「怖い」映画一覧(3ページ目)

奴隷の島、消えた人々の紹介:2015年製作の韓国映画。2014年、韓国全土を震撼させた新安塩田奴隷事件にインスパイアされた社会派ドラマ。天然塩の生産で有名な離島で大量殺人事件が発生。さらにそこでは、知的障害者たちが奴隷のように働かされていた事実が明らかになる。事件の裏に隠された真実とは…?

ネタバレを読む

罠-少女の誘惑-の紹介:2015年製作の韓国映画。恋人に別れを告げられ、仕事にも行き詰まった脚本家のチョンミン。新作の執筆を進めようと田舎町を訪れた彼は、あどけなくも妖艶な少女・ユミに出会い、魅力に惹かれていくが、それは破滅への罠だった…。

ネタバレを読む

パトリック 戦慄病棟の紹介:2013年制作のオーストラリア映画。郊外の不気味な病院を舞台に、昏睡状態の青年を世話する看護師や周りの人々に起こる恐怖を描いている。伝説的サイキックホラー映画「パトリック」のリメイク。シャーニ・ヴィンソンが主演を務め、大ベテラン俳優のチャールズ・ダンス、レイチェル・グリフィスらも出演。

ネタバレを読む

ミミックⅢの紹介:2003年製作のアメリカ映画。人間に擬態し、捕食する昆虫“ユダの血統”の恐怖を描いたSF・ホラー映画『ミミック』シリーズ第3弾。ストリックラー病の後遺症に悩む青年・マーヴィンを主人公に据えて、ユダの血統との戦いが描かれる。

ネタバレを読む

ミミック2の紹介:2001年製作のアメリカ映画。映画『ミミック』の続編。遺伝子操作により生み出された新種の昆虫“ユダの血統”が人間を襲うSFホラーの続編。顔を剥ぎ取られ、内臓も抜かれた無惨な死体が発見される。教師となった昆虫学者のレミ・パノスはいまだに悪夢にうなされていたが…。

ネタバレを読む

ブレアウィッチ2 刻印バージョンの紹介:2000年製作のアメリカ映画。大ヒットを記録した映画「ブレア・ウィチ・プロジェクト」の続編。舞台となったバーキッツヴェルには、世界中から観光客が訪れていた。地元で生まれ育ったジェフはその客を当て込み、“ブレア・ウィッチ・ハント”ツアーを企画するのだが…。

ネタバレを読む

デッドクックの紹介:2016年製作の日本映画。佐々木勝己・監督作品。登場人物が次々と血に染まるハイテンション・ゴア映画。カリスマ料理研究家・井頭静香から届いた試食会の招待状。料理の専門学校に通うフミカは喜んで出席しようとするが…。

ネタバレを読む

モンスターズクラブの紹介:2012年公開の日本映画。雪山にこもり、企業を標的にして、爆弾を送り続ける若者を描いている。アメリカに実在した爆弾魔「ユナボマー」、セオドア・カジンスキーから着想を得た作品。豊田利晃が監督・脚本を務め、瑛太主演で贈る。RIZEのベーシスト、KenKenの初出演作。

ネタバレを読む

ブレア・ウィッチの紹介:2016年製作のアメリカ映画。低予算ながら世界中で大ブームを巻き起こした1999年のホラー映画『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』の正統な続編。“ブレアの魔女”の謎を解こうと森に入り、行方不明となったヒロインの弟が、姉を救うため、森へ足を踏み入れていく様がつづられる。

ネタバレを読む

マジック(1979)の紹介:売れないマジシャンコーキーが腹話術の人形ファッツとのコンビで大成功を収めるが突然失踪、彼の芸にはある重大な秘密があったという1979年製作のアメリカのサイコ・サスペンス。監督は俳優としても知られる「遠い夜明け」のリチャード・アッテンボロー、原作/脚本は「明日に向って撃て!」のウィリアム・ゴールドマン。主演は「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンス、ヒロインは「トミー」「愛の狩人」のアン=マーグレット。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。