「原作マンガ/小説」映画一覧(5ページ目)

おかあさんの木の紹介:息子たちを戦争に奪われた母は、出征の度に息子の代わりに桐の木を植え彼らの帰りを待ちわびていた。
40年前から小学校の国語の教科書に掲載されている大川悦生の国民的同名児童文学を映画化。戦後70年にあたる2015年に公開された。

ネタバレを読む

ジャック・リーチャー NEVER GO BACKの紹介:2016年11月11日公開のアメリカ映画。トム・クルーズが元米軍の秘密捜査官にして流れ者のジャック・リーチャーを演じた、『アウトロー』の続編となるサスペンスアクション。元同僚にかけられたスパイの嫌疑を晴らそうとするリーチャーが新たな敵に立ち向かっていく。

ネタバレを読む

GANTZ:0の紹介:2016年10月14日公開の日本アニメーション映画。テレビアニメや実写映画にもなった奥浩哉のコミック「GANTZ」。その中でも人気の「大阪編」をフル3DCGで劇場アニメ化。大阪を舞台に、星人と呼ばれる謎の敵と戦うハメになった人々の姿を映し出す。

ネタバレを読む

鬼畜の紹介:1978年公開の日本映画。父を思い続ける息子と、環境に押し流されて正気を失う弱い父親、大人と子供の世界を較べながら、切っても切れない親子の絆を描く。松本清張の、昭和32年に事実をもとに書き下ろした原作の映画化。

ネタバレを読む

ファンタスティック Mr.FOXの紹介:2009年のアニメーション映画。「チャーリーとチョコレート工場」などで知られるロアルド・ダールの原作小説「父さんギツネバンザイ」を基に、ウェス・アンダーソンが監督した。日本公開は2011年。

ネタバレを読む

理想の女の紹介:2005年公開。1930年のイタリアを舞台に、皮肉な愛の運命を描いた作品。オスカー・ワイルドの戯曲「ウィンダミア卿夫人の扇」が原作。出演はスカーレット・ヨハンソン、ヘレン・ハント、トム・ウィルキンソンなど。

ネタバレを読む

ピアノの森の紹介:2007年公開のアニメーション映画。森のピアノを弾くことができる少年と、ピアニストを夢見る少年との友情を描いた作品。一色まことの漫画が原作。劇中のピアノ演奏、ミュージックアドバイザーには世界的ピアニストウラディーミル・アシュケナージが担当。豪華声優陣には上戸彩、神木隆之介ら。

ネタバレを読む

ランブルフィッシュの紹介:1983年製作のアメリカ映画で、S・E・ヒントンの同名小説を原作としたヒューマンドラマ。フランシス・フォード・コッポラが監督を務め、主人公の兄弟をミッキー・ローク、マット・ディロンが演じた。数年ぶりに帰郷した兄と、兄に強い憧れを抱く弟との数日間の交流を描く。

ネタバレを読む

ワルボロの紹介:2007年公開の日本映画。1980年代の立川市を舞台に、不良に転身した元優等生と仲間たちとの熱い友情や、他の中学との勢力争いを描いている。ゲッツ板谷の小説が原作。主演は松田翔太が務め、オールバック姿で熱演をしている。主題歌はザ・クロニヨンズの「ギリギリガガンガン」。

ネタバレを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの紹介:2014年のアメリカ映画。マーベル社の同名のスーパーヒーローコミックを原作に、マーベル・スタジオの製作、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズの配給によって公開された。長いタイトルは「GotG」と略されることもある。監督・脚本は『スクービー・ドゥー』『ドーン・オブ・ザ・デッド』などの脚本で知られるジェームズ・ガン。主演のクリス・プラットはSF・ファンタジー・ホラー作品に贈られるサターン賞で主演男優賞を受賞した。同じくマーベル・コミックの世界観を共有する実写映画シリーズ『マーベル・シネマティック・ユニバース』の一つであり、以降のシリーズではアベンジャーズなどとの共演も予定されている。

ネタバレを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックスの紹介:2017年公開のアメリカ映画。マーベル・コミックのスーパーヒーロー作品『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を原作とした2014年の同名映画の続編で、「マーベル・コミック」の作品を同じ世界観で映像化した『マーベル・シネマティック・ユニバース』のシリーズの一作でもあり、予定されている3作目以降はアベンジャーズとの共演も予想されている。監督は前作に引き続きジェームズ・ガン。主演のクリス・プラットをはじめ、前作の主要キャストも続投し、同じ作品のテイストで世界的に大ヒットを記録した。

ネタバレを読む

ボーン・コレクターの紹介:1999年製作のアメリカ映画。連続猟奇殺人鬼に、脊椎損傷で寝たきりとなった刑事が捜査に挑む姿を描くサスペンス。ジェフリー・ディーヴァーの同名ベストセラー小説が原作。デンゼル・ワシントンと共にアンジェリーナ・ジョリーが初主演を果たした作品。

ネタバレを読む

ブロンド少女は過激に美しくの紹介:窓から見えるブロンドの美少女に恋をした男の悲恋物語を官能的でサスペンス調に描く。
ポルトガルのエサ・デ・ケイロスの短編小説『ブロンド少女の特異さ』を撮影中に100歳を迎えた巨匠マノエル・ド・オリヴェイラが舞台を現代に変更して映画化。2009年のポルトガル映画で、その年のベルリン国際映画祭に正式出品された。日本では2010年に公開され、DVD化は2016年。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。