「爽快」映画一覧(5ページ目)

処刑惑星の紹介:未知の惑星に墜落してしまった宇宙船プロメテウス号。シドニア星人は墜落によって逃げた捕虜を生け捕りに向かう。その捕虜とは地球人ジェリコ大尉だった。両星人は戦争中で、ジェリコ大尉を100時間以内に確保しなければシドニア星は滅んでしまうことに。ジェリコの反撃に確保を試みたシドニア星人達は次々と倒れていく。唯一生き残ったケンタウリはジェリコの確保に向かう。両惑星の存亡をかけた決闘を描いた作品。

ネタバレを読む

アレックス・ライダーの紹介:両親を交通事故で亡くした中学生のアレックスは、叔父のイアンと家政婦のジャックと暮らしていた。しかし、突然イアンが不慮の事故死を遂げる。疑問を抱いたアレックスは叔父がスパイだったことを知る。叔父のかたきとジャックの生活のためにアレックスはスパイになることを決意する。アレックスのスパイとしての経緯、成長、覚醒を描いた作品。

ネタバレを読む

トロール・ハンターの紹介:ムーミンでおなじみ北欧の妖精トロールが実在した!という、2010年公開のノルウェーのモキュメンタリー・ホラー・ファンタジー映画。監督/脚本は本作が初監督作となるアンドレ・ウーヴレダル。2011年第38回サターン賞のインターナショナル映画賞にノミネートされ話題となりました。ノルウェー国内の制作会社4社で制作されたCGとVFXを駆使したトロールの質感、存在感は圧巻で、詳細な生態設定にも説得力があります。渋く職人気質なハンターハンスと、彼をノルウェーの隠れたヒーローだと讃える学生たちとの絡みも一見の価値ありです。

ネタバレを読む

サイレント・ワールド2011の紹介:異常気象によりオゾン層に亀裂が入ってしまう。その結果、マイナス70度の寒冷前線が発生。寒冷前線は世界へと広がっていき、人や動物、建物などあらゆるものが凍結していく。主人公の気象学者ジャックが世界の危機を救う様子を描いた作品。

ネタバレを読む

Mr.ビーン・ザ・ムービーの紹介:イギリスで放送された人気コメディ番組の劇場版作品。舞台をアメリカのロサンゼルスに移し、ジェームズ・マクニール・ホイッスラーの名画『母の肖像』を巡って引き起こす騒動を描く。劇中撮影されたコメディーの中には過去にテレビシリーズで使われたネタもあり、ファンにとっても初めて観る人にとっても楽しめる一作となっている。

ネタバレを読む

陽気なギャングが地球を回すの紹介:2006年公開の日本映画。人気ミステリー作家、伊坂幸太郎の小説を大沢たかおら主演で映画化した痛快サスペンス。奇妙な特技を持った4人の男女が出会い、銀行強盗を重ねる姿をスタイリッシュに描く。

ネタバレを読む

トランスポーター イグニションの紹介:2015年公開のフランス映画。ジェイソン・ステイサム主演の映画シリーズ『トランスポーター』のリブート作品で、シリーズ4作目にあたる。前3作のジェイソン・ステイサムに変わり、エド・スクレインが2代目フランク・マーティンを演じ、天才的なドライビングテクニックを見せつける。

ネタバレを読む

帰ってきたMr.ダマー バカMAX!の紹介:2015年公開のアメリカ映画。ジム・キャリー主演、ボビー&ピーター・ファレリー兄弟監督のコンビによって、大ヒットを記録したコメディの、実に20年ぶりの続編。腎臓病を患ったハリーと相棒のロイドが提供者を探す旅の行く先々で、おバカな連中と繰り広げる騒動が描かれる。前作同様、ジェフ・ダニエルズがロイド役を演じ、息のあったかけあいを見せる。

ネタバレを読む

ワイルド・スピード MEGA MAXの紹介:2011年公開のアメリカ映画。『ワイルド・スピード』シリーズ第5弾。1作目からの常連であるヴィン・ディーゼルとポール・ウォーカーがコンビを組み、元人気プロレスラーの“ザ・ロック”ことドウェイン・ジョンソンを相手に、怒濤の逃走劇を繰り広げる。もうひとつの見どころであるセクシー美女たちも続々登場。

ネタバレを読む

王様と私の紹介:1956年に製作されたミュージカル映画で、19世紀のシャム国(タイ王国)を舞台に王様とイギリス人女性家庭教師アンナとの衝突と交流を描く。第29回アカデミー賞では、ユル・ブリナーの主演男優賞、ミュージカル映画音楽賞を含む最多5部門を獲得した。国王とアンナのダンスシーンで使用された楽曲「Shall we dance?」は、後に世界的に知られる名曲となった。

ネタバレを読む

トレーニングデイの紹介: 2001年にアメリカで製作されたサスペンス映画。犯罪が多発するロサンゼルスの実体が本物のストリートギャングの協力によってリアルに描かれている。監督のアントワーン・フークアはミュージックビデオ出身で、本作は長編映画の第三作目に当たる。主演のデンゼル・ワシントンは知的で善良な役が多いことでも知られているが、本作では徹底して非道な悪徳警官を演じたことで、アカデミー主演男優賞およびロサンゼルス映画批評家協会賞男優賞を受賞した。新人刑事役のイーサン・ホークもアカデミー主演男優賞にノミネートされたが、こちらは惜しくも受賞を逃している。

ネタバレを読む

デビルクエストの紹介:2011年のアメリカ映画で、魔女狩りと疫病が席捲した14世紀のヨーロッパを舞台にしたファンタジー作品。主演はニコラス・ケイジ。監督のドミニク・セナは『60セカンズ』や『ソード・フィッシュ』などの他、デビッド・ボウイ、スティングなど多数のミュージック・クリップを手掛けていることでも有名。1989年にはジャネット・ジャクソンの「リズム・ネーション1814」でグラミー賞を受賞している。

ネタバレを読む

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカの紹介:る2016年に公開された、ウォルト・ディズニー配給のスーパーヒーロー映画。マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』の実写映画化で、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』に続く3作目。マーベル・コミックのスーパーヒーローをひとつの世界観でクロスオーバーさせる『マーベル・シネマティック・ユニバース』のシリーズでもあり、本作にもアイアンマンやアントマン、スパイダーマンなど、多数のスーパーヒーローが登場する。

ネタバレを読む

コマンドーの紹介:1985年に全米で公開されたマーク・L・レスター監督によるアクション映画。日本公開は翌年。『コナン・ザ・グレート』『ターミネーター』のヒットによりアクションスターとしての地位を築いたアーノルド・シュワルツェネッガーが次に選んだのが本作であり、寡黙だがユーモア感覚のある戦闘のプロという彼にとって最大公約数のヒーローイメージを確立した記念すべき作品でもある。そのノリのいいギャグ描写とそれを的確に生かした翻訳によって日本のネットユーザーの間でもカルト的な人気を有している。製作は『リーサル・ウェポン』、『ダイ・ハード』、『マトリックス』などアクション映画で定評のあるジョエル・シルバーとローレンス・ゴードン。また脚本のスティーヴン・E・デ・スーザも『ダイ・ハード』『48時間』などでも知られている。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。