「原作マンガ/小説」映画一覧(50ページ目)

ウルヴァリン:SAMURAIの紹介:2013年公開のアメリカ&オーストラリア合作映画。アメコミ『X-メン』シリーズの6作目、ウルヴァリンシリーズの2作目にあたる。異国の地・日本を訪れたウルヴァリンが出会った運命の人や、日本での戦いを描く。

ネタバレを読む

ぱいかじ南海作戦の紹介:2012年公開の日本映画。椎名誠の同名小説が原作。放送作家・脚本家として活躍する細川徹が映画監督デビューを飾った大人のためのファンタジー。気分転換で訪れた西表島で全財産を盗まれても、のほほんと生きる男を描いた物語。

ネタバレを読む

里見八犬伝(1983年)の紹介:1983年公開の日本映画。江戸時代後期に滝沢馬琴によって書かれた『南総里見八犬伝』を翻案した鎌田敏夫の『新・里見八犬伝』を深作欣二・監督が映画化。それまでの時代劇にはない斬新なアイデアを盛り込んだ作品。

ネタバレを読む

るろうに剣心の紹介:2012年公開の日本映画。和月伸宏の人気コミックを実写化。シリーズ第2作『るろうに剣心 京都大火編』、第3作『るろうに剣心 伝説の最期編』が前後編の2部作として2014年8月、9月に連続公開される予定である。

ネタバレを読む

フライ,ダディ,フライの紹介:2005年制作の日本映画。金城一紀の小説を原作とする。岡田准一と堤真一が共演する青春劇で、平凡な中年男が娘を暴行した男に復讐するため、ブルース・リー顔負けの高校生に鍛えられ、涙ぐましい奮闘を繰り広げる作品。

ネタバレを読む

雨あがるの紹介:2000年公開の日本映画。98年に逝去した黒澤明監督の助監督として活躍し、本作でデビューした小泉堯史が監督を務め、山本周五郎による短編をもとに黒澤明が脚本を手がけた(遺稿)。謙虚な武士とそれを陰から支える妻の絆を描いた作品。

ネタバレを読む

パラダイス・キスの紹介:2011年公開の日本映画。矢沢あいの同名コミックの原作ストーリーを再現しながらも、ラストシーンは映画オリジナルとなっている。キャッチコピーは「自分の可能性を信じなきゃ何も始まらない。」

ネタバレを読む

X-MEN(X-メン)の紹介:2000年公開のアメリカ映画。ブライアン・シンガー監督によるアメコミ『X-メン』の映画化で、人気を博し続編が次々と作られた。日本でのタイトル表記は今作のみ『X-メン』で、2作目以降は『X-MEN』で統一された。

ネタバレを読む

X-MEN:ファイナル ディシジョンの紹介:2006年公開のアメリカ映画。アメコミ『X-メン』シリーズの映画化第3弾。かつて眠ったはずの史上最強のミュータントが復活を果たし、人類vsミュータントvsX-MENの三つ巴の争いが巻き起こる。

ネタバレを読む

阪急電車 片道15分の奇跡の紹介:2011年公開の日本映画。有川浩の連作短編小説を原作とする。阪急電鉄今津線の宝塚駅と西宮北口駅間の全8駅、全長7,7km、片道15分の路線を舞台に繰り広げられる、乗客たちのエピソードを集めた物語である。

ネタバレを読む

ウルヴァリン:X-MEN ZEROの紹介:2009年公開のアメリカ映画。アメコミ『X-メン』シリーズのスピンオフ作品で前日譚となる。『ウルヴァリン』も当たりシリーズ化され、同シリーズの第1作にあたる。ウルヴァリンの隠された過去にせまる作品。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。