「原作マンガ/小説」映画一覧(3ページ目)

名探偵コナン 瞳の中の暗殺者の紹介:2000年公開の日本アニメーション映画。劇場版『名探偵コナン』シリーズの第4作目にあたる。キャッチコピーは「蘭の瞳に隠された狙撃犯(スナイパー)を探せ!」「Need not to know….」。連続して起こる警官殺人事件の謎をコナンが解く!

ネタバレを読む

HK/変態仮面 アブノーマル・クライシスの紹介:2016年公開の日本映画。あんど慶周・原作の漫画の映画化第2弾。前作に引き続き監督・脚本は福田雄一、主演は鈴木亮平が務める。世界中からパンティが消えるという危機、さらに新たな敵が変態仮面に襲いかかる。

ネタバレを読む

名探偵コナン 世紀末の魔術師の紹介:1999年公開の日本アニメ映画。劇場版『名探偵コナン』シリーズの第3作目にあたる。ロマノフ王朝の財宝を巡って繰り広げられる謎解きと殺人事件に、おなじみ少年探偵・コナンが挑む。キャッチコピーは「世紀末最大の謎を解くのは誰だ!?」。

ネタバレを読む

名探偵コナン 14番目の標的(ターゲット)の紹介:1998年公開の日本アニメーション映画。コミック・アニメでも大人気の推理劇、「名探偵コナン」の劇場版第2弾。監督は「名探偵コナン 時計じかけの摩天楼」のこだま兼嗣、脚本は古内一成。キャッチコピーは「次に狙われるのはだれだ!?」。

ネタバレを読む

バンビの紹介:1942年製作のアメリカ映画。フェーリクス・ザルテンの『バンビ』を原作とし、ウォルト・ディズニー・カンパニーが製作したアニメーション映画。舞台は北アメリカ大陸に、主人公のバンビはヨーロッパの原作での小型のノロジカから、北米の大型のアカシカに置き換えられている。

ネタバレを読む

闇金ウシジマくん dビデオ powered by BeeTVスペシャル 後編の紹介:2014年製作の日本テレビドラマ。真鍋昌平による同名漫画を原作とし、2010年より毎日放送(MBS)で制作・放送されたドラマ『闇金ウシジマくん』の映画版『闇金ウシジマくんPart.2』公開を記念して、原作でも人気の高い「スーパータクシーくん編」を完全実写化!

ネタバレを読む

闇金ウシジマくん dビデオ powered by BeeTVスペシャル 前編の紹介:2014年製作の日本テレビドラマ。真鍋昌平による同名漫画を原作とし、2010年より毎日放送(MBS)で制作・放送されたドラマ『闇金ウシジマくん』の映画版『闇金ウシジマくんPart.2』公開を記念して、原作でも人気の高い「スーパータクシーくん編」を完全実写化!

ネタバレを読む

オリバー・ツイストの紹介:2005年公開。チャールズ・ディケンズの小説を「戦場のピアニスト」のロマン・ポランスキーが監督して映画化した。孤児の少年が幾多の苦難を乗り越えて幸せをつかむまでを描いた作品。原作と比べて、フェイギンとブラウンロー氏の対照的な愛情をもらうオリバーの悲しい運命を描いている。登場人物のフェイギン役は「ガンジー」のベン・キングズレー。

ネタバレを読む

クリムゾン・リバーの紹介:2000年公開のジャン・レノ主演のフランス映画。猟奇事件を追う二人の刑事の活躍を描いた作品。フランスでベストセラーになったジャン=クリストフ・グランジェの小説が原作。刑事のニーマンスとマックスの絶妙な捜査活動が印象的。出演者は「レオン」のジャン・レノ、「憎しみ」のヴァンサン・カッセル。ヴァンサン・カッセルの父親のジャン=ピエール・カッセルもシェルヌゼ医師役で出演している。

ネタバレを読む

理由(2004年)宮部みゆきの紹介:2004年公開の日本映画。宮部みゆきの直木賞受賞作を、名匠・大林宣彦が映像化。超高層マンションで4人の遺体が発見されるが、死んだ人たちはその部屋の住人ではなかった…。殺人事件の真実を、107名にも及ぶ登場人物の証言を交えて解き明かす。

ネタバレを読む

名探偵コナン エピソード“ONE” 小さくなった名探偵の紹介:2016年12月9日放送されたテレビアニメ『名探偵コナン』のスペシャル番組。放送20周年を記念して製作された2時間スペシャルエピソード。新一がコナンになるエピソードを中心に、新一と蘭がトロピカルランドへ行く約束を交わしたエピソードなど新たに加わった要素が多数ある。

ネタバレを読む

ウォッチメンの紹介:2009年公開。世界を揺るがすヒーロー、ウォッチメンの活躍を描いた作品。同名のアメリカン・コミックを実写化。監督は「ドーン・オブ・ザ・デッド」「300<スリーハンドレッド>」のザック・スナイダー。出演は「エルム街の悪夢(2010年)」のジャッキー・アール・ヘイリー、テレビシリーズ「スーパーナチュラル」のジェフリー・ディーン・モーガンほか。

ネタバレを読む

アナザー(2015年)の紹介:2015年製作のフランス&ベルギー合作映画。自分にそっくりな女の存在を知ったヒロインが、身に覚えのない殺人事件に巻き込まれていくサイコスリラー。セバスチアン・ジャプリゾの小説「新車のなかの女」を、『ゲンスブールと女たち』などのジョアン・スファール監督が映画化。もう一人の自分の存在に翻弄(ほんろう)されていくヒロインを、『サンシャイン/歌声が響く街』などのフレイア・メイヴァーが演じる。

ネタバレを読む

パフューム ある人殺しの物語の紹介:2006年公開。18世紀のフランスを舞台に、類稀なる嗅覚の才能を持つ男の才能と狂気を描いた作品。パトリック・ジュースキントのベストセラー小説「香水 ある人殺しの物語」を映画化。出演は「クレイマー、クレイマー」のダスティン・ホフマン、「ロビン・フッド」「ラブ・アクチュアリー」のアラン・リックマン。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。