「原作マンガ/小説」映画一覧(3ページ目)

スマーフ2 アイドル救出大作戦!の紹介:2013年公開のアメリカ映画。世界中で愛されている小さくて青い妖精のキャラクター、スマーフを実写とCGで描いた作品。ベルギーの漫画家、ペヨのコミックが原作。スマーフシリーズの2作目。

ネタバレを読む

幸せの1ページの紹介:2008年公開のアメリカ映画。孤独なベストセラー作家と、孤島で父親と二人で暮らす少女との出会いを描いている。ウェンディー・オルーの児童文学「秘密の島のニム」が原作。ジョディ・フォスター、アビゲイル・ブレスリン、ジェラルド・バトラー出演で贈る作品。主題歌はU2で「ビューティフル・デイ」。

ネタバレを読む

転校生-さよなら あなた-の紹介:2007年公開の日本映画。ある出来事から体が入れ替わった男女が、お互いの気持ちを知るまでを描いた作品。1982年の「転校生」のリメイク。山中恒の児童文学「おれがあいつであいつがおれで」が原作。大林宣彦監督、蓮佛美沙子主演で贈る青春・ファンタジー。

ネタバレを読む

となり町戦争の紹介:2007年公開の日本映画。となり町同士の戦争に巻き込まれた人々の恐怖をユーモアを交えて描いている。三崎亜記のベストセラー小説が原作。江口洋介、原田知世、瑛太ら出演で贈る作品。主題歌は中島有紀の「明日晴れたら」。

ネタバレを読む

ガール・オン・ザ・トレインの紹介:2016年公開のアメリカ映画。世界45か国でベストセラーとなった小説を映画化したミステリー。ある夫婦の姿を車窓から眺めていたヒロインが、人妻の死によって疑いの目を向けられるようになる過程がつづられる。エミリー・ブラントが事件に巻き込まれていく主人公を、キーマンとなる人妻を若手注目株のヘイリー・ベネットが演じる。

ネタバレを読む

ポプラの秋の紹介:2015年公開の日本映画。父を亡くした少女と、天国に手紙を届ける役目をもつ老人との交流を描いた作品。湯元香樹実の小説が原作。大森研一がメガホンをとり、本田望結、中村玉緒、大塚寧々らが出演。

ネタバレを読む

夢売るふたりの紹介:2012年公開の日本映画。『ディア・ドクター』の西川美和監督が、火事で店を失った夫婦が再出発のために結婚サギを繰り返す姿を描くラブストーリー。松たか子と阿部サダヲが夫婦役で初共演を果たし、タイプも様々な女性たちを騙していく姿が痛快。

ネタバレを読む

彼岸島 デラックスの紹介:2016年製作の日本映画。2013年に放送されたドラマ版の映画化。「週刊ヤングマガジン」連載の松本光司による人気コミックを、白石隼也、鈴木亮平ら13年放送のテレビドラマ版のキャストを再度起用し、映画化したアクション・ホラー。吸血鬼伝説の残る孤島・彼岸島を舞台に、“邪鬼(おに)”と呼ばれる大小さまざまなモンスターと戦う人間たちの姿を描く。

ネタバレを読む

カジノ・ゾンビ BET OR DEADの紹介:2011年制作のアメリカ映画。世界屈指のカジノシティを舞台に、ゾンビ相手にサバイバルを繰り広げる人々を描いている。グラフィック・ノベル界の売れっ子、スティーヴ・ナイルズの原作を映画化した作品。

ネタバレを読む

白いカラスの紹介:2003年公開のアメリカ映画。心に傷を負った人々の人間ドラマを描いている。フィリップ・ロスの傑作小説が原作。名匠ロバート・ベントンが監督を務め、アンソニー・ホプキンスとニコール・キッドマン共演で贈る作品。

ネタバレを読む

トガニ 幼き瞳の告発の紹介:韓国の作家である孔枝泳(コン・ジヨン)による同名小説の実写化。韓国の聾学校で起きた性的虐待事件を基に描いた作品。主演は原作を読んで映画化を申し出たコン・ユ。日本公開は2012年。

ネタバレを読む

体脂肪計タニタの社員食堂の紹介:実在の会社健康機器メーカータニタで巻き起こるダイエット騒動での悲喜交々を描いた2013年のコメディ映画。原作は同社の社員食堂のレシピ本「体脂肪計タニタの社員食堂 500kcalのまんぷく定食」、レシピの発案者は社員食堂勤務の栄養士荻野菜々子で累計485万部の大ヒットとなった。主人公菜々子を始め「もしもタニタの社員が全員太っていたら」というフィクションだが、レシピやダイエットの極意なども紹介される。監督は「デトロイト・メタル・シティ」の李闘士男、脚本は放送作家として知られる田中大祐、菜々子役「輪廻」の優香や幸之助役「闇金ウシジマくんPart3」の浜野謙太などのデブメイクは「ミュージアム」の百武朋。主題歌は矢野顕子の「さあ、召し上がれ」。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。