「どんでん返し」映画一覧(18ページ目)

チェンジリングの紹介:2008年制作のアメリカ映画。1920年代に起きた実話をもとに映画化。「チェンジリング」とは「取り替え子」という意味で、自分の子が醜い子に取り替えられるヨーロッパの伝承に基づいた言葉。

ネタバレを読む

アンブレイカブルの紹介:2000年公開のアメリカ映画。映画『シックス・センス』に続いて、M・ナイト・シャマラン監督、ブルース・ウィリス主演のサスペンス。タイトルのアンブレイカブルは「破壊不可能」という意味で、主人公の性質を指している。

ネタバレを読む

さよならドビュッシーの紹介:2013年公開の日本映画。第8回『このミステリーがすごい!』大賞に輝いた中山七里の同名小説の映画化だが、原作と異なる点が幾つかある。火事で全身に火傷を負いながらも、ピアニストを目指す少女を襲う出来事が描かれる。

ネタバレを読む

新・猿の惑星の紹介:1971年公開のアメリカ映画。フランスの作家ピエール・ブウルの同名のSF小説を原作とする。全5作で構成されるシリーズの第3作。消滅した地球からひそかに脱出したコーネリアスとジーラが辿り着いた先には…。

ネタバレを読む

アンノウンの紹介:2011年公開のアメリカ映画。リーアム・ニーソン主演のサスペンス・アクション映画。出張先で事故に遭って自分の人生を何者かに奪われてしまった男が、孤立無援の中で巨大な陰謀に立ち向かう姿を描き出す。二転三転する結末も興味深い。

ネタバレを読む

ものすごくうるさくて、ありえないほど近いの紹介:2011年制作のアメリカ映画。アメリカ同時多発テロで父を亡くした少年の希望と再生を描いた、ジョナサン・サフラン・フォアの同名ベストセラー小説を映画化。

ネタバレを読む

レインメーカーの紹介:1997年制作のアメリカ映画。フランシス・フォード・コッポラ監督のもと、ジョン・グリシャムの小説『原告側弁護人』を映像化した。悪徳が巣食っている法廷に挑む、若い弁護士の苦闘を描いた法廷ドラマである。

ネタバレを読む

インシテミル 7日間のデス・ゲームの紹介:2010年公開の日本映画。米澤穂信のミステリー小説『インシテミル』を、『リング』を手掛けた中田秀夫監督が映像化。大金を得るためにある館を訪れた10人の男女の、生き残りを賭けたゲームが描かれる。

ネタバレを読む

インセプションの紹介:2010年公開のアメリカ映画。人の夢の世界に入り込む企業スパイが、最後の危険なミッションに臨む姿を描いた作品。斬新なストーリー展開と、クリストファー・ノーラン監督独自の、スタイリッシュな映像世界に引き込まれる。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。