監督・脚本を務め、マリオン・コティヤール、エレーヌ・ド・フジュロルが出演。

ネタバレを読む

イタズラなKiss THE MOVIE2~キャンパス編~の紹介:2017年1月公開の日本映画。日本だけでなく韓国や台湾、タイなどでもドラマ化された、多田かおる原作の人気コミックを映画化したラブ・コメディの第2弾。同じ大学に進学したヒロイン・琴子と直樹の恋の行方がつづられる。

ネタバレを読む

イタズラなKiss THE MOVIE~ハイスクール編~の紹介:2016年11月25日公開の日本映画。日本だけでなく韓国や台湾、タイなどでもドラマ化された、多田かおる原作の人気コミックを映画化したラブコメディ。おバカな女子とイケメン天才男子が様々なトラブルに見舞われながらも、恋を実らせていく様がつづられる。

ネタバレを読む

ギヴァー 記憶を注ぐ者の紹介:2014年公開のアメリカ映画。争いなど排除された近未来の管理社会を舞台に、記憶を受け継ぐ使命を与えられた若者が、ある男性と出会って大切なことが何か気づいていく姿を描いている。ロイス・ローリーの児童文学が原作。フィリップ・ノイスが監督を務め、ジェフ・ブリッジス、メリル・ストリープ、ブレントン・スウェイツ、テイラー・スウィフトなど豪華出演で贈る作品。

ネタバレを読む

アズミ・ハルコは行方不明の紹介:2016年12月3日公開の日本映画。OL失踪事件の背景と行く末を、3世代の女の子たちの生き方を浮き彫りにしつつ描いた山内マリコの同名小説を映画化した青春ドラマ。主人公の春子を蒼井優、その行方を捜すグラフィティ・アートを拡散させる20歳の少女を、高畑充希が演じる。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。