「原作マンガ/小説」映画一覧(61ページ目)

テルマエ・ロマエⅡの紹介:2014年公開の日本コメディ映画。4月26日(よい風呂の日)に公開された。主要キャストは前作を概ね継承し、ブルガリアのオープン・セットのヌ・ボヤナ・フィルム・スタジオで大々的な撮影が行われ、琴欧洲も出演している。

ネタバレを読む

アメイジング・スパイダーマン2の紹介:2014年公開のアメリカ映画。2012年『アメイジング・スパイダーマン』の続編にあたり、シリーズ3作目(2016年)、4作目(2018年)も制作予定である。日本では2014年4月25日に公開された。

ネタバレを読む

黄泉がえりの紹介:2003年公開の日本映画。梶尾真治の同名作品を原作とする。タイトルは死んだ人が「黄泉(よみ)から帰ってくる」という意味で、九州地方で突如起きた、死んだはずの人が蘇ってくるという超常現象をベースに描いた作品である。

ネタバレを読む

イーオン・フラックスの紹介:2005年制作のアメリカ映画。シャーリーズ・セロン主演のSF映画で、短編アニメ映画、コミックス化されるなどカルト的人気を誇る。アニメ版では主人公は毎回死ぬ構成を取っているが、映画では設定が変更されている。

ネタバレを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンの紹介:2002年のアメリカ映画。フランク・W・アバグネイル・Jrの自伝小説『世界をだました男』を元に制作された。「Catch me if you can(できるのなら捕まえてみろ)」は鬼ごっこの掛け声。

ネタバレを読む

おくりびとの紹介:2008年制作の日本映画。滝田洋二郎・監督。第81回アカデミー賞外国語映画賞および第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞などを受賞した。一般に知られていない納棺師の仕事に焦点を当て、芸術性の高い作品に仕上げている。

ネタバレを読む

ボーン・スプレマシーの紹介:マット・デイモン主演の大ヒットスパイアクション映画の第二弾。世界を逃亡する中で愛するマリ―を殺害されたジェイソン・ボーン。敵を打つべくヨーロッパへを舞い戻り、すべてに関わるトレッドストーン計画を明らかにします。

ネタバレを読む

レクイエム・フォー・ドリームの紹介:2000年のアメリカ映画。監督は「ブラックスワン」などで知られるダーレン・アロノフスキー。年代問わず、麻薬に侵される恐怖を視覚的に表現した作品。2009年「落ち込む映画」ランキングで1位を獲得した。

ネタバレを読む

クローズZERO Ⅱの紹介:2009年公開の日本映画。「クローズ」とはカラス(crow)の複数形で「カラスたち」という意味。映画『クローズZERO』の続編にあたり、またさらに新章にあたる『クローズEXPLODE』が2014年4月に公開予定。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。