「原作マンガ/小説」映画一覧(2ページ目)

D.N.A./ドクター・モローの島の紹介:H・G・ウェルズのSF小説「ドクター・モローの島」の3度目の映画化作品で、飛行機事故により漂流していたダグラスは貨物船で謎の男モンゴメリーと出会い孤島へと連れて行かれるが、そこはモロー博士が遺伝子操作により創造した獣人たちにかしずかれて暮らす異様な島だったという1996年公開のSF映画。監督は「フレンチ・コネクション2」「ブラック・サンデー」の ジョン・フランケンハイマー。脚本は「ハードウェア」のリチャード・スタンリーと「逆転無罪」のロン・ハッチソン。特殊メイクは「エイリアン2」「プレデター2」のスタン・ウィンストン。美術は「マッドマックス・サンダードーム」のグラハム・ウォーカー。

ネタバレを読む

彼岸島の紹介:2010年公開の日本映画。松本光司の同名人気コミックを「火山高」のキム・テギュン監督が実写化した、サバイバル・アクション。吸血鬼の巣くう孤島を舞台に、行方不明の兄を探す高校生の死闘を描く。

ネタバレを読む

真夜中のカーボーイの紹介:テキサスのど田舎からNYへ一獲千金を夢見てやってきたカウボーイ姿の若者ジョーとNYの最底辺で生きる男ラッツォの出会いと別れを描いた1969年公開のアメリカ映画。原作はジェームズ・レオ・ハーリヒーの「真夜中のカウボーイ」。監督は「イナゴの日」「マラソンマン」のジョン・シュレシンジャー。製作はジェローム・ヘルマン、脚本はウォルド・ソルト。主演はジョン・ヴォイトとダスティン・ホフマン。音楽は「愛と哀しみの果て」のジョン・バリー、主題歌はハリー・ニルソン「Everybody’s Talkin(うわさの男)」。1969年アカデミー賞作品賞ほか3部門、NY批評家協会賞主演男優賞、英国アカデミー賞6部門他多くの賞を獲得、1994年にはアメリカ国立フィルム登録簿に登録された。

ネタバレを読む

ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年の紹介:2015年公開の日本アニメーション映画。ちびまる子ちゃんの映画化第3弾で、アニメ放送25周年を記念して作られた。まる子の住む町にホームステイで訪れた外国の子どもたちと、まる子たちの友情を軸に、京都&大阪を訪れる様子を描く。

ネタバレを読む

名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)の紹介:2016年公開の日本アニメーション映画。劇場版『名探偵コナン』シリーズの第20作目にあたる。コナンの体を小さくしてしまった張本人である黒ずくめの組織の構成員ジンや、FBI捜査官の赤井、公安警察の安室らが登場し、記憶喪失の女性とのエピソードや、原作でも謎の部分が多い、黒ずくめの組織の内部が明らかになる。

ネタバレを読む

to DEATH NOTE NEW GENERATIONの紹介:2016年公開の日本テレビドラマ。同年10月29日から公開の『デスノート Light up the NEW world』に先駆けて、空白の10年間を描いたHULU配信のドラマ。10年後のデスノート事件の序章。

ネタバレを読む

名探偵コナン 江戸川コナン失踪事件~史上最悪の二日間~の紹介:2014年12月に放送された日本アニメーションドラマ。テレビアニメ『名探偵コナン』の、原作連載20周年を記念して製作されたスペシャル番組。毛利蘭と灰原哀と一緒に銭湯へやって来たコナン。ところが、コナンが転倒し、記憶喪失になってしまう…。

ネタバレを読む

名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)の紹介:2013年公開の日本アニメーション映画。劇場版『名探偵コナン』シリーズの第17作目にあたる。海上自衛隊の最新イージス艦に乗り込んだコナンらが、艦内で発生した自衛隊員殺害事件の謎に挑む。海上自衛隊の全面協力を得て、アニメとはいえ、国家機密でもある最新鋭自衛艦の内部が描かれるという点にも注目。

ネタバレを読む

名探偵コナン 11人目のストライカーの紹介:2012年公開の日本アニメーション映画。劇場版『名探偵コナン』シリーズの第16作目にあたる。Jリーグ設立20周年記念プロジェクトの一環として、ガンバ大阪をはじめとする実在のチームや選手が続々登場。臨場感あふれるサッカーシーンを織り交ぜながら、謎めいた脅迫事件の真相に迫る。

ネタバレを読む

復讐したいの紹介:2016年公開の日本映画。実写化が相次ぐ山田悠介のホラー小説を、名古屋を拠点にするタレント集団『BOYS AND MEN』の水野勝を主演に据えて映画化。一定条件下で被害者やその親族による犯人への制裁を認める法律が成立し、妻を失った男が復讐に乗り出す。監督・脚本は「デスマッチ」の室賀厚。水野が妻を失った中学校教師を、「キカイダー REBOOT」の高橋メアリージュンが妻と犯罪者の二役を演じる。

ネタバレを読む

名探偵コナン 銀翼の奇術師(マジシャン)の紹介:2004年公開の日本アニメーション映画。劇場版『名探偵コナン』シリーズの第8作目にあたる。東京・汐留を舞台に、名探偵コナンがライバルである怪盗キッドのトリックに翻弄されつつも、難事件の解決に挑む。

ネタバレを読む

ドクムシの紹介:2016年公開の日本映画。ネット小説や電子コミックとして人気になったホラーを、『クソすばらしいこの世界』で注目を浴びた女性監督・朝倉加葉子が映画化。何者かに建物に監禁され、最後の1人になるまで殺し合う恐ろしいゲームを強いられ、狂気に駆られていく7人の男女を描く。舞台「弱虫ペダル」の村井良大とアクション女優の武田梨奈がW主演を務める。

ネタバレを読む

クローズ EXPLODEの紹介:2014年公開の日本映画。高橋ヒロシの漫画『クローズ』を原作とした映画シリーズ第3弾。『クローズZEROⅡ』から一ヶ月後の鈴蘭高校。滝谷や芹沢らが卒業し、空席になった鈴蘭の頂点を狙い、新三年生たちが群雄割拠していた。そこに現れた二人の男、鏑木と加賀美によって黒咲工業やODAを巻き込んだ大抗争に発展する。

ネタバレを読む

名探偵コナン ベイカー街の亡霊の紹介:2002年公開の日本アニメーション映画。劇場版『名探偵コナン』シリーズの第6作目。キャッチコピーは「待ってろ…絶対、また逢えっから…」「夢か幻か!?歴史の迷宮に隠された真実をつかめ!」。19世紀末ロンドンに歴史の光と闇として存在した、シャーロック・ホームズと切り裂きジャックを大きなテーマにしている。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。