「どんでん返し」映画一覧(20ページ目)

プレステージ(2006年)の紹介:2006年制作のアメリカ映画。過去の因縁で競い合う2人のマジシャンを描くサスペンス映画で、主役のマジシャンをヒュー・ジャックマンとクリスチャン・ベールが演じた。タイトルはマジシャン用語で「偉業」という意。

ネタバレを読む

探偵物語(1983年)の紹介:1983年公開の日本映画。赤川次郎の同名小説を映画化。終盤の薬師丸と松田の10分を越えるワンショットと長時間にわたってのディープキスによる描写シーンは新たな映像表現として評価され、話題になった。

ネタバレを読む

プリンセス トヨトミの紹介:2011年公開の日本映画。万城目学の小説『プリンセス・トヨトミ』を原作とする。国家予算の使途を調査するために大阪を訪れた会計検査院の3人の調査官が、大阪にまつわる底知れぬ謎に巻き込まれていく姿を描いた作品。

ネタバレを読む

ゲノムハザード ある天才科学者の5日間の紹介:2014年公開の日本&韓国合作映画。日韓共同投資や両国俳優の共演だけではなく、日韓両国が共同で企画、製作、配給を行うという形をとっている。記憶を上書きされた天才科学者の奮闘を描いた作品。

ネタバレを読む

チェンジリングの紹介:2008年制作のアメリカ映画。1920年代に起きた実話をもとに映画化。「チェンジリング」とは「取り替え子」という意味で、自分の子が醜い子に取り替えられるヨーロッパの伝承に基づいた言葉。

ネタバレを読む

アンブレイカブルの紹介:2000年公開のアメリカ映画。映画『シックス・センス』に続いて、M・ナイト・シャマラン監督、ブルース・ウィリス主演のサスペンス。タイトルのアンブレイカブルは「破壊不可能」「不滅の肉体を持つ者」という意味で、主人公の性質を指している。

ネタバレを読む

ブラック・スワンの紹介:2010年製作のアメリカ映画。ダーレン・アロノフスキー監督によるサイコスリラー映画。バレエ『白鳥の湖』の主演に抜擢され、潔白な白鳥と官能的な黒鳥の二つを演じることになったバレリーナが、プレッシャーにより徐々に精神が崩壊していく様を描く。主演のバレリーナ役を『レオン』のナタリー・ポートマンが演じる。第83回アカデミー賞にて5部門で候補に挙がり、アカデミー主演女優賞ほか多数の賞を受賞。

ネタバレを読む

さよならドビュッシーの紹介:2013年公開の日本映画。第8回『このミステリーがすごい!』大賞に輝いた中山七里の同名小説の映画化だが、原作と異なる点が幾つかある。火事で全身に火傷を負いながらも、ピアニストを目指す少女を襲う出来事が描かれる。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。