「学校が舞台」映画一覧

エコールの紹介:2004年制作。森の中にある閉鎖的な学校を舞台に、純粋な少女たちの生活と、外の世界を憧れる様を描いた衝撃作。19世紀の作家、フランク・ヴェデキントの小説「ミネハハ」が原作。女流監督ルシール・アザリロヴィックが監督・脚本を務め、マリオン・コティヤール、エレーヌ・ド・フジュロルが出演。

ネタバレを読む

THE WAVE ウェイヴの紹介:2008年制作のドイツ映画。独裁について学ぶ実習に参加した高校生が、洗脳されていく姿を描いている。実話に基づいた物語で、デニス・ガンゼルが監督を務め、ユルゲン・フォーゲル主演で贈る作品。

ネタバレを読む

青い山脈 (1949年)の紹介:石坂洋二郎の同名小説を、後に「純愛物語」でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞する今井正監督が、原節子を主演に迎え映画化した青春映画。田舎町に赴任してきた女性教師が、封建的な街の体制と戦う姿を描く。本作は二部作の前編で、後編は「續青い山脈」に続く。

ネタバレを読む

イン&アウトの紹介:1997年製作のアメリカ映画。結婚式を目前に控えた高校教師が、オスカー賞授賞式で自分の教え子にゲイだと公表されたことから巻き込まれる騒動を描いた映画。トム・ハンクスが「フィラデルフィア」(93)でアカデミー主演男優賞を受賞した際、スピーチでゲイである恩師に感謝した実話を基に作られた。

ネタバレを読む

ベネディクト・カンバーバッチ ホーキングの紹介:2004年公開のイギリス映画。難病に侵されつつも宇宙の研究に貢献したスティーヴン・ホーキングの半生を描いている。天才物理学者ホーキングの若き日をベネディクト・カンバーバッチが演じた作品。

ネタバレを読む

フリーダム・ライターズの紹介:2007年公開のアメリカ映画。人種問題が蔓延る過酷な環境で生きる生徒と、彼らを思う新米教師との感動のストーリーを描いている。監督・脚本はリチャード・ラグラヴェネーズが務め、2度のアカデミー賞主演女優賞に輝いたヒラリー・スワンク主演で贈る作品。

ネタバレを読む

スイートプールサイドの紹介:2014年公開の日本映画。高校の水泳部を舞台に、毛が生えないことに苦悩する少年と毛深さに悩む少女の奇妙な関係を描いている。原作は押見修造の漫画。監督は松居大悟が務め、主演は須賀健太と刈谷友衣子。脇を固めるのは谷村美月、松田翔太、TKO木下など。

ネタバレを読む

PとJKの紹介:2017年3月25日公開の日本映画。三次マキの少女漫画を、亀梨和也&土屋太鳳主演で映画化したラブストーリー。秘密の結婚生活を送る警察官と女子高生が、お互いの違いを認めあい、成長していく姿を描く。全編、函館でロケを敢行し、美しい風景が2人の恋を盛り上げる。

ネタバレを読む

ウォント・バック・ダウン -ママたちの学校戦争-の紹介:2012年制作のアメリカ映画。読字障害のある娘のために、適切な教育を行わない小学校を変えようとする二人のシングルマザーの姿を描いている。マギー・ギレンホール、ヴィオラ・デイヴィス、ホリー・ハンター共演の豪華キャストで贈る作品。

ネタバレを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ5の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2000年にビデオ版として発売され、後にDVD化された「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第5作。学校で撮影された映像に映りこんだ不可思議なモノや音声など10本を収録。ビデオ版には「呪われた学校編」とサブタイトルがあった。構成・演出は「白ゆき姫殺人事件」「予告犯」の中村義洋と「仄暗い水の底から」「アヒルと鴨のコインロッカー」などで共同脚本を担当した鈴木謙一。

ネタバレを読む

ソラから来た転校生の紹介:2013年公開の日本映画。「ソラ」に住む天使が仲間を探しに地上に舞い降り、人間界で暮らす内に友情や恋といった感情に突き動かされていく姿を描いている。監督・脚本は「ネコヤドのハルとアキ」の近藤勇一が担当し、同作で主演を務めた星名梨華と溝口恵が再びタッグを組んだ青春作品。ピカデリー梅田として有名な菅登美男や「リアル鬼ごっこ4」の相楽樹、、ベテラン女優の山村美智らも出演。

ネタバレを読む

セトウツミの紹介:2016年公開の日本映画。2人の男子高校生が河原で交わす関西弁によるユニークな放課後トークを描いた、此元和津也の人気コミックを映画化した青春ストーリー。クールな塾通いの内海を池松壮亮、天然な元サッカー部の瀬戸を菅田将暉が演じるほか、瀬戸が思いを寄せるヒロイン役で中条あやみが出演する。監督は『まほろ駅前狂騒曲』の大森立嗣。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。