「パニック」映画一覧(2ページ目)

VR ミッション:25の紹介:2016年公開のイギリス映画。何者かの陰謀によって、バーチャル・リアリティの中での出来事と現実がリンクする恐ろしいゲームに参加する事になった男女の運命を描くSFサスペンス。『イントゥ・ザ・ストーム』のマックス・ディーコンや『高慢と偏見とゾンビ』のモーフィッド・クラークら期待の若手俳優たちがゲームの参加者役を演じる。

ネタバレを読む

マーシャル・ローの紹介:1998年製作のアメリカ映画。戒厳令(マーシャル・ロー)が発令されたニューヨークで、国家とテロリストの対決を描くサスペンス大作。もしニューヨークで大規模テロが発生したらという仮定に基づいて制作されたが、のちにアメリカ同時多発テロ事件がニューヨークで発生した。

ネタバレを読む

インベージョン(2007年)の紹介:2007年公開のアメリカ映画。宇宙からやってきた未知の生物による恐怖を描いている。ジャック・フィニィのSF小説「盗まれた街」が原作で4度目の映画化。出演はニコール・キッドマン、ダニエル・クレイグら。

ネタバレを読む

インバージョン 転移の紹介:2015年製作のアメリカ映画。「スクリーム」シリーズのプロデューサー、ケイリー・グラントが放つスパイラルシチュエーション・ホラー。見知らぬ部屋で意識を取り戻したアダムは、記憶を失くしていた。壁には「思い出せ」というメッセージ。やがて記憶が甦り始めるが…。

ネタバレを読む

サイド・エフェクトの紹介:2013年公開のアメリカ映画。薬の副作用で夫を殺害した女性と、その悲劇の真相を突き止めようとする精神科医の様を描いている。スティーヴン・ソダーバーグが監督を務め、ジュード・ロウ、ルーニー・マーラ、キャサリン・ゼダ=ジョーンズ、チャニング・テイタムらが出演。

ネタバレを読む

テイク・シェルターの紹介:2011年公開のアメリカ映画。竜巻への異常な恐怖を感じた男が、家族を守るためにシェルター作りに没頭していく姿を描いている。カンヌ国際映画祭など、様々な映画祭で受賞やノミネートした作品。

ネタバレを読む

余命90分の男の紹介:いつも怒ってばかりいる初老のヘンリー。彼に腹を立てた医師が告げたのは余命90分という嘘だった。2014年に亡くなった名優ロビン・ウィリアムズの最後の主演作となったハートフル・コメディ。2014年製作のアメリカ映画。日本では『未体験ゾーンの映画たち2015』で公開された。

ネタバレを読む

ダークレインの紹介:2015年製作のメキシコ映画。雨により感染する伝染病の恐怖を描き、シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭などで話題となったメキシコ発のパニックホラー。世界中を襲う豪雨によって外見も内面も変貌する伝染病が発生、雨の中に潜む何かを恐れ、理性を失っていく人々の姿を映し出す。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。