「パラレルワールド」映画一覧

ウソから始まる恋と仕事の成功術の紹介:2009年公開のアメリカ映画。ウソを知らない世界を舞台に、突然ウソをつくことができるようになった男が、世界に変化をもたらしていく様を描いている。リッキー・ジャーヴェイスやジェニファー・ガーナーら出演で贈るロマンチック・コメディ。

ネタバレを読む

Virginia/ヴァージニアの紹介:2011年公開のアメリカ映画。殺人事件に熱中する三流作家が、現実と夢の間を行き来する様を描いている。フランシス・フォード・コッポラが監督・脚本・製作を務め、ヴァル・キルマーやエル・ファニングら豪華出演者で贈るホラーファンタジー。

ネタバレを読む

ドラえもん のび太の創世日記の紹介:1995年公開の日本アニメーション映画。映画ドラえもんシリーズ第16弾。のび太が作った夏休みの自由研究である、ミニ地球を舞台に、ドラえもんとその仲間たちの活躍を描いた作品。

ネタバレを読む

ドラえもん のび太のパラレル西遊記の紹介:1988年公開の日本アニメーション映画。映画ドラえもんシリーズ第9弾。原作は藤子・F・不二雄(当時は藤子不二雄Ⓕ名義)で、藤子不二雄コンビ解消後の『ドラえもん』映画第1作目。『西遊記』をモチーフに、妖怪に支配されるパラレルワールドを修正するため、のび太たちが奮闘する。

ネタバレを読む

アップサイドダウン 重力の恋人の紹介:2012年公開。二重引力が存在する世界で、下の貧民層の世界に住む男性と、上の富裕層の世界に住む女性との恋を描いたSF・ラブ・ファンタジー。上下さかさまの世界を舞台に、ジム・スタージェスとキルスティン・ダンスト共演で贈る作品。

ネタバレを読む

アーロと少年の紹介:2015年製作のアメリカ3Dアニメーション映画。地球に隕石が衝突せず、恐竜が絶滅を免れた架空の世界を舞台に、文明と言葉をもつ恐竜と言葉をもたない人間の少年との出会いと冒険を描く、ディズニー/ピクサーによるアドベンチャー。

ネタバレを読む

ランダム 存在の確率の紹介:ミラー彗星が大接近した夜、ホームパーティーに集まった男女8人は、彼らと全く同じ状況のもう一組の彼らと遭遇するが…という2013年制作のアメリカのSFスリラー。製作総指揮/監督/原案/脚本は、本作が長編デビューとなるジェームズ・ウォード・バーキット。シッチェス・カタロニア、アムステルダムなど各地のファンタスティック映画祭で数々の賞を受賞した。

ネタバレを読む

ムード・インディゴ うたかたの日々の紹介:2013年公開のフランス映画。パリを舞台に、病にかかった女性を救おうとする青年の切なくも美しい愛を描いている。ボリス・ヴィアンの青春小説「日々の泡」が原作。ミシェル・ゴンドリーが監督を務め、ロマン・デュリスとオドレイ・トトゥ主演で贈る作品。

ネタバレを読む

トラベラーズ 次元警察の紹介:2013年制作の日本映画。次元警察官を主人公に、セクシーなヒロインたちが火花を散らす姿をハードに描いた作品。監督は坂本浩一が務め、主演は長澤奈央、木下あゆ美で贈るSFアクション。セクシーなヒロインたちの熱いバトルは見もの。

ネタバレを読む

アンダルシアの犬の紹介:スペイン人監督のルイス・ブニュエルが、同じくスペイン人の画家サルバドール・ダリと共同脚本で制作したフランスの実験的な短編映画。主だったストーリーはなく、ブニュエルやダリが実際に見た夢を再現した驚愕の映像が重ねられている。シュルレアリスムの傑作と呼ばれる1929年公開のサイレント映画。
※予告編の冒頭から衝撃的な映像が流れる。

ネタバレを読む

ギャング・オブ・ニューヨークの紹介:2002年製作のアメリカ映画。監督はマーティン・スコセッシ、主演はレオナルド・ディカプリオ。敵役を務めたダニエル・デイ=ルイスは、本作で主演男優賞にノミネートされた。日本公開は2002年。

ネタバレを読む

ラビット・ホールの紹介:愛する息子を交通事故で失ったベッカ。絶望の淵にいる彼女は、息子を轢いた少年を尾行する。
ピュリツァー賞を受賞したデヴィッド・リンゼイ=アベアーの同名戯曲を映画化。2010年・米アカデミー賞主演女優賞ノミネートのほか、20賞以上にノミネートされた。子を亡くした夫婦の再生を描いた人間ドラマ。ラビット・ホールとは『不思議の国のアリス』でアリスが落ちた穴に由来する。

ネタバレを読む

13Fの紹介:1999年公開。コンピューターソフト開発者が仮想世界を行き来し、現実と混乱していく姿を描いた作品。制作には「インデペンデンス・デイ」シリーズのローランド・エメリッヒが参加。音楽は「デイ・アフター・トゥモロー」のハラルド・クローサー。出演は「最終絶叫計画4」のクレイグ・ビアーコや「セレブリティ」のグレッチェン・モル、「24 -TWENTY FOUR-」のデニス・へイスバートら。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。