「宇宙」映画一覧

イベント・ホライゾンの紹介:西暦2047年。7年間行方不明となっていた最新鋭の重力推進エンジン搭載の超深宇宙探査船イベント・ホライゾン号が海王星付近に突如帰還し、その乗組員救助と調査のため派遣されたルイス&クラーク号のクルーたちが遭遇する恐怖を描いた1997年公開のアメリカのSF・ホラー映画。監督は「バイオハザード」「パンドラム」のポール・W・S・アンダーソン。視覚効果スーパーバイザーは「ブレードランナー」「スター・トレック」(1979年)などで知られ、1980年にはSFファンタジー&ホラー映画協会最優秀特殊効果賞に輝いたリチャード・ユーリチッヒ。

ネタバレを読む

ねむれ思い子 空のしとねにの紹介:2014年製作の日本アニメーション映画。新鋭・栗栖直也が7年の歳月をかけ、ほぼ一人で制作した3DCGアニメ。SFサスペンスだがホラーのシーンもあり。幼い頃、事故で両親を失った織音はある事件で警察に追われる身となっていた。突然現れた謎の組織の導きで織音は実験用宇宙ステーションを訪れるが、そこに現れたのは死んだはずの母だった…。

ネタバレを読む

マクロス7 銀河がオレを呼んでいる!の紹介:1995年のアニメ映画。テレビアニメシリーズ『マクロス7』の番外編として製作され、『マクロスプラス MOVIE EDITION』の同時上映作品として劇場公開された。テレビシリーズの途中に位置づけられる番外編的なエピソードである。同シリーズは1982年のテレビアニメ『超時空要塞マクロス』の続編として製作されたもので、太古の昔に遺伝子操作で戦闘用に作られた巨人「ゼントラーディ」の脅威から逃れるため、宇宙移民を進める船団マクロス7を舞台に、他の生命体の生体エネルギーを奪う謎の敵「プロトデビルン」の襲撃と、熱血漢のロックボーカリスト・熱気バサラの活躍を描く物語である。

ネタバレを読む

ほしのこえの紹介:2002年公開の日本アニメーション映画。『君の名は。』が大ヒットした新海誠・監督の初の劇場公開作品。本作は携帯電話のメールをモチーフに、宇宙に旅立った少女と地球に残った少年の遠距離恋愛を描く。DVD特典として『彼女と彼女の猫』モノクロアニメ入り。

ネタバレを読む

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN I 青い瞳のキャスバルの紹介:2015年に劇場公開されたアニメ作品。『機動戦士ガンダム』のキャラクターデザインを担当した安彦良和によるコミカライズ作品『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN』より、アニメ版の前史にあたる『シャア・セイラ編』をアニメ化したもの。監督は『GUNDAM EVOLVE』『機動戦士ガンダム MS IGLOO』など、数々のガンダムシリーズに携わってきた今西隆志。安彦良和自身も総監督を務め、キャラクターデザインも担当している。

ネタバレを読む

ロックアウトの紹介:2012年公開。宇宙空間にある刑務所を占拠した500人の囚人を相手に、たった一人のCIA工作員が人質を救う活躍を描いた作品。2079年、重罪人の刑務所を宇宙空間に築いていた。その刑務所はMS-1と呼ばれ、脱獄率は0%だった。CIA工作員のスノーは濡れ衣をきせられて、MS-1に収監されることに。丁度その頃、大統領の娘のエミリーを重罪人達は人質にとり、MS-1を占拠していた。政府はスノーをエミリー救出に向かわせることにするのだが…。

ネタバレを読む

宇宙人ポールの紹介:2011年公開。60年間政府に協力していたエイリアンが脱走して、二人のSFオタクと出会って起こる騒動を描いた作品。アメリカで開催されるコミコスに参加するため、イギリスからやってきたSFオタクのグレアムとクライヴ。コミコスに満足して次はUFOの跡地に向かう。道中、突然暴走車が抜いてきて事故を起こす。無事を確認しに二人が行くと、出てきたのは宇宙人のポールだった。

ネタバレを読む

ノイズ(1999年)の紹介:宇宙で作業をしていたスペンサーとアレックス。突然の事故で2分間交信が途絶える。一命をとりとめた二人だったが、アレックスはその後脳卒中で死亡。妻のナタリーも自殺する。そしてスペンサーの様子にも異変が起こり始め…。宇宙空間の事故で帰還した夫を疑う妻を描いた作品。1999年公開のジョニー・デップとシャーリーズ・セロンが出演したサスペンス映画。シッチェス・カタロニア国際映画祭の最優秀映画賞にノミネートされた。

ネタバレを読む

ムーン・ウォーカーズの紹介:2015年公開のフランス&ベルギー合作映画。アポロ11号が月面着陸した模様を伝える映像は「2001年宇宙の旅」のスタンリー・キューブリック監督が捏造したものであるというまことしやかな都市伝説を脚色したアクション・コメディ。1969年のロンドンを舞台に、アメリカ政府から捏造計画の密命を受けたCIA諜報員がキューブリック監督に映像制作を依頼しようと繰り広げる騒動を描く。

ネタバレを読む

王立宇宙軍 オネアミスの翼の紹介:地球とは違う星、オネアミス王国のお話。王国には王立の宇宙軍が存在しており、「人類初の有人人工衛星」を打ち上げる計画があった。その計画に名乗りを上げたのが、これまでお気楽な人生を送っていたシロツグであった。「エヴァンゲリオン」で有名なガイナックス初の長編アニメ映画で手描きでリアルな描写を実現している。

ネタバレを読む

宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟の紹介:劇場のイベント公開やその後テレビ放映もされた「宇宙戦艦ヤマト2199」に当初は無かったエピソードで追加的に制作された作品である。時間軸としては「宇宙戦艦ヤマト2199」の第24話と第25話の間にあたる。

ネタバレを読む

パンドラムの紹介:2174年人口過密となった地球を旅立った巨大宇宙船エリジウムの船内で乗員を蝕む病”パンドラム”とは?…という2009年公開の米/独合作のSF・ホラー映画。製作は「バイオハザード」「イベント・ホライゾン」のポール・W・S・アンダーソン他、監督は「ケース39」のクリスティアン・アルヴァルト。製作総指揮/原案/脚本は「ストリート・ガン」のトラヴィス・ミロイ。

ネタバレを読む

宇宙人王さんとの遭遇の紹介:中国語の翻訳者であるガイアは、高給につられて急に入ってきた通訳の仕事を引き受ける。連れてこられた取調室にいたのはなんと中国語を喋る宇宙人だった。人間の抱く偏見や信頼について強烈な風刺を交えたこの作品は、ベネチア国際映画祭を始め各国で評価された。

ネタバレを読む

カリキュレーターの紹介:2014年製作のロシア映画。「オーガストウォーズ」のフョードル・ボンダルチュク製作のSF映画。未知の惑星を舞台に、生きて通り抜けた者のいない沼を渡り、“幸福の島”を目指す囚人たちを待つ運命とは。出演は「エスケープ 逃亡者」のイェフゲニー・ミロノフ。『未体験ゾーンの映画たち2016』で上映。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。