「原作マンガ/小説」映画一覧(50ページ目)

ハチミツとクローバーの紹介:羽海野チカによる人気コミック『ハチミツとクローバー』を実写化した青春群像劇。一途な恋心を抱く美大生たちの報われない恋愛模様や、自分の生き方に惑う若者の姿を描いている。

ネタバレを読む

脳男の紹介:2013年公開の日本映画。首藤瓜於による同名小説の映画化。生まれつき並外れた記憶力、知能、肉体を持ちながら、人間としての感情を持たない謎の男性“脳男”と、彼の精神鑑定を依頼された女医、彼を追う刑事が描かれた作品。

ネタバレを読む

シャーロック・ホームズ(2009年)の紹介:2009年制作のイギリス&アメリカ合作映画。コナン・ドイルのシャーロック・ホームズのキャラクターを基盤にしながらも、大胆なアクションシーンを加えるなど既存の人物像を覆す作品に仕上がっている。

ネタバレを読む

武士の一分の紹介:2006年制作の日本映画。山田洋次監督による、「たそがれ清兵衛」「隠し剣 鬼の爪」に続く、藤沢周平・原作の時代劇三部作の最終作にあたる。SMAPの木村拓哉が初めて時代劇に挑戦した作品でもある。

ネタバレを読む

水霊  ミズチの紹介:2006年公開の日本映画。生活に身近な存在である飲料水を題材にし、それが人間を恐怖に陥れていくという内容のホラー映画。田中啓文の小説を原作とし、井川遥が主演を務めた。なお、小説と映画とでは大きく内容が異なる。

ネタバレを読む

ミセス・ダウトの紹介:1993年制作のアメリカ映画。離婚した父が子供に会いたい一心で老婆に女装し、元妻の家庭へ家政婦として潜入するコメディ。ウィリアムズの人気作で2014年に続編制作も発表されたが、ウィリアムズの死去で実現に至らなかった。

ネタバレを読む

卒業(1967年)の紹介:1967年制作のアメリカ映画。チャールズ・ウェッブの原作を監督マイク・ニコルズが映像化した。結婚式場に乗り込み花嫁を奪うラストシーンと、サイモン&ガーファンクル「サウンド・オブ・サイレンス」のテーマ曲は有名である。

ネタバレを読む

アンノウンの紹介:2011年公開のアメリカ映画。リーアム・ニーソン主演のサスペンス・アクション映画。出張先で事故に遭って自分の人生を何者かに奪われてしまった男が、孤立無援の中で巨大な陰謀に立ち向かう姿を描き出す。二転三転する結末も興味深い。

ネタバレを読む

夏の終りの紹介:瀬戸内寂聴が自らの体験を基に描いたロングセラー同名小説を映画化。妻子がありながら不倫を続ける男、昔関係を持っていた年下の男、二人の間で揺れ動く女性の心情を描いている。2013年公開。

ネタバレを読む

アバター(2011年日本)の紹介:2011年公開の日本映画。『リアル鬼ごっこ』などで有名な山田悠介の同名小説を原作とする。ネット上の分身となるアバターに異常なほどのめり込む女子高校生の、虚実入り混じった学園世界を描く。

ネタバレを読む

ファンタスティック・フォー 〔超能力ユニット〕の紹介:2005年公開のアメリカ映画。アメリカン・コミックの『ファンタスティック・フォー』を原作としたSF映画、アクション映画である。ある日突然、超能力を身に付けた4人の活躍を描く。

ネタバレを読む

ディック・トレイシーの紹介:1990年公開のアメリカ映画。半世紀以上にわたって人気を誇る、チェスター・グールドの同名人気コミックを実写化した作品である。原色のみで構成される架空の都市に、コミック的ワールドを再現させている。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。