「ワクワク」映画一覧

アドレナリン:ハイ・ボルテージの紹介:2009年公開のアメリカ映画。アドレナリンシリーズの2作目。人工心臓を取り付けられた男が、心臓を取り戻しに立ち向かう姿を描いた作品。監督は前作同様、マーク・ネヴェルダインとブライアン・テイラー。出演も前作と同じく、「トランスポーター」シリーズのジェイソン・ステイサムや「バタフライ・エフェクト」のエイミー・スマートなど。

ネタバレを読む

プレミアム・ラッシュの紹介:2012年公開。究極のテクニックで大都会を疾走するバイク・メッセンジャーの活躍を描いた作品。監督は「ミッション:インポッシブル」や「スパイダーマン」の脚本で知られるデヴィッド・コープ。主演は「(500)日のサマー」のジョゼフ・ゴートン=レヴィット。

ネタバレを読む

ドラゴンロードの紹介:1982年公開。武道を修行中の若者が、悪の軍団を相手に活躍する姿を描いた作品。監督・主演は「ラッシュアワー」シリーズなど数々の代表作を世に輩出したジャッキー・チェン。制作総指揮には「キャノンボール」のレイモンド・チョウ。

ネタバレを読む

エニイ・ギブン・サンデーの紹介:1999年公開。アメリカンフットボールに賭ける鬼コーチと選手達の熱い生き様を描いた作品。監督・脚本は「プラトーン」のオリバー・ストーン。脚本には「グラディエーター」のジョン・ローガンも参加。主演は「ゴッドファーザー」シリーズのアル・パチーノ。「チャーリーズ・エンジェル」シリーズのキャメロン・ディアスや「Ray/レイ」のジェイミー・フォックスなども出演し、豪華キャストで贈る映画。

ネタバレを読む

グーニーズの紹介:1985年公開。海賊が隠した宝物を探す子供達の冒険を描いた作品。製作総指揮は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのスティーヴン・スピルバーグ、フランク・マーシャル、キャスリーン・ケネディ。監督は「オーメン」のリチャード・ドナー。脚本は「ホームアローン」で監督を務めたクリス・コロンバス。音楽は「ミラグロ/奇跡の地」のデイヴ・グルーシン。主題歌はシンディー・ローパーで「The Goonies ‘R’ Good Enough」。

ネタバレを読む

カンフーハッスルの紹介:2004年公開。ギャングになることを夢見る青年を主人公に、カンフーの使い手とギャングの抗争を描いた作品。2005年にアメリカで公開された映画の中で最大のヒット作となった。監督・主演は「少林サッカー」のチャウ・シンチー。アクション指導は、マトリックスやキル・ビルシリーズでも有名なユエン・ウーピン。

ネタバレを読む

ROCK YOU!の紹介:2001年公開。中世ヨーロッパを舞台に、平民出身の若者の活躍をロックミュージックをバックに描いた作品。監督は「42 ~世界を変えた男~」のブライアン・ヘルゲランド。音楽は「トワイライト」シリーズのカーター・バーウェル。主演は「ブロークバック・マウンテン」のヒース・レジャー。彼のハリウッドでの初主演作。

ネタバレを読む

ウォーリアーの紹介:2011年公開のアメリカ映画。総合格闘技を通して、二人の兄弟をメインに人々との絆を描いた作品。監督・脚本・制作は「ミラクル」のギャヴィン・オコナー。主演は「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のトム・ハーディと「ティモシーの小さな奇跡」のジョエル・エドガートン。「白い刻印」のニック・ノルティや「ルール2」のジェニファー・モリソン、「パージ:アナーキー」のフランク・グリロも出演。

ネタバレを読む

オズ はじまりの戦いの紹介:2013年公開。ライマン・フランク・ボームの「オズの魔法使い」が原作。その中に登場するオズが魔法の国で、偉大になる前の姿を描いた作品。監督は「スパイダーマン」シリーズのサム・ライミ。制作は「マレフィセント」のジョー・ロス。出演は「127時間」のジェームズ・フランコ、「ステイ・フレンズ」のミラ・クニス、「ナイロビの蜂」のレイチェル・ワイズ、「ブルーバレンタイン」のミシェル・ウィリアムズなど。

ネタバレを読む

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船の紹介:2011年公開。ダルタニアンと三銃士の活躍を壮大なVFXを駆使して描いた作品。アレクサンドル・デュマ・ペールの小説「三銃士」を原作として、「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソンが監督した映画。「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」のローガン・ラーマン、「バイオハザード」のミラ・ジョヴォヴィッチ、「パイレーツ・オブ・カリビアン」のオーランド・ブルームなど豪華キャストが出演。

ネタバレを読む

グランド・イリュージョンの紹介:2013年公開。大金を狙う4人組のマジシャンと、彼らを追うFBIの姿を描いた作品。路上パフォーマンスで人々を魅了していた4人のマジシャンに、ホルスの目のカードが届けられる。カードの導きに従った彼らは1年後、「フォー・ホースメン」と呼ばれるスーパーイリュージョニストグループとして大舞台に立つ。ショーを開催しながら、遠く離れたパリの銀行の金を観客にまき散らすことに成功する。FBIが彼らの捜査に乗り出す。

ネタバレを読む

奇跡のシンフォニーの紹介:2007年公開。見知らぬ両親に会うために、音楽の導きに従って奇跡を起こす少年を描いた作品。第80回アカデミー賞歌曲賞にノミネートされた。両親を知らないエヴァンは孤児院で育ちながら、どこからか聞こえてくる音楽を通して両親の存在を感じ取っていた。エヴァンは自ら両親を探すために、孤児院を飛び出して音楽の導きに従って進みだす。

ネタバレを読む

タイピスト!の紹介:2012年公開。1950年代のフランスで、タイピングの世界チャンピオンを目指す女性の姿を描いた作品。第38回セザール賞で5部門にノミネートされるなど様々な賞でノミネートと受賞をした。秘書の仕事に憧れを持つ女性が多い時代で、田舎から出てきたローズは保険会社の秘書の面接を受ける。タイピングの速さから雇用してもらえることに。保険会社を経営するエシャールは、ローズのタイピングの才能を輝かせるために特訓を始める。

ネタバレを読む

ラブ・ダイアリーズの紹介:離婚することになったウィルは、娘のマーヤから母との馴れ初めについて聞かれる。困ったウィルはマーヤに昔話を聞かせてあげることに。それはウィルの今までの恋人達との物語。相手の名前を仮名にして、誰がママか当てることにする。話を聞いていくうちに誰がママか分からなくなっていくマーヤだった。ウィルの過去の恋愛事情と今の気持ちを描いた作品。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。