「どんでん返し」映画一覧(18ページ目)

ジョーカー・ゲームの紹介:2015年公開の日本映画。柳広司のミステリー小説を、亀梨和也・主演で映画化したスパイ・サスペンス。第二次世界大戦前夜の日本を舞台に、人類の歴史を変える開発の秘密が隠された文書を巡り、各国のスパイたちの戦いを描く。

ネタバレを読む

人狼ゲームの紹介:2013年公開の日本映画。ヨーロッパで伝統的に伝わり、日本でもテレビやネットで人気に火がついた〝人狼ゲーム〟を映画化。理由もわからずに拉致された10人の高校生たちが、生き残りを賭けたゲームに挑む。

ネタバレを読む

デスノート the Last nameの紹介:2006年公開の日本映画。2部連続で映画公開された『デスノート』の後編ならびに完結編にあたる。死神のノートを手に入れた青年と、名探偵・Lとの頭脳対決が始まった。原作とは異なる結末にも注目。

ネタバレを読む

デスノート 前編の紹介:2006年公開の日本映画。人気漫画『DEATH NOTE』を原作とし、公開は邦画史上として初の前・後編の2部連続公開として企画された。死神のノートを手に入れた青年と、彼の周囲で起きる様々な事件を描く。

ネタバレを読む

オール・ユー・ニード・イズ・キルの紹介:2014年公開のアメリカ映画。桜坂洋による日本のライトノベル『All You Need Is Kill』を原作に、トム・クルーズ主演のSFアクション映画。何度も同じ日を繰り返す男が、現状を打破する話。

ネタバレを読む

サプライズ(2011年)の紹介:2011年制作のアメリカ映画。日本では2013年11月に公開。両親の結婚35周年を祝うために集まった10人の家族が、動物のマスクを被った謎の集団の襲撃に遭い殺される様を描く。意外な結末にもおどろき。

ネタバレを読む

夜明けの街で(東野圭吾・原作)の紹介:2011年公開の日本映画。国民的推理作家・東野圭吾の同名ベストセラーを『沈まぬ太陽』の若松節朗監督が映画化。殺人容疑で時効間近の女性と、女性を愛した妻子持ちの男性の恋愛を描く。

ネタバレを読む

プレステージ(2006年)の紹介:2006年制作のアメリカ映画。過去の因縁で競い合う2人のマジシャンを描くサスペンス映画で、主役のマジシャンをヒュー・ジャックマンとクリスチャン・ベールが演じた。タイトルはマジシャン用語で「偉業」という意。

ネタバレを読む

探偵物語(1983年)の紹介:1983年公開の日本映画。赤川次郎の同名小説を映画化。終盤の薬師丸と松田の10分を越えるワンショットと長時間にわたってのディープキスによる描写シーンは新たな映像表現として評価され、話題になった。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。