「どんでん返し」映画一覧(4ページ目)

ロスト・アイズの紹介:失明し自殺した双子の姉の死の真相を探るうち、自らも視力を失っていき追い詰められていく妹がたどり着く真実とは。じりじりと視界が狭まって行く中、殺人鬼と対峙する恐怖を描いた、2011年公開のスペインのサスペンス・ホラー映画。製作は「パンズ・ラビリンス」「ヘルボーイ」のギレルモ・デル・トロ。監督/脚本は「消えた来客」の新鋭ギリェム・モラレス、共同脚本は「ロスト・ボディ」のオリオル・パウロ。音楽は「クリムゾン・ピーク」のフェルナンド・ベラスケス。ヒロインフリアを「永遠のこどもたち」「海を飛ぶ夢」のベレン・ルエダが演じている。

ネタバレを読む

ベストセラー(2010年韓国)の紹介:盗作疑惑で失墜した女流ベストセラー作家が、田舎の湖畔にある古い屋敷で執筆を始めるもののスランプで全く筆が進まない。やがて幼い娘がその家に棲むモノの声を聞くようになり、彼女は娘から聞いたその話に再起をかけるが…。2010年公開の韓国のホラー・サスペンス。「さまよう刃」のイ・ジョンホ監督の長編デビュー作。主演は「悪魔は誰だ」「TSUNAMI-ツナミ-」のオム・ジョンファ、その夫役を「カエル少年失踪殺人事件」「ファン・ジニ 映画版」のリュ・スンリョンが演じている。

ネタバレを読む

情愛の代償の紹介:2015年製作の韓国映画。殺人の容疑を掛けられた女性と、彼女の無実を証明したモーテル主人の関係を描いたエロティックサスペンス。結婚式を翌日に控えた昔の恋人とモーテルで最後の夜を過ごしたガイン。だが、彼が謎の死を遂げてしまい、ガインは容疑者となるが…。

ネタバレを読む

裏切りのサーカスの紹介:2011年公開。イギリス諜報部に潜伏する2重スパイを探し出すため、引退していたベテランスパイが捜査に乗り出して活躍する姿を描いた作品。ジョン・ル・カレの小説が原作。監督は「ぼくのエリ 200歳の少女」のトーマス・アルフレッドソン。豪華な出演者には「ドラキュラ」のゲイリー・オールドマン、「英国王のスピーチ」のコリン・ファース、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のトム・ハーディ、「エレファント・マン」のジョン・ハートなど。

ネタバレを読む

バーバーの紹介:退屈な日々を送る理髪師に転機が訪れる。彼が思いついたちょっとした恐喝は、悪夢のような日々の始まりだった。
共作で数々の名作を世に送り出したアメリカのコーエン兄弟監督・脚本によるクライムサスペンス。2001年カンヌ国際映画祭最優秀監督賞、ナショナル・ボード・オブ・レビュー最優秀主演男優賞を受賞したほか、多数の賞を獲得した。原題は『The Man Who Wasn’t There』。

ネタバレを読む

そして友よ、静かに死ねの紹介:2011年公開のフランス映画。1970年初頭のリヨンのギャングの事件をフィクションを交えて描いた作品。原作はエドモン・ヴィダルの自叙伝「さくらんぼ、ひとつかみで」。監督は「あるいは裏切りという名の犬」のオリヴィエ・マルシャル。

ネタバレを読む

ボビーZの紹介:2007年公開のアメリカ映画。元海兵隊員で囚人の男が、伝説の人物になりすまして困難に立ち向かう姿を描いた作品。ドン・ウィンズロウの小説が原作。監督は「15ミニッツ」のジョン・ハーツフェルド。主演は「ワイルド・スピード」シリーズのポール・ウォーカー。脇を固めるのは「マトリックス」シリーズのローレンス・フィッシュバーン、「トロン:レガシー」のオリヴィア・ワイルド。

ネタバレを読む

怪奇異星物体の紹介:閉塞感の強い田舎町の小学校に赴任した心理療法士が、変わり者の少年と出会い、彼の過去を知るうち超常現象に巻き込まれていくと言う2001年に制作されたSF・ホラー。「ターミネーター2」「ジュラシックパーク」等で4度のアカデミー賞を獲得しているスタン・ウィンストン・スタジオが手掛けた、2000年制作のアメリカのTVMシリーズ「クリチャー・フィーチャーズ」全5作のうちの1作。オリジナルは ロジャー・コーマン監督の「原子怪獣と裸女」(1956年)。監督は「ホテル・スプレンディッド」のテレンス・グロス、脚本は「クモ男の復讐」のマックス・エンスコーとアニー・デヤング。音楽は「エルム街の悪夢」(1984年)のチャールズ・バーンスタイン。主演は「テス」「キャット・ピープル」のナスターシャ・キンスキー。

ネタバレを読む

ビッグ・リボウスキの紹介:1998年公開。同じ名前の富豪と間違われた男性が、富豪の妻の誘拐事件に巻き込まれた騒動を描いた作品。監督・脚本・制作は「ファーゴ」のコーエン兄弟。出演は「クレイジー・ハート」のジェフ・ブリッジス、「エデンより彼方に」のジュリアン・ムーア、「カポーティ」のフィリップ・シーモア・ホフマン。

ネタバレを読む

復讐したいの紹介:2016年公開の日本映画。実写化が相次ぐ山田悠介のホラー小説を、名古屋を拠点にするタレント集団『BOYS AND MEN』の水野勝を主演に据えて映画化。一定条件下で被害者やその親族による犯人への制裁を認める法律が成立し、妻を失った男が復讐に乗り出す。監督・脚本は「デスマッチ」の室賀厚。水野が妻を失った中学校教師を、「キカイダー REBOOT」の高橋メアリージュンが妻と犯罪者の二役を演じる。

ネタバレを読む

大洗にも星はふるなりの紹介:2009年公開の日本映画。『勇者ヨシヒコ』シリーズ、『HK変態仮面』の福田雄一による恋愛狂想曲。勘違い男、ミーハー弁護士、サメマニアの大学生など7人の男たちが憧れのマドンナをめぐって、大騒動を展開する。

ネタバレを読む

ドンファン(1995年)の紹介:1995年公開。伝説の色男ドンファンを名乗る謎の青年の恋を描いたラブロマンス。アカデミー賞では歌曲賞に、ゴールデングローブ賞では作曲賞と主題歌賞にノミネートされた。制作には「ゴッドファーザー」シリーズのフランシス・フォード・コッポラが参加し、音楽は「ロビン・フッド」のマイケル・ケイメンが担当した。出演は20世紀最高の俳優と名高いマーロン・ブランド、「シザーハンズ」のジョニー・デップ、「俺たちに明日はない」のボニー役のフェイ・ダナウェイなど。

ネタバレを読む

モール★コップの紹介:2009年公開のアクション・コメディ映画。ショッピングモールの警備員ことダメ男のポールが、立てこもり事件に巻き込まれた大好きなエイミーを助けるために大活躍する姿を描いた作品。制作には「50回目のファースト・キス」のアダム・サンドラーが参加。出演は「闘魂先生 Mr.ネバーギブアップ」のケヴィン・ジェームス、テレビシリーズ「glee/グリー」のジェイマ・メイズ、「雨のなかの女」のシャーリー・ナイトなど。

ネタバレを読む

機械じかけの小児病棟の紹介:英国レイト島の古い小児病院に臨時雇いで入った看護師が、そこに棲む”機械の少女”の恐怖に晒される、2005年公開のスペインのホラー・サスペンス映画。病と闘いながらも怯え、時には彼女を援護もする子供たちの姿は胸に迫り、サスペンスとしての結末も秀逸。原題は「fragile」(もろい、壊れやすい、虚弱な、儚い等の意)。監督・脚本は「REC/レック」「ダークネス」のジャウマ・パラゲロ。主演は「アリー my Love」のキャリスタ・フロックハートと「ヴァン・ヘルシング」のリチャード・ロクスバーグ。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。