「どんでん返し」映画一覧(2ページ目)

ダークレインの紹介:2015年製作のメキシコ映画。雨により感染する伝染病の恐怖を描き、シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭などで話題となったメキシコ発のパニックホラー。世界中を襲う豪雨によって外見も内面も変貌する伝染病が発生、雨の中に潜む何かを恐れ、理性を失っていく人々の姿を映し出す。

ネタバレを読む

パーフェクトマン 完全犯罪の紹介:2017年1月21日公開のフランス映画。『イヴ・サンローラン』のピエール・ニネ主演によるフレンチサスペンス。作家志望の青年・マチューは、遺品整理の仕事中に故人の日記を見つける。彼はそれを盗作してベストセラー作家となるが、ある日「盗んだものの代償を支払え」と男から脅迫され…。

ネタバレを読む

インビテーション(2015年)の紹介:2015年製作のアメリカ映画。シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭2015で最優秀長編映画賞に輝いたスリラー。音信不通だった元妻からパーティーに招かれた男が、思わぬ事態に直面する。

ネタバレを読む

豚小屋(2009年)の紹介:2009年製作のアメリカ映画。恋人の暴力から逃れてアトランタへやってきた女性・フェイスが、知り合ったローラという女性のところへ身を寄せる。ところがある日、ローラの周辺で謎の失踪事件が続き、豚小屋が気になったフェイスが侵入すると…。

ネタバレを読む

ドント・ブリーズの紹介:2016年公開のアメリカ映画。盲目の老人宅に強盗に入った若者たちが体験する、恐怖と脱出劇を描くサスペンスホラー。伝説的ホラー『死霊のはらわた』のリメイク版で監督を務めたフェデ・アルバレスが監督を、サム・ライミがプロデューサーを担当。

ネタバレを読む

キラー・スナイパーの紹介:2011年公開のアメリカ映画。多額の借金を背負った男性が、殺し屋に母親殺しを頼んで、家族と共に保険金を手に入れるために起こる騒動を描いた作品。ウィリアム・フリードキンが監督、トレイシー・レッツが脚本・原作、マシュー・マコノヒーとエミール・ハーシュ主演で贈るアメリカ合衆国の南部ゴシック・コメディ。

ネタバレを読む

アブノーマル・ウォッチャーの紹介:2015年製作のアメリカ映画。新婚夫婦の生活を監視カメラで覗き見する家主がもたらす恐怖を描いたサイコホラー。郊外の庭付き一軒家に引っ越してきた新婚夫婦のライアンとクレアが、暴走する家主の災難に遭遇する…。

ネタバレを読む

ザ・ギフトの紹介:2015年製作のアメリカ映画。平穏な毎日を過ごしていた夫婦が、夫の旧友との再会を機に次々と届けられる贈り物に悩まされ、恐ろしい出来事に巻き込まれていく…。エドガートンが監督、製作・脚本を担当、さらに不気味な旧友ゴード役を怪演する。

ネタバレを読む

ロスト・メモリーの紹介:2012年制作のドイツ映画。かつて親友同士だった二人の女性が再会し、失われた記憶をたどるうちに恐ろしい事実が明らかになっていく様を描いている。海外の映画祭で高い評価を得たサスペンス・スリラー。

ネタバレを読む

イン&アウトの紹介:1997年製作のアメリカ映画。結婚式を目前に控えた高校教師が、オスカー賞授賞式で自分の教え子にゲイだと公表されたことから巻き込まれる騒動を描いた映画。トム・ハンクスが「フィラデルフィア」(93)でアカデミー主演男優賞を受賞した際、スピーチでゲイである恩師に感謝した実話を基に作られた。

ネタバレを読む

大誘拐 RAINBOW KIDSの紹介:1991年公開の日本映画。82歳の小柄な大金持ちの老女が誘拐された。しかし実行犯の三人組の若者と国家権力とマスコミを手玉に取り、まんまと100億円をせしめるという痛快なクライムサスペンス。日本推理作家協会賞を受賞した、天藤真の同名作品を映画化。

ネタバレを読む

ラストマン・スタンディングの紹介:1996年製作のアメリカ映画。黒澤明・監督、三船敏郎・主演の日本の映画『用心棒』を、禁酒法時代の西部の町に舞台を置き換えて忠実にリメイクした作品。対立する二組のギャング組織の抗争の渦中に飛び込んだ男の活躍を描くハードボイルド・アクション。

ネタバレを読む

あなたになら言える秘密のことの紹介:2005年公開のスペイン映画。心に深い傷を負い、誰にも言えない秘密を抱える女性の再生を繊細に描いた作品。監督・脚本はイザベル・コイシェが務め、サラ・ポーリー、ティム・ロビンス共演で贈る感動の物語。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。