「怖い」映画一覧(4ページ目)

ラザロ・エフェクトの紹介:2015年製作のアメリカ映画。死からの再生という禁断の研究に足を踏み入れた科学者たちの恐怖を映し出すホラー。死者を蘇生させる「ラザロ血清」開発中に女性研究員が事故で死亡した。同じチーム内の婚約者は周囲の制止を振り切り血清を投与、彼女を蘇らせることに成功するが…。

ネタバレを読む

ミュンヘンの紹介:2005年公開。1972年、ミュンヘン・オリンピックで起きたイスラエル選手団襲撃事件に対して、暗殺チームが行った報復を描いた作品。アカデミー賞では、5部門にノミネートされた。監督は「戦火の馬」のスティーヴン・スピルバーグ。音楽は「スター・ウォーズ」シリーズのジョン・ウィリアムズ。主演は「ハルク」のエリック・バナ。6代目ジェームズ・ボンドのダニエル・クレイグや「天使と悪魔」のアイェレット・ゾラーも出演。

ネタバレを読む

コピーキャットの紹介:1995年製作のアメリカ映画。タイトルは『模倣犯』という意味。過去の有名な事件の手口を模倣する正体不明の連続殺人犯と、それを追う2人の女性の対決を描いたサイコ・サスペンス。『エイリアン』シリーズのシガニー・ウィーバーと『ピアノ・レッスン』のホリー・ハンターのアカデミー女優2大競演。

ネタバレを読む

クランプス 魔物の儀式の紹介:2015年製作のアメリカ映画。伝説の魔物・クランプスが子どもたちに襲い掛かるホラー。両親と姉と暮らすマックスは、母の妹一家とクリスマスを過ごすが、豪雪で家に閉じ込められてしまう。そんな中、外を見に行った姉が戻らず、いとこも突然姿を消し…。

ネタバレを読む

罠 Deep Trapの紹介:2015年製作の韓国映画。『殺されたミンジュ』のマ・ドンソク主演、実話を元に描くスリラー。気分転換のため離島にやって来た夫婦・ジュンシクとソヨン。ネットで見つけた店を訪れたふたりは、親切な主人・ソンチョルに警戒心を解き、泊まっていくことにするが…。

ネタバレを読む

ナイトライト -死霊灯-の紹介:2015年製作のアメリカ映画。『パラノーマル・アクティビティ』監督・スタッフ × 『SAW』のLIONSGATE配給。自殺の名所として有名な心霊スポットの森で、“禁断のルール”を破った5人の男女に待ち受ける運命を描く。

ネタバレを読む

to DEATH NOTE NEW GENERATIONの紹介:2016年公開の日本テレビドラマ。同年10月29日から公開の『デスノート Light up the NEW world』に先駆けて、空白の10年間を描いたHULU配信のドラマ。10年後のデスノート事件の序章。

ネタバレを読む

情愛の代償の紹介:2015年製作の韓国映画。殺人の容疑を掛けられた女性と、彼女の無実を証明したモーテル主人の関係を描いたエロティックサスペンス。結婚式を翌日に控えた昔の恋人とモーテルで最後の夜を過ごしたガイン。だが、彼が謎の死を遂げてしまい、ガインは容疑者となるが…。

ネタバレを読む

逃走車の紹介:2013年公開。ヨハネスブルグを舞台に、犯罪に巻き込まれた男の逃走を描いた作品。主演は「ワイルド・スピード」シリーズのポール・ウォーカー。彼が製作総指揮に加わった唯一の作品と言われている。全編を通して、ポール・ウォーカーが乗り込む車内カメラで撮影されている。

ネタバレを読む

その夜の侍の紹介:2012年公開。妻をひき逃げされて失った夫が、復讐をするために生きる姿を描いた作品。主演は「半沢直樹」の倍返しで有名な堺雅人。豪華な出演者には「闇金ウシジマくん」シリーズの山田孝之、「ゲルマニウムの夜」の新井浩文、「そこのみにて光輝く」の綾野剛、「君のままで」の坂井真紀、「トリハダ -劇場版-」の谷村美月、「百円の恋」の安藤サクラなど。

ネタバレを読む

楢山節考(1983年今村昇平監督)の紹介:雪深い山村の因習”楢山まいり”と呼ばれるいわゆる”姥捨て”にまつわる人間模様をリアルに描いた1983年公開の日本映画。監督/脚本は「復讐するは我にあり」「にあんちゃん」の今村昇平。深沢七郎の同名短編小説と「東北の神武たち」を原作とし、1958年公開の木下惠介監督による同名作品とは別物である。おりん役坂本スミ子は前歯を削っての熱演で69歳の老婆を見事演じきったが、主演の緒方拳とは実年齢1歳差の40代。1983年カンヌ国際映画祭最高賞パルム・ドールを受賞。

ネタバレを読む

ビー・デビルの紹介:大都市ソウルで暮らす銀行員ヘウォンは荒んだ日々に疲れ果て、生まれ故郷の離島に戻る。しかし残っている島民はわずかに9人。老叔母の掟に守られた男たちは、彼女の幼馴染のボンナム母娘に虐待と凌辱の限りを尽くしていた事を知るが…。2010年公開の韓国のサスペンス映画。原題は「キム・ボンナム殺人事件の顛末」。「シークレット・ミッション」のチャン・チョルス監督のデビュー作で、2004年に発生した「密陽女子中学生集団性暴行事件」など3つの事件がベースになっている。2010年の大鐘賞、大韓民国映画大賞の新人監督賞、主演女優賞、第6回オースティン・ファンタスティック・フェス主演女優賞など数々の賞を獲得している。

ネタバレを読む

モンスターズ/地球外生命体の紹介:2010年公開。地球外生命体が増殖した地域からの脱出を描いた作品。設備機材費は1万5千ドルで製作費は50万ドルの低予算にも関わらず、興行収入は420万ドルを超えるヒットとなった。監督は「GODZILLA ゴジラ」のギャレス・エドワーズ。英国インディペンデント映画賞では監督賞など受賞やノミネートした作品。他にも海外の賞でノミネートや受賞した。続編に「モンスターズ/新種襲来」がある。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。