「学校が舞台」映画一覧(9ページ目)

銀の匙の紹介:進学校で勉強に挫折し、親からのプレッシャーから逃れるため「寮があるから」という理由で農業高校に入学した男子高校生の学校生活を描いた作品。漫画がアニメ化され、映画化に至った。原作漫画は2012年に漫画大賞を受賞している。

ネタバレを読む

フレフレ少女の紹介:2008年公開の日本映画。野球部エースに一目ぼれした文学少女が、ひょんなことから応援団長になってしまう青春映画。本来は学校統合や家族の転勤などやむを得ない事情がない限り、転校して1年間は野球試合への出場資格を得られない。

ネタバレを読む

クローズZERO Ⅱの紹介:2009年公開の日本映画。「クローズ」とはカラス(crow)の複数形で「カラスたち」という意味。映画『クローズZERO』の続編にあたり、またさらに新章にあたる『クローズEXPLODE』が2014年4月に公開予定。

ネタバレを読む

ルディ/涙のウイニング・ランの紹介:主人公のルディは幼い頃からアメフトの名門チームに憧れていたものの、進学を諦めて働く日々をおくっている。しかしある事がきっかけで、また夢を追いかける決心をするのだが・・・。現在もアメフト界に語り継がれる、実話に基づいた感動のヒューマンドラマ。

ネタバレを読む

ハリー・ポッターと謎のプリンスの紹介:イギリスの作家J・K・ローリング原作の「ハリー・ポッター」シリーズ第6作。復活した宿敵ヴォルデモートを倒す為にヴォルデモートの過去を探る主人公の少年ハリー。そしてホグワーツ魔法魔術学校の校長ダンブルドアと共に、ヴォルデモートを倒す鍵となる”分霊箱”を探す旅に出ます。

ネタバレを読む

おもひでぽろぽろの紹介:1991年公開の日本長編アニメーション映画。スタジオジブリ制作。岡本螢・刀根夕子共作の漫画を原作とし、監督・脚本を高畑勲が務める。キャッチコピーは「私はワタシと旅に出る(糸井重里)」。

ネタバレを読む

スウィングガールズの紹介:「ウォーターボーイズ」の矢口史靖監督の作品。東北の平凡な高校生が、ジャズの魅力にひかれ、ステージに立つまでを爽やかに描く。劇中の演奏は出演者本人たちが行っており、実際にも映画さながらの練習が行われた。

ネタバレを読む

「悪の教典」は原作 貴志祐介のサスペンスホラー小説で、第1回山田風太郎賞を受賞しました。映画化にあたり監督を務めたのは三池崇史、主演俳優は伊藤英明です。映画が公開されるにあたり、初日2日間で興収2億9,894万5,000円、動員21万5,059人を動員し、大成功を収めました。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。