「原作マンガ/小説」映画一覧(4ページ目)

少女(2016年)の紹介:2016年10月公開の日本映画。湊かなえのベストセラーを、本田翼&山本美月主演で映画化したミステリアスなドラマ。17歳という多感な時期を迎えた2人の女子高生の姿を通し、それぞれが抱える闇や“死”にまつわる禁断の世界を映し出す。

ネタバレを読む

マックスとヘラジカの大冒険 *クリスマスを救え*の紹介:クリスマス間近。空から降ってきたムース(ヘラジカ)と少年の交流を描いた心あたたまるファンタジー。
クリスマスの度に読まれる世界的児童文学アンドレアス・シュタインヘーフェルの『ヘラジカがふってきた! 』を映画化。オランダ・スウェーデン・ベルギー合作の2013年の作品で、日本では未公開作。

ネタバレを読む

ジャッキー・コーガンの紹介:2012年公開。経済危機に瀕したアメリカ社会を背景に、裏社会に生きる男たちの姿を描いている。ジョージ・V・ヒギンズの小説が原作。アンドリュー・ドミニクが監督・脚本を務め、ブラッド・ピット主演で贈る作品。

ネタバレを読む

溺れるナイフの紹介:2016年11月公開の日本映画。青春漫画の傑作と言われるジョージ朝倉による同名作を、小松菜奈&菅田将暉主演で映画化した青春ラブストーリー。田舎町へ引っ越してきた人気モデルと、容姿端麗な青年との出会いと運命の恋の行方がつづられる。

ネタバレを読む

四月は君の嘘の紹介:2016年9月公開の日本映画。テレビアニメ化もされた新川直司の人気コミックを、広瀬すず&山崎賢人主演で実写映画化したラブストーリー。母親の死をきっかけにピアノが弾けなくなってしまった少年が、ひとりのヴァイオリニストとの出会いを機に再生していく姿が描かれる。

ネタバレを読む

ベロニカは死ぬことにした(2005年)の紹介:2005年制作の日本映画。精神科病院を舞台に、自分の人生を取り戻そうとする人々を描いている。パウロ・コエーリョの小説が原作で、日本を舞台に置き換えている作品。堀江慶が監督を務め、真木よう子主演で贈る。

ネタバレを読む

虚栄のかがり火の紹介:1990年製作のアメリカ映画。ウォール街の頂点を極めた若き債券トレーダーが、ささいな事件から転落の道を辿っていく様子を描く。製作・監督は「カジュアリティーズ」のブライアン・デ・パルマ、トム・ウルフの原作をマイケル・クリストファーが脚本化。出演はトム・ハンクス、ブルース・ウィリス、メラニー・グリフィスほか。

ネタバレを読む

白い花びらの木の紹介:フィンランドの田舎町で、仲睦まじく暮らす夫婦。ある日彼らの前に都会からやって来た伊達男が現れて、妻を口説き始める。
フィンランドの名匠アキ・カウリスマキ監督が、同国作家ユハニ・アホの名作小説を映像化。1999年製作の作品だが、敢えてモノクロのサイレント映画に挑戦した。映画原題は主人公の名前の『Juha』。

ネタバレを読む

夏の嵐の紹介:1954年製作のイタリアのメロドラマで、カミロ・ボイトの小説「官能」をイタリアの巨匠ルキノ・ヴィスコンティ監督が映画化した作品。イタリア統一戦争下のヴェネツィアを舞台に、敵国同士にありながら不倫の恋に落ちてしまう男女の悲恋を描いていく。

ネタバレを読む

インベージョン(2007年)の紹介:2007年公開のアメリカ映画。宇宙からやってきた未知の生物による恐怖を描いている。ジャック・フィニィのSF小説「盗まれた街」が原作で4度目の映画化。出演はニコール・キッドマン、ダニエル・クレイグら。

ネタバレを読む

シャーロットのおくりもの(2006年)の紹介:2006年公開のアメリカ映画。平凡な田舎町を舞台に、豚と蜘蛛と農場の娘の愛と友情の物語を描いている。E・B・ホワイトのファンタジー小説が原作。監督はゲイリー・ウィニックが務め、ダコタ・ファニングが出演、ジュリア・ロバーツらが声優を担当。

ネタバレを読む

ペーパーボーイ 真夏の引力の紹介:2012年公開。殺人事件を調査する兄弟が、事件の真相をめぐる複雑な人間関係に巻き込まれていく姿を描いている。ピート・デクスターの小説「ベーパーボーイ」が原作。リー・ダニエルズが監督を務め、ザック・エフロン、ニコール・キッドマン、マシュー・マコノヒー、ジョン・キューザックらが出演。

ネタバレを読む

ムード・インディゴ うたかたの日々の紹介:2013年公開のフランス映画。パリを舞台に、病にかかった女性を救おうとする青年の切なくも美しい愛を描いている。ボリス・ヴィアンの青春小説「日々の泡」が原作。ミシェル・ゴンドリーが監督を務め、ロマン・デュリスとオドレイ・トトゥ主演で贈る作品。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。