「原作マンガ/小説」映画一覧(59ページ目)

風の谷のナウシカの紹介:1984年公開の日本長編アニメーション映画。宮崎駿監督の、長編アニメーション映画第2作である。産業文明を崩壊させた最終戦争「火の七日間」から千年後の世界を描く、近未来SFファンタジー。

ネタバレを読む

紅の豚の紹介:1992年公開の日本長編アニメーション映画。スタジオジブリ制作。監督は宮崎駿。世界大恐慌時代のイタリア・アドリア海を舞台に、飛行艇を乗り回す空賊(空中海賊)と、それを相手に賞金稼ぎで生きる豚の姿をした退役軍人の操縦士の物語。

ネタバレを読む

おもひでぽろぽろの紹介:1991年公開の日本長編アニメーション映画。スタジオジブリ制作。岡本螢・刀根夕子共作の漫画を原作とし、監督・脚本を高畑勲が務める。キャッチコピーは「私はワタシと旅に出る(糸井重里)」。

ネタバレを読む

LIFE!〔ライフ〕の紹介:2013年制作のアメリカ映画。ジェームズ・サーバーの短編小説『虹を掴む男』が原作で、ベン・スティラーが監督と主演を務める。アメリカでは2013年12月25日に、日本では2014年3月19日に全世界で最も遅くの公開となった。

ネタバレを読む

プラダを着た悪魔の紹介:女性なら誰もが羨む仕事=ファッション誌「RUNWAY」で働くことになったアンディ。とにかくダサかったアンディが、一流の環境で一流の人達と一流の服を着て過ごすことで魅力的な女性へとなっていく姿は、女性に勇気を与えます。

ネタバレを読む

少年は残酷な弓を射るの紹介:自由奔放に生きてきた作家のエヴァは、子どもを授かります。ケヴィンと名付けられたその赤ん坊は、幼い頃から母親のエヴァにだけ反抗を繰り返します。そして成長した美しい悪魔のようなケヴィンは、恐ろしい事件を引き起します。

ネタバレを読む

蛇にピアスの紹介:史上最年少で芥川賞を受賞した金原ひとみのデビュー作を蜷川幸雄が映画化。身体を加工することでしか自己の存在を信じることが出来ない不器用な若者たちを、まだ無名だった吉高由里子、高良健吾がオールヌードで挑んだ話題作。

ネタバレを読む

臨場 劇場版の紹介:「半落ち」や「クライマーズ・ハイ」などで知られる横山秀夫の原作を元にした、大ヒットドラマシリーズを映画化。豪快で型破りながらも、鋭い観察眼を持ち、これまでにもさまざまな難事件を解決してきた検視官が、新たな真相に迫る。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。