「怖い」映画一覧

サマー・ヴェンデッタの紹介:2016年製作のフィンランド映画。世界を震撼させた「ボドム湖殺人事件」を元に描くシチュエーションホラー。1960年夏、フィンランドのボドム湖で起きた未解決の殺人事件。イーダたち4人はその謎を解明すべく事件現場を訪れ、当時と同じシチュエーションの再現を試みるが…。

ネタバレを読む

ウルフ・アット・ザ・ドアの紹介:2016年製作のアメリカ映画。『アナベル 死霊館の人形』のジョン・R・レオネッティ監督によるサスペンススリラー。とある瀟洒な家に集まり、パーティーを楽しんでいた男女4人。そこへ殺意を持った侵入者たちが忍び寄り…。

ネタバレを読む

ファイナルガールの紹介:2014年製作のアメリカ&カナダ映画。アビゲイル・ブレスリンが殺し屋女子高生を演じたスラッシャーアクション。夜な夜なガールズハンティングを楽しんでいた男子高校生集団。ある晩、好みのブロンド美女を連れ込むことに成功するが、その美女は殺し屋に育てられた少女だった…。

ネタバレを読む

プレゼンス(2014年)の紹介:2014年のドイツ映画。超常現象の映像を収めるため、廃城に訪れた3人の学生が恐怖の底に突き落とされる様を描いている。学生たちの周りで起こるポルターガイスト現象の数々や、追い詰められていく学生たちのリアルな演技が注目の作品。

ネタバレを読む

リトルデビル(2017年)の紹介:2017年製作のアメリカ映画。美しい女性と結婚して幸せでいっぱいの男性が、義理の息子が呼ぶ悪夢に襲われる恐怖を描いている。主演はアダム・スコット、相手の妻役はエヴァンジェリン・リリーが演じるホラー・コメディ。

ネタバレを読む

囚われた少女たちの紹介:2015年製作のメキシコ映画。少女を誘拐、監禁、そして売春をさせるメキシコの犯罪社会と、過酷な人生を送る少女の姿を描いている。少女たちの残酷な現実を映し出したサスペンスドラマ。FEST国際映画祭で審査員賞、メキシコ・アカデミー賞で5部門を受賞した作品。

ネタバレを読む

ポゼッション・エクスペリメントの紹介:2015年製作のアメリカ映画。自ら悪魔に取り憑かれ、悪魔祓いの様子をライブ配信する青年に襲い掛かる恐怖を描いたエクソシズムホラー。大学生のブレンダンは悪魔の存在を世間に知らしめるべく、霊媒師らと共に悪魔を呼び出し、その一部始終をネットで配信するが…。

ネタバレを読む

オフィス 檻の中の群狼の紹介:2015年製作の韓国映画。『チェイサー』の脚本家、ホン・ウォンチャンが初監督を務めたサイコスリラー。勤勉な会社員、キム・ヒョングクが家族を殺害して姿をくらました。刑事のジョンフンが捜査を始めるが事件は迷宮入り。やがて、キムの会社で不可解な事件が起きる…。

ネタバレを読む

パラノーマル・エクスペリエンスの紹介:2011年製作のスペイン映画。未解決事件の起こった村に、6名の若者が単位を取得するためにやってきて、恐ろしい恐怖に襲われる様を描いている。逃れられない死の運命にさらされる若者たちの姿を映し出す。

ネタバレを読む

バニーマン 殺戮のカーニバルの紹介:2016年製作のアメリカ映画。ウサギの着ぐるみを身に着けた怪人が起こす殺戮劇を描くス〝バニーマン〟シリーズ第2弾。幼少期に受けた虐待で顔が焼けただれ、ウサギの着ぐるみを脱ぐことができなくなった通称“バニーマン”。彼の家族と元同僚は、ホラー小屋を建て恐ろしい計画を企てる…。

ネタバレを読む

バニーマン/鮮血のチェーンソーの紹介:2013年製作のアメリカ映画。ウサギの着ぐるみを着た男がチェーンソー片手に殺戮を繰り広げるホラー。ラスベガスに向かう道中、トラックの運転手とトラブルになった3組のカップル。そのトラックから姿を現したのはウサギの着ぐるみを身にまとった男だった…。続編も作られた。

ネタバレを読む

東京プレイボーイクラブの紹介:2012年公開の日本映画。東京にある寂れたサロンに、行き場を失った男がやってきて、トラブルに巻き込まれていく様を描いている。監督・脚本は商業映画デビュー作となる奥田庸介。主演は大森南朋。光石研や臼田あさ美らも出演した異色のバイオレンス作品。

ネタバレを読む

ブラッド ハザードの紹介:2016年製作のアメリカ映画。覆面殺人鬼が若い女性に襲い掛かるスラッシャーホラー。気が付くと下着姿で監禁されていたチョイとアンジェラ。部屋には複数の女性がおり、覆面の男に次々と殺されていく。一方、アンドリューは若い女性の血を集めるという仕事を依頼されるが…。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。