「学校が舞台」映画一覧(4ページ目)

ちはやふる 下の句の紹介:2016年4月29日公開の日本映画。テレビアニメにもなった末次由紀の人気コミックを、広瀬すず主演で2部作として映画化した青春ドラマの後編。競技かるたを通じて、絆を深めていく高校生たちの熱い思いが描かれる。ヒロインにかるたを教える新を真剣佑、幼なじみの太一を野村周平が演じるなど、若手実力派たちが多数共演。監督は『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の小泉徳宏。

ネタバレを読む

少女たちの遺言の紹介:韓国の女子高を舞台に思春期の少女たちの切ない想いを描いたコリアン・ホラー「女校怪談」シリーズの第2作で、1999年公開の韓国のホラー映画。共同監督/脚本は「レイトオータム」「家族の誕生」のキム・テヨンと「アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~」「背徳の王宮」のミン・ギュドン。主演の3人はともに本作が映画デビュー作で、2000年韓国映画評論家協会賞、百想芸術大賞新人女優賞を獲得しています。音楽は「八月のクリスマス」「春が来れば」のチョ・ソンウ。英題は「Memento Mori(死を想え)」。

ネタバレを読む

ピクニックatハンギング・ロックの紹介:1900年、オーストラリアの女学校の生徒が近くの岩山にピクニックに行き3人の生徒と1人の教師が行方不明になるが、その後1週間以上経ってから1人の生徒だけが生きて発見される。ジョーン・リンジーの同名小説の映画化作品。1975年オーストラリア。監督:ピーター・ウィアー(代表作「刑事ジョン・ブック 目撃者」「いまを生きる」等)。本作は実際に起こった事件の映画化と思われがちであるが、その時代の記録を調べても該当する事件は存在せず、完全なフィクションである。ストーリーとは直接関係ないように見えるが何かを暗示しているシーンや台詞が多く、最後まで謎が解明されないことと相俟って謎めいた作品とされている。

ネタバレを読む

ブラブラバンバンの紹介:弱小吹奏楽部がブラバンの夢である普門館を目指し、少しずつ結束していく音楽映画。不思議な女子高生芹生と、彼女を取り巻く部員たちの青春の物語。柏木ハルコの同名コミックが原作。思春期の男子の心をくすぐるような、ちょっとエッチで空想が溢れる表現が、青年漫画らしいファンタジーストーリー。

ネタバレを読む

フェノミナの紹介:虫と交信できる不思議な力を持った美少女ジェニファーはスイスの寄宿学校に預けられるが、その地域では少女ばかりを狙った連続殺人事件が起きていた。1985年イタリア。監督:ダリオ・アルジェント。音楽にはアルジェント作品の常連のゴブリンやクラウディオ・シモネッティの他に、モーターヘッド、アイアン・メイデンなどのヘビメタバンドが起用された。冒頭で殺害され首を切断される少女ベラを演じているのは監督の娘フィオーレ・アルジェントである。14歳のジェニファー・コネリーが演じる完璧な美少女と、その美少女をウジ虫プールに落とす監督のサディスト性が話題になった。

ネタバレを読む

僕だけがいない街の紹介:2016年3月19日公開の日本映画。三部けいの人気コミックを藤原竜也と有村架純の共演で映画化したミステリー。自分の意志とは無関係に、身近で起きる事件の直前へとタイムスリップしてしまう特殊な力を身につけた主人公が凶悪犯に挑む姿を描く。「ヤングエース」に連載の原作は「このマンガがすごい!」や「マンガ大賞」で3年連続ランクインするなどベストセラーになっている。

ネタバレを読む

テケテケ2の紹介:下半身の無い女のバケモノ”テケテケ”の都市伝説を題材にした2009年公開のホラー映画。同時公開された「テケテケ」の続編で、前作に無かったテケテケの解呪方法が判明します。監督は「シロメ」「口裂け女」の白石晃士。脚本は「島田陽子に逢いたい」の秋本健樹。「赤んぼ少女」「東京残酷警察」で知られる西村喜廣が”テケテケ”デザイン/特殊造形、鹿角剛司がVFXスーパーバイザーを担当しています。

ネタバレを読む

コープスパーティー アンリミテッド版の紹介:2015年8月1日公開の日本映画。呪いの儀式をしてしまった高校生たちが、閉鎖された異空間に迷い込み恐怖と直面する、ホラーとスプラッターのワールド。もともとは、長きに渡り人気を集め小説や漫画、アニメ化など幅広い展開もされたホラーアドベンチャーゲームシリーズを、実写映画化。

ネタバレを読む

狐怪談の紹介:芸術学校で共にバレリーナを目指す女子高生が、その学校に伝わる”狐階段”に願いをかけたことで怪異に巻き込まれるという、2003年に公開された韓国のホラー映画です。ユン・ジョエン監督のデビュー作で、人気シリーズ女子高怪談の第3作目。親友の才能への嫉妬、トゥシューズにガラス片など往年の少女漫画的構図が新鮮な佳作です。

ネタバレを読む

ちはやふる 上の句の紹介:2016年3月19日公開の日本映画。末次由紀の人気コミックを広瀬すず・主演で、2部作として映画化した青春ドラマの前編。競技かるたを通じて絆を深めていく高校生たちの熱い思いが描かれる。ヒロインにかるたを教える新を真剣佑、幼なじみの太一を野村周平が演じるなど、若手実力派たちが多数共演。監督は『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の小泉徳宏。

ネタバレを読む

青の祓魔師-劇場版-の紹介:エクソシストを目指して祓魔塾に通う主人公達。主人公である奥村燐は任務で悪魔を追っている最中に小さな悪魔と出会う。そして、古来より封印された特殊な能力を持つ悪魔とは知らずに共に生活をしていくことに。主人公達とその悪魔との友情を描いた作品。

ネタバレを読む

暗殺教室~卒業編~の紹介:2016年3月25日公開の日本映画。週刊少年ジャンプ連載の松井優征による人気コミックの実写映画版の続編。地球を破壊する力を持ちながら、中学校の教師となった謎の生物、殺せんせーと政府からその暗殺を依頼された中学生たちが繰り広げるユニークな攻防を描く。Hey! Say! JUMPの山田涼介をはじめとする前作のキャストに加え、二宮和也、桐谷美玲らが出演。

ネタバレを読む

アオハライドの紹介:2014年公開の日本映画。別冊マーガレット連載中の咲坂伊緒による同名コミックを、本田翼、東出昌大ら人気若手俳優の出演で映画化した、青春ラブストーリー。お互いに思いを抱きつつも一度は離ればなれになってしまった男女が、高校生になってから再会し、思いを再燃させていく姿が、クラスメイトを交えた複雑な恋模様とともに描かれる。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。