「どんでん返し」映画一覧(11ページ目)

ダイヤルMを廻せ!の紹介:1954年公開のアメリカ映画。アルフレッド・ヒッチコック監督によるサスペンス・ミステリー。妻を殺害して遺産を手に入れようとする夫のたくらみと、意外な展開、事の真相を探り当てる警部の奔走を描く。

ネタバレを読む

ネゴシエーターの紹介:1997年公開のアメリカ映画。人質の安全確保と救出を目指して犯人と渡り合う、ネゴシエーター(交渉人)専門の刑事の活躍を描いたポリス・アクション。サンフランシスコ名物のケーブルカーを使った、中盤のカー・チェイスが大迫力。

ネタバレを読む

ミッション:8ミニッツの紹介:2011年公開のアメリカ映画。爆破される8分前の列車の乗客の意識に入り込み、犯人を捜すというミッションを課せられた男が何度も同じ時をさまよう姿を、複雑な多重構造の展開で描き出す。

ネタバレを読む

ゴーン・ガールの紹介:2014年公開のアメリカ映画。デヴィッド・フィンチャー監督が、一見幸福そうな夫婦の実情を暴くサスペンス・スリラー。ある日突然失踪した妻を捜す男が、過熱する報道で追い詰められ、殺人犯の疑いをかけられる姿が描かれる。

ネタバレを読む

運命の逆転の紹介:1990年制作のアメリカ映画。1980年にアメリカで実際に起きた『クラウス・フォン・ビューロー事件』を、裁判に関わった法学者の手記を基にして映画化した心理サスペンス。妻を植物人間にした罪で訴えられた男は、有罪か無罪か。

ネタバレを読む

イニシエーション・ラブの紹介:2015年5月23日公開の日本映画。乾くるみの同名小説を、堤幸彦・監督が松田翔太&前田敦子主演で映画化。純粋なラブストーリーが最後の最後で驚愕のミステリーへと変貌する衝撃的なストーリー。

ネタバレを読む

ラン・オールナイトの紹介:2015年5月16日公開のアメリカ映画。長年の親友だったマフィアのボスの息子を殺してしまい、マフィアだけでなく、買収された警察やスゴ腕の暗殺者からも追われるはめになった殺し屋とその息子の一晩の逃亡劇を描く。

ネタバレを読む

ソロモンの偽証 後篇・裁判の紹介:2015年4月11日公開の日本映画。転落死した同級生の死の謎を巡って、中学生たちが隠された真実を暴こうとする姿を描いた、宮部みゆきの同名小説を2部作として映画化したサスペンス・ミステリーの完結編。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。