「爽快」映画一覧(30ページ目)

チャーリーズ・エンジェルの紹介:2000年制作のアメリカ映画。大人気テレビドラマ『地上最強の美女たち! チャーリーズ・エンジェル(邦題)』を映画化したもので、2003年に続編『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』も作られた。

ネタバレを読む

眠狂四郎円月斬りの紹介:1964年公開の日本映画。市川雷蔵主演のシリーズ映画の3作目にあたる。眠狂四郎は柴田練三郎の小説に登場する剣客で、転びバテレンと日本人との混血という出自を持ち「円月殺法」という剣術を用いて活躍するキャラクター。

ネタバレを読む

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(ディスタンス)の紹介:1995年公開のアメリカ映画。2004年に続編の『ビフォア・サンセット』が公開され、2013年には三作目にあたる『ビフォア・ミッドナイト』が公開された。

ネタバレを読む

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコルの紹介:2011年制作のアメリカ映画。「ミッション・インポッシブル」シリーズの第4作目。「ゴースト・プロトコル」とはアメリカ政府が非合法の秘密作戦に対して一切の関与を否定する取り決めのこと。

ネタバレを読む

M:i:III〔ミッション:インポッシブル3〕の紹介:2006年制作のアメリカ映画。「ミッション・インポッシブル」シリーズの第3作目。IMF内部にいる裏切り者をあばき、闇商人デイヴィアンとイーサンが戦う作品である。

ネタバレを読む

M:I-2〔ミッション:インポッシブル2〕の紹介:2000年制作のアメリカ映画。ジョン・ウー監督。映画「ミッション:インポッシブル」の続編にあたる。感染すると30時間で死に至るキメラウィルスを取り戻すミッションに、イーサンが挑む。

ネタバレを読む

ミッション:インポッシブルの紹介:1996年のアメリカ映画。アメリカのテレビドラマ『スパイ大作戦』を映画化。映画の邦題は原題のままである。2017年7月現在、シリーズが5作目まで作られており、2018年に6作目が公開予定の超人気映画シリーズ。

ネタバレを読む

眠狂四郎勝負の紹介:1964年の日本映画。眠狂四郎は柴田練三郎の小説に登場する剣客で、転びバテレンと日本人との混血という出自を持ち「円月殺法」という剣術を用いて活躍するキャラクター。映画は市川雷蔵版が最も有名で、雷蔵は当たり役となった。

ネタバレを読む

眠狂四郎殺法帖の紹介:1963年の日本映画。眠狂四郎は柴田練三郎の小説に登場する剣客で、転びバテレンと日本人との混血という出自を持ち「円月殺法」という剣術を用いて活躍するキャラクター。映画は市川雷蔵版が最も有名で、雷蔵は当たり役となった。

ネタバレを読む

イーオン・フラックスの紹介:2005年制作のアメリカ映画。シャーリーズ・セロン主演のSF映画で、短編アニメ映画、コミックス化されるなどカルト的人気を誇る。アニメ版では主人公は毎回死ぬ構成を取っているが、映画では設定が変更されている。

ネタバレを読む

グラディエーターの紹介:2000年公開のアメリカ歴史映画。リドリー・スコット監督。帝政ローマ時代中期を舞台にし、あるローマ軍将軍が自らを陥れた皇太子への復讐を誓い、グラディエーター(剣闘士)として名をあげていく物語である。

ネタバレを読む

チャーリーズ・エンジェル フルスロットルの紹介:2003年制作のアメリカ映画。映画版『チャーリーズ・エンジェル』の続編で3人のエンジェル達は前作と同じだが、ボスレー役のビル・マーレイが降板しコメディアンのバーニー・マックが抜擢された。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。