「学校が舞台」映画一覧(3ページ目)

ドロメ【女子篇】の紹介:2016年公開の日本映画。男子高と女子高の演劇部員たちが、合同合宿中に怪事件に遭遇するホラー。同じ時間軸の物語を、女子側の視点から描いた本作と男子側の視点から描いた【男子篇】の二部構成。合宿が、山に伝わる泥の化け物ドロメにより恐怖に包まれる。監督は「先生を流産させる会」の内藤瑛亮。

ネタバレを読む

サマータイムマシン・ブルースの紹介:2005年公開の日本映画。『踊る大捜査線』のシリーズの本広克行監督が放つSF青春劇。謎のタイムマシンで、今日と昨日を行き来する大学生の騒動をコミカルに描く。主演は瑛太&上野樹里。これほどタイムマシンを無駄使いしている作品はほかにない! また同監督作品の『UDON』『曲がれ! スプーン』などとも登場人物がクロスしているのも見どころ。

ネタバレを読む

ヴァンパイア・アカデミーの紹介:ヴァンパイアの王族の血を引くリサ。彼女を守るのは護衛見習いのローズ。二人は学園が危険だと察知して逃げ出すことに。しかし、護衛の中で神と呼ばれているディミトリに連れ戻される。学園に戻ってきたリサを何者かが狙ってくる…。学園内で起こるヴァンパイア達の戦いを描いている。リシェル・ミードの人気小説を映画化した作品。

ネタバレを読む

バッド・ティーチャーの紹介:お金持ちと結婚したいエリザベスは、玉の輿が決まって中学教師の仕事を退職する。しかし、金にしか興味がないことがバレて破談に。仕方なく同じ中学で仕事復帰するが、やる気はまったく無かった。そんな彼女の学校に金持ちのスコットが転任してくる。キャメロン・ディアス主演の恋愛コメディ映画。ジャスティン・ティンバーレイクとキャメロン・ディアスは、以前交際していて共演が話題となった作品。

ネタバレを読む

罪の余白の紹介:2015年公開の日本映画。娘の死の謎を追う行動心理学者と、彼の前に現れた人の心理を操る女子高生が心理戦を繰り広げる、内野聖陽主演のサスペンス。第13回全日本国民的美少女コンテストでグランプリに輝いた吉本実憂が主人公を心理的に追い詰めていく悪魔のような少女を熱演する。

ネタバレを読む

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマーの紹介:高橋留美子原作「うる星やつら」の劇場版オリジナル長編アニメーションの第2作。“学園祭の前日”という1日を無限ループするあたるたちは、やがてそれが誰かの夢の世界にいるのだと気付く。1984年公開。監督・脚本:押井守、音楽:星勝。TVアニメシリーズを手がけた押井守が放った渾身の一撃…いや一作で、本作品は押井守の世界観の原点と言われている。

ネタバレを読む

心中天使の紹介:両親と実家で暮らしているピアノ奏者のアイ、離婚して新しい恋人と暮らしている平凡な会社員のユウ、母親が再婚すると言い出して無関心な女子高生のケイ。3人は何かの存在に気づいていた。彼らの次第に変わっていく世界を描いた作品。尾野真千子が主演。一尾直樹監督の長編第2作目。

ネタバレを読む

ラストゲームの紹介:天才バスケットボールプレーヤーとして未来を嘱望された黒人高校生を取り巻く光と影、父と子の絆と葛藤を描いた作品。1998年米国。監督・脚本:スパイク・リー、バスケ監修:アール・モンロー。高校生の天才バスケ選手ジーザス役には現役NBA選手のレイ・アレンを抜擢。スパイク・リーはNYニックスの熱狂的なファンで、ニックスの試合中継では最前列で観戦している姿がよく見られる。レイ・アレンをスカウトしたのもNYニックス対ミルウォーキー・バックスの試合のハーフタイムだった。ラストのデンゼル・ワシントンとレイ・アレンの1オン1はスタントなしの本人のプレイで撮影されている。

ネタバレを読む

リトル・マエストラの紹介:港町福浦では過疎化や高齢化が進んでいた。福浦にはアマチュアオーケストラが存在していて、ある日指揮者の吉川が急死してしまう。そしてオーケストラの町からの援助が打ち切りに。みどりは吉川から孫娘の美咲が天才指揮者と聞いていて、彼女の指揮でコンクールで良い結果を目指す。しかし、美咲は落ちこぼれ指揮者だった。美咲の成長とオーケストラの町人達の想いを描いた作品。主演は有村架純。

ネタバレを読む

ルールの紹介:女子大生ナタリーの周りで起こる連続殺人事件。それらはみな都市伝説を模倣していた。1998年米国。監督:ジェイミー・ブランクス。原題は「Urban Legend」(都市伝説)。「エルム街の悪夢」のロバート・イングランドや「ハロウィン」シリーズのダニエル・ハリス、「チャイルド・プレイ」のブラッド・ダーリフなど、ホラー映画ファンにはおなじみの俳優が脇役を固めている。

ネタバレを読む

アクセル・ワールドINFINITE∞BURSTの紹介:電撃文庫の川原礫の人気ライトノベルを原作に、2012年に放送されたテレビアニメ「アクセル・ワールド」の完全新作劇場版。ネットワークによって、仮想世界にフルダイブすることが可能となった2040年代の東京を舞台に、いじめられっ子の中学生・有田春雪が、憧れの上級生・黒雪姫によって「加速世界(アクセル・ワールド)」に導かれ、数々の敵や仲間との出会いを通じて成長していく物語であり、数多くのファンに支持されている。本作は原作者本人によるオリジナルストーリーで、テレビシリーズには未登場のキャラクターたちも登場する。

ネタバレを読む

ウォーターボーイズの紹介:シンクロに取り組むことになった男子高校生たちの、楽しくさわやかな青春コメディ劇。映画の大ヒットを機にドラマ化もされ、高視聴率を獲得。劇中で使用された曲シルヴィ・バルタンの『あなたのとりこ』もリバイバルヒットした。監督は後に『スイングガールズ』や『ハッピーフライト』を世に送り出した矢口史靖。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。