「どんでん返し」映画一覧(11ページ目)

レポゼッション・メンの紹介:2010年公開。近未来を舞台に人工心臓を埋め込まれた臓器回収屋の運命を描いた作品。出演は「コールド マウンテン」のジュード・ロウ、「ラストキング・オブ・スコットランド」のフォレスト・ウィテカー。近未来では人工臓器がビジネスとなっていた。高い利子率のローンでユニオン社は莫大な利益を得ている。支払いが遅延した者は回収屋によって臓器を取られてしまう。回収屋として働くレミーは、ある日事故によって人工心臓を移植されてしまうのだが…。

ネタバレを読む

スリーピング・ディクショナリーの紹介:2003年公開。20世紀前半、植民地のインドネシアに派遣されたイギリスの行政官の青年が、「スリーピング・ディクショナリー」と呼ばれる風習に反発しながらも現地の女性と恋をする姿を描いた作品。出演はテレビシリーズ「ダークエンジェル」のジェシカ・アルバ、「モナリザ」のボブ・ホスキンス、「秘密の嘘」のブレンダ・ブレッシン。

ネタバレを読む

アルビノの紹介:2016年製作の日本映画。女性2人が性愛の泥沼に落ちていく姿を、『私の奴隷になりなさい』や『幼獣マメシバ』シリーズなどの亀井亨監督が官能的かつドライに描くラブストーリー。女であることに違和感を抱く主人公が、仕事で訪れた家で若い娘と出会って求め合うようになり、相手とその父親の秘密の関係を知ってバランスを失っていく様子を描く。

ネタバレを読む

4デイズの紹介:2010年公開。アメリカに仕掛けられた核爆弾をテロリストから聞き出し、解除しようとする尋問官やFBI捜査官、軍関係者達の姿を描いた作品。出演は「スター・ウォーズ」シリーズのウィンドゥ役のサミュエル・L・ジャクソン、「マトリックス」シリーズのトリニティー役のキャリー=アン・モス。アメリカ政府に届いた一本のビデオ。ビデオにはアメリカの主要都市に3つの核爆弾を仕掛けた声明が映されていた。犯人のヤンガーを捕らえて、特別尋問官のHとFBI捜査官のブロディは彼から爆弾の場所を聞き出そうとするのだが…。

ネタバレを読む

ザ・タウンの紹介:2010年公開。犯罪多発地域を舞台に、犯罪集団とFBIとの攻防を描いている。「アルマゲドン」「パール・ハーバー」のベン・アフレックが主演と監督した作品。共演には「ハート・ロッカー」のジェレミー・レナー。彼は今作で第83回アカデミー賞助演男優賞にノミネートされた。ボストンのチャールズタウンと呼ばれる地域では、銀行・現金輸送車強盗が多発していた。犯罪プロ集団のダグ達は銀行を手際よく襲うが、女性支店長のクレアを人質にとったことで事態は変わっていく。

ネタバレを読む

処刑人Ⅱの紹介:2009年公開。神の啓示を受け、悪人達を片っ端から処刑するセインツことマクナマス兄弟の活躍を描いた作品。1999年製作の「処刑人」の続編。出演は「インディー・ジョーンズ 若き日の大冒険」のショーン・パトリック・フラナリー、テレビドラマ「ウォーキング・デッド」のノーマン・リーダスなど。前作でイタリアン・マフィアのボス、ジョー・ヤカヴェッタを公衆の面前で始末して8年。友人の神父を何者かに殺され、現場にはセインツが処刑すると残されるコインがあった。事件を聞いて兄弟が再びボストンへ舞い戻る。

ネタバレを読む

リサイクル ―死界―の紹介:ホラー作品を描こうとした新進女流作家が自ら描いた不可思議な世界に迷い込む恐怖をCGとVFX、大規模セットを駆使して描いた、2007年に公開された香港/タイ合作のホラー・ファンタジー映画。原題は「RE-CYCLE 鬼域」。製作/監督/脚本は「the EYE【アイ】」シリーズ、「ゴーストハウス」のオキサイド&ダニーのパンブラザーズ。CG製作はコウ・ファイ。主演は「the EYE」のアンジェリカ・リー。音楽は「影なきリベンジャー 極限探偵C+」のパヨン・パームシット。

ネタバレを読む

悪魔の涙の紹介:2010年製作。無差別殺人事件の犯人逮捕のため、筆跡から犯人の手がかりを探す文字鑑識官の活躍を描いた作品。出演は「スピーシーズ」シリーズのナターシャ・ヘンストリッジほか。多数の人達がいる駅構内で無差別殺人事件が発生する。そして犯人から市長宛てに電話と手紙が届く。2000万ドルの要求にFBI捜査官のルーカスが指揮をとることに。手紙から犯人の手がかりを得るために、元凄腕の文字鑑識官のキンカイドに復帰を求めるルーカスだった。

ネタバレを読む

ドン・ジョンの紹介:2013年公開。ポルノ鑑賞がやめられないプレイボーイの恋愛模様を描いた作品。「(500)日のサマー」「ザ・ウォーク」のジョゼフ・ゴードン=レヴィットが監督・脚本・主演をした。「ママの遺したラヴソング」のスカーレット・ヨハンソン、「エデンより彼方に」のジュリアン・ムーアが出演。プレイボーイでポルノ鑑賞をやめられないジョンは、ある日極上の美女バーバラと出会う。彼女に告白して付き合うことになるのだが…。

ネタバレを読む

バンディッツ(2001年)の紹介:2001年公開のアメリカ映画。ブルース・ウィリス主演によるテンポの良い犯罪ドラマ。銀行強盗コンビと人妻との奇妙な逃避行を描く。強盗シーンのスリルや、登場人物のかけあいのユーモアは絶品!

ネタバレを読む

アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイの紹介:2009年公開。迫力のアクションで悪と戦う者達の姿を描いた作品。2004年公開の「アルティメット」の続編。前作同様、ダミアン役はシリル・ラファエリ、レイト役はダヴィッド・ベル。ダミアンとレイトが活躍して3年、パリの13地区では犯罪が多発していた。ある日、職務質問した警官2人が秘密保安局のDISS達によって殺される。その様子を録画していたサミールがレイトにデータを預けるのだが…。

ネタバレを読む

CAGE ケージの紹介:2014年製作のカナダ映画。世界中のホラー映画祭で数々の賞を受賞したスラッシャーホラー。ハロウィンの夜、人里離れた郊外の屋敷にベビーシッターとしてやって来た女子高生・カイリー。子どもを寝かし付けたところへ、不気味な豚のマスクを被った少年が訪ねて来て…。

ネタバレを読む

エミリー・ローズの紹介:2005年公開。実際にあった悪魔祓いの裁判を基に、超常現象と裁判劇を融合させて描いた作品。女子大学生のエミリーの死によって、悪魔祓いを行ったムーア神父は過失致死罪に問われることに。神父の弁護人になったエリンは教会から証言台に立たせないように指示される。エミリーの死を証言したい神父には理由があったのだ。検察側は薬をやめるのを説得した神父に罪を問うのだが…。

ネタバレを読む

グラスハウスの紹介:2001年公開。両親の事故によって、知り合いの夫妻に引き取られた資産家の姉弟達の恐怖を描いた作品。主演は「ディープ・インパクト」のリリー・ソビエスキー。両親が事故死して、ルビーと弟のレットは知り合いのグラス夫妻に引き取られることに。二人に遺された資産は400万ドルだった。グラス夫妻の家にやってきたルビーは次第に夫妻の不審な行動に気づいていく…。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。