「どんでん返し」映画一覧(4ページ目)

ストーミー・ナイトの紹介:1999年製作のインドのサスペンス映画。ある嵐の夜、豪邸で一人留守番をする女性の元に、陽気なビジネスマン風の男がやってきてなんだかんだと粘り居座られる羽目に。男は満面笑顔でしゃべり続けるものの、やがてゾッとする一面が見え始め…。監督は近代インド映画の三大監督と言われるラム・ゴパル・ヴァルマ。

ネタバレを読む

ストーン(2010年)の紹介:2010年公開のアメリカ映画。ロバート・デ・ニーロ&エドワード・ノートンというハリウッドを代表する2大演技派スターが9年ぶりに共演を果たしたサスペンス。妖艶な人妻に翻弄されていく仮釈放管理官と服役囚の心理をリアルに映し出す。

ネタバレを読む

サイド・エフェクトの紹介:2013年公開のアメリカ映画。薬の副作用で夫を殺害した女性と、その悲劇の真相を突き止めようとする精神科医の様を描いている。スティーヴン・ソダーバーグが監督を務め、ジュード・ロウ、ルーニー・マーラ、キャサリン・ゼダ=ジョーンズ、チャニング・テイタムらが出演。

ネタバレを読む

テイク・シェルターの紹介:2011年公開のアメリカ映画。竜巻への異常な恐怖を感じた男が、家族を守るためにシェルター作りに没頭していく姿を描いている。カンヌ国際映画祭など、様々な映画祭で受賞やノミネートした作品。

ネタバレを読む

オー・マイ・ゼット!の紹介:2016年11月5日公開の日本映画。お笑いトリオ“東京03”の角田晃広が映画初主演を務めるホラーコメディー。全国民を震撼させたゾンビパニック終息後、わずかに生き残ったゾンビが一部の好事家によって取引され、ペットとして人気を博していた。そんな中、一体のゾンビがある家に迷い込み……。

ネタバレを読む

デスノート Light up the NEW worldの紹介:2016年10月29日公開の日本映画。名前を書いた人間を死なせる事ができる死神のノート〝デスノート〟を巡っての攻防を描いた人気コミック「デスノート」。同作の実写映画版の続編。キラとLとの対決から10年後を舞台に、6冊のデスノートを手に入れようとする人々による壮絶な頭脳戦が繰り広げられる。

ネタバレを読む

ダークレインの紹介:2015年製作のメキシコ映画。雨により感染する伝染病の恐怖を描き、シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭などで話題となったメキシコ発のパニックホラー。世界中を襲う豪雨によって外見も内面も変貌する伝染病が発生、雨の中に潜む何かを恐れ、理性を失っていく人々の姿を映し出す。

ネタバレを読む

パーフェクトマン 完全犯罪の紹介:2017年1月21日公開のフランス映画。『イヴ・サンローラン』のピエール・ニネ主演によるフレンチサスペンス。作家志望の青年・マチューは、遺品整理の仕事中に故人の日記を見つける。彼はそれを盗作してベストセラー作家となるが、ある日「盗んだものの代償を支払え」と男から脅迫され…。

ネタバレを読む

インビテーション(2015年)の紹介:2015年製作のアメリカ映画。シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭2015で最優秀長編映画賞に輝いたスリラー。音信不通だった元妻からパーティーに招かれた男が、思わぬ事態に直面する。

ネタバレを読む

豚小屋(2009年)の紹介:2009年製作のアメリカ映画。恋人の暴力から逃れてアトランタへやってきた女性・フェイスが、知り合ったローラという女性のところへ身を寄せる。ところがある日、ローラの周辺で謎の失踪事件が続き、豚小屋が気になったフェイスが侵入すると…。

ネタバレを読む

ドント・ブリーズの紹介:2016年公開のアメリカ映画。盲目の老人宅に強盗に入った若者たちが体験する、恐怖と脱出劇を描くサスペンスホラー。伝説的ホラー『死霊のはらわた』のリメイク版で監督を務めたフェデ・アルバレスが監督を、サム・ライミがプロデューサーを担当。

ネタバレを読む

キラー・スナイパーの紹介:2011年公開のアメリカ映画。多額の借金を背負った男性が、殺し屋に母親殺しを頼んで、家族と共に保険金を手に入れるために起こる騒動を描いた作品。ウィリアム・フリードキンが監督、トレイシー・レッツが脚本・原作、マシュー・マコノヒーとエミール・ハーシュ主演で贈るアメリカ合衆国の南部ゴシック・コメディ。

ネタバレを読む

アブノーマル・ウォッチャーの紹介:2015年製作のアメリカ映画。新婚夫婦の生活を監視カメラで覗き見する家主がもたらす恐怖を描いたサイコホラー。郊外の庭付き一軒家に引っ越してきた新婚夫婦のライアンとクレアが、暴走する家主の災難に遭遇する…。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。