「原作マンガ/小説」映画一覧(5ページ目)

ギヴァー 記憶を注ぐ者の紹介:2014年公開のアメリカ映画。争いなど排除された近未来の管理社会を舞台に、記憶を受け継ぐ使命を与えられた若者が、ある男性と出会って大切なことが何か気づいていく姿を描いている。ロイス・ローリーの児童文学が原作。フィリップ・ノイスが監督を務め、ジェフ・ブリッジス、メリル・ストリープ、ブレントン・スウェイツ、テイラー・スウィフトなど豪華出演で贈る作品。

ネタバレを読む

アズミ・ハルコは行方不明の紹介:2016年12月3日公開の日本映画。OL失踪事件の背景と行く末を、3世代の女の子たちの生き方を浮き彫りにしつつ描いた山内マリコの同名小説を映画化した青春ドラマ。主人公の春子を蒼井優、その行方を捜すグラフィティ・アートを拡散させる20歳の少女を、高畑充希が演じる。

ネタバレを読む

破門 ふたりのヤクビョーガミの紹介:2017年1月28日公開の日本映画。直木賞受賞の黒川博行によるベストセラー小説を、佐々木蔵之介と関ジャニ∞の横山裕の主演で映画化したコミカルなアクション。出資詐欺に巻き込まれたイケイケなやくざと建設コンサルタントの凸凹コンビが詐欺師を追って、関西やマカオを奔走する姿が描かれる。

ネタバレを読む

アサシン クリードの紹介:2016年公開のアメリカ映画。世界的にヒットしたゲーム「アサシン クリード」を実写映画化した作品。アサシンとして活躍した先祖の記憶を体験させられる男が、歴史に隠された謎に挑む姿を描いている。マイケル・ファスベンダー、マリオン・コティヤール、ジェレミー・アイアンズらが出演したSFアクション。

ネタバレを読む

アキハバラ@DEEPの紹介:2006年公開の日本映画。秋葉原を舞台に、理不尽な世の中に若者たちが立ち向かっていく姿を描いた作品。石田衣良の小説が原作で、成宮寛貴主演で贈る青春ムービー。癖のある登場人物たちが、絶妙に混ざりあって生き生きと映し出されている。

ネタバレを読む

落下する夕方の紹介:1998年の日本映画。失恋をきっかけに、孤独や死や痛みと向き合って、ゆっくりと受け入れていくまでを描いた作品。江國香織の小説が原作。合津直枝が監督を務め、原田知世、渡部篤郎、菅野美穂主演で贈るラブ・ストーリー。

ネタバレを読む

アイ・フランケンシュタインの紹介:2014年制作。現代まで生き残った人造人間のフランケンシュタインが、天使と悪魔との戦いに関わる姿を描いている。ケヴィン・グレイヴォーのグラフィック・ノベルが原作。スチュアート・ビーティー監督・脚本、アーロン・エッカート主演で贈る作品。

ネタバレを読む

スマーフ2 アイドル救出大作戦!の紹介:2013年公開のアメリカ映画。世界中で愛されている小さくて青い妖精のキャラクター、スマーフを実写とCGで描いた作品。ベルギーの漫画家、ペヨのコミックが原作。スマーフシリーズの2作目。

ネタバレを読む

幸せの1ページの紹介:2008年公開のアメリカ映画。孤独なベストセラー作家と、孤島で父親と二人で暮らす少女との出会いを描いている。ウェンディー・オルーの児童文学「秘密の島のニム」が原作。ジョディ・フォスター、アビゲイル・ブレスリン、ジェラルド・バトラー出演で贈る作品。主題歌はU2で「ビューティフル・デイ」。

ネタバレを読む

転校生-さよなら あなた-の紹介:2007年公開の日本映画。ある出来事から体が入れ替わった男女が、お互いの気持ちを知るまでを描いた作品。1982年の「転校生」のリメイク。山中恒の児童文学「おれがあいつであいつがおれで」が原作。大林宣彦監督、蓮佛美沙子主演で贈る青春・ファンタジー。

ネタバレを読む

となり町戦争の紹介:2007年公開の日本映画。となり町同士の戦争に巻き込まれた人々の恐怖をユーモアを交えて描いている。三崎亜記のベストセラー小説が原作。江口洋介、原田知世、瑛太ら出演で贈る作品。主題歌は中島有紀の「明日晴れたら」。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。