「原作マンガ/小説」映画一覧(4ページ目)

ベルセルク 黄金時代篇Ⅱ ドルドレイ攻略の紹介:「ベルセルク 黄金時代篇」三部作の2作目。ドルドレイ要塞の攻略によるミッドランド王国の勝利で長きに渡った百年戦争は終結を迎えるが、グリフィスの言葉から自分の夢を考えるようになったガッツは鷹の団との訣別を決意する。2012年公開(PG12指定)。監督:窪岡俊之、脚本:大河内一楼、音楽:鷺巣詩郎、主題曲:平沢進。

ネタバレを読む

ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵の紹介:20年以上連載が続く三浦健太郎原作の同名漫画の中から黄金時代篇を三部作としてアニメ映画化。百年戦争と呼ばれる長く続く戦いの中、巨大な剣を操る傭兵ガッツは傭兵集団「鷹の団」を率いる美貌の剣士グリフィスに出会う。2012年公開。監督:窪岡俊之、脚本:大河内一楼、音楽:鷺巣詩郎、主題曲:平沢進。

ネタバレを読む

あんの紹介:小さなどら焼き屋の雇われ店長千太郎(永瀬正敏)は決して好きでやっているのではなく、訳あって仕方なく毎日どら焼きを焼いていた。わかな(内田伽羅)はそこに通う中学生で、家庭にも学校にも何だかしっくりこないものを感じている。そんなどら焼き屋に、ある日、絶品のあんを作る1人の老女徳江(樹木希林)が現れる。キャッチコピーは「やり残したことはありませんか。」

ネタバレを読む

プール(2009年)の紹介:2009年公開の日本映画。人気漫画家・桜沢エリカが映画化を前提に書き下ろした原作を、監督・脚本家の大森美香が映画化。タイのチェンマイ郊外にあるゲストハウスを舞台に、そこに集う人々の6日間を描く。キャッチコピーは「理由なんて、愛ひとつで十分だ」。

ネタバレを読む

orangeの紹介:主人公、菜穂の元に一通の手紙が届きました。その手紙は、10年後の自分からのものだった。その手紙には、これから転校してくる翔のことが書かれてあります。『現在、翔はここにはいません。翔を救ってください』という内容の手紙を見た菜穂。翔を救い、未来でも一緒に過ごせるように、菜穂や翔を大好きな仲間たちは、後悔のないよう行動していく物語です。

ネタバレを読む

俺物語!!の紹介:2015年公開の日本映画。高校生らしからぬいかつい顔面と屈強な肉体をもった少年・剛田猛男の純愛を描き、テレビアニメにもなった「別冊マーガレット」連載の異色少女漫画を実写映画化したラブストーリー。鈴木亮平が純情で心優しき主人公に挑戦。原作では身長2メートル、体重120キロという大男になりきるため、30キロも増量し、熱演を披露する。

ネタバレを読む

ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館の紹介:2012年公開のイギリス映画。『ハリー・ポッター』シリーズで主人公を演じ、人気者となったダニエル・ラドクリフが、奇妙な事件に巻き込まれる若き弁護士を演じるゴシック・ホラー。沼地の島にぽつんとそびえ立つ忌まわしき館を巡る物語が、陰鬱としたムードで語られる。続編も作られた。

ネタバレを読む

草原の椅子の紹介:それぞれ人生に疲れた中年の男2人がある時、「親友」になる。この2人と、訳ありの人生を歩んできた哀しげな 美女の3人が、ひょんなことから面倒を見ることになった幼い少年とともに、最後の桃源郷と言われるパキスタンのフンザを目指して旅をする。そして、人生の 再生へのスタートを切ることになる。後に大活躍をすることになる黒木華も佐藤浩一の娘役で出演。

ネタバレを読む

海のふたの紹介:衰退する故郷で、生きる道を探す女性のひと夏の物語を綴った作品。原作はよしもとばななの新聞連載の同名小説。伝説のミュージシャン原マスミの名曲にインスパイアされた作品で、西伊豆の海辺の町が舞台になっている。掲載から10年以上の月日を経て、2015年に待望の映画化となった。

ネタバレを読む

at Home アットホームの紹介:2015年公開の日本映画。人気作家・本多孝好の同名作を、竹野内豊、松雪泰子らの出演で映画化。それぞれが犯罪で生計をたてている血縁関係のない家族に、突如ふりかかったトラブルが描き出される。

ネタバレを読む

アイズ(2015年)の紹介:2015年公開の日本映画。『リング』『らせん』などの代表作で知られる、ホラー作家・鈴木光司による短編集『アイズ』所収の一編『しるし』を長編映画化。女性アイドルグループ乃木坂46の伊藤万理華が映画初主演を飾り、『×ゲーム』『ビンゴ』の福田陽平監督がメガホンをとった。

ネタバレを読む

海がきこえるの紹介:氷室冴子の小説を原作に、1993年にスタジオジブリが制作したアニメーション映画。及び、1995年にテレビ朝日系列で放映されたテレビドラマ。1992年当時、「紅の豚」を制作し終えた宮崎駿が次回作を見出せずにいた為、当時のジブリ在籍の若いスタッフ達によって制作された作品である。高知市を主な舞台としており、現実に存在する場所も多数描かれていることで話題に。高知市の高校に通う杜崎拓と、その親友松野豊、そして東京から転入してきた武藤里伽子、三人の人間模様を描く青春ストーリー。

ネタバレを読む

クリーピー 偽りの隣人の紹介:2016年6月18日公開の日本映画。第15回日本ミステリー文学大賞新人賞に輝いた前川裕の小説を、黒沢清監督が映画化したサスペンス・スリラー。ある夫婦が怪しい隣人への疑惑と不安から、深い闇へと引きずり込まれていく様子が描かれる。「クリーピー」とは「ぞっとするさま」の意。

ネタバレを読む

アレックス・ライダーの紹介:両親を交通事故で亡くした中学生のアレックスは、叔父のイアンと家政婦のジャックと暮らしていた。しかし、突然イアンが不慮の事故死を遂げる。疑問を抱いたアレックスは叔父がスパイだったことを知る。叔父のかたきとジャックの生活のためにアレックスはスパイになることを決意する。アレックスのスパイとしての経緯、成長、覚醒を描いた作品。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。