「爽快」映画一覧(2ページ目)

もっともあぶない刑事の紹介:ある事件で使われた拳銃が15年前の未解決事件で使用されたものと同一であるのをきっかけに、その事件の裏に潜む警察内部の汚職にタカとユージが挑んでいく宿敵銀星会との最後の戦いを描いた作品。あぶない刑事前期のハードボイルタッチでありながらユーモア溢れる秀作。名優中条静夫の名言「大馬鹿者!」が聞ける最後の作品でもあります。

ネタバレを読む

ウォーターボーイズの紹介:シンクロに取り組むことになった男子高校生たちの、楽しくさわやかな青春コメディ劇。映画の大ヒットを機にドラマ化もされ、高視聴率を獲得。劇中で使用された曲シルヴィ・バルタンの『あなたのとりこ』もリバイバルヒットした。監督は後に『スイングガールズ』や『ハッピーフライト』を世に送り出した矢口史靖。

ネタバレを読む

またまたあぶない刑事の紹介:タカとユージは、表向きはクリーンな実業家である長峰の裏の顔を暴く為に無茶な捜査を行います。その捜査の中で長峰の陰謀を突き止めた2人はその計画の阻止に奔走するという作品。劇場版あぶない刑事のヒットを受け公開された劇場版2作目。ドラマの雰囲気をそのままにスタイリッシュで軽妙な娯楽アクション映画です。

ネタバレを読む

ボクは坊さん。の紹介:2015年10月24日に公開された伊藤淳史主演、真壁幸紀監督の映画作品。山本三月・溝端順平・浜田岳など豪華キャストが共演。24歳で四国八十八箇所の栄福寺住職になった白川密成氏のエッセイをもとに映画化された。主人公が足を踏み入れた知られざるお坊さんの世界、様々な体験や人々との交流をとおして成長していくヒューマンドラマ。

ネタバレを読む

ワイルドなスピード! AHO MISSIONの紹介:2015年製作のアメリカ映画。潜入捜査官のルーカスは、セレント率いるギャングが主催する違法ロードレースに参加、ワイルドなスピードで愛車を激走させるも、セレントのアジト潜入に成功したルーカスはギャングたちにすっかり気に入られ、マフィアがファーストフード店に隠した金を強奪することに。『ワイルド・スピード』まじリスペクト&抱腹絶倒の高速パロディ。

ネタバレを読む

食べて、祈って、恋をしての紹介:ニューヨのライターであるリズは離婚で財産を全て失い、恋愛もうまくいかず毎日死んだように生きる日々を終わりにして自分自身を生きるため全てを捨ててイタリア、インド、バリをめぐる旅に出かけます。そしてイタリアでは食の快楽に目覚め、インドでは瞑想に励み、バリでは運命の出会いが待っていました。

ネタバレを読む

インデペンデンス・デイ: リサージェンスの紹介:1996年のSF映画『インデペンデンス・デイ』の続編。監督・製作は前作と同じく、ローランド・エメリッヒとディーン・デヴリンのコンビが担当している。アメリカをはじめ、全世界で大ヒットした前作の20年ぶりの続編ということで話題となった。前作に引き続き、ビル・プルマン、ジャド・ハーシュ、ジェフ・ゴールドブラムなどが出演しているが、主役の一人ヒラー大尉を演じたウィル・スミスはギャラの問題で降板、劇中では戦闘機のテスト飛行中に死亡したという設定となっている。

ネタバレを読む

ワイルド・スピード×2の紹介:2003年公開のアメリカ映画。『ワイルド・スピード』シリーズの第2弾。全米の若者を熱狂させたカー・アクションの続編で、前作に登場した天才ドライバーの警官の、新たな戦いが描かれる。深夜の公道レース、白昼の猛チェイスは迫力満点。

ネタバレを読む

ワイルド・スピード MAXの紹介:2009年公開のアメリカ映画。『ワイルド・スピード』シリーズの第4弾。第1作で主演を務めたヴィン・ディーゼルやポール・ウォーカーらが再び顔を揃え、驚愕のアクションを披露。。シリーズの時間軸は、1作目→2作目→4作目(本作)→5作目→6作目→3作目→7作目の順となっている。

ネタバレを読む

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFTの紹介:2006年公開のアメリカ映画。『ワイルド・スピード』シリーズの第3弾。今までのシリーズと異なり、アメリカではなく東京が舞台となっている。立体駐車場を使用した危険なドリフト・レースが展開される。

ネタバレを読む

ヘルボーイ ゴールデン・アーミーの紹介:2004年に製作された映画『ヘルボーイ』の続編。2008年に製作された。マイク・ミニョーラによる同名のアメリカン・コミックスを原作としたシリーズで、ミニョーラ自身も製作総指揮として参加している。監督は『パシフィック・リム』『パンズ・ラビリンス』などのギレルモ・デル・トロ。彼は日本のアニメや漫画、特にスタジオ・ジブリ作品に多大な影響を受けていて、本作品でも『もののけ姫』などを思わせる場面がある。

ネタバレを読む

ヘルボーイの紹介:マイク・ミニョーラによる同名のアメコミを原作に、『パシフィック・リム』のギレルモ・デル・トロが監督・脚本を務めて製作された2004年のファンタジーアクション大作。ナチスの科学実験によってこの世に現れた悪魔の子が人間によって育てられ、正義のために戦うという、いわばアメリカ版『デビルマン』とも言うべき作品。マイク・ミニョーラ自身もモンスターのデザインなどスタッフとして参加している。興行収入は全世界で約9900万ドル(約118億円)と微妙な成績だったが、DVDが大ヒットしたため、続編として『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』が製作された。現在、デル・トロは第3弾も構想しているという。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。