「ハラハラドキドキ」映画一覧

サマー・ヴェンデッタの紹介:2016年製作のフィンランド映画。世界を震撼させた「ボドム湖殺人事件」を元に描くシチュエーションホラー。1960年夏、フィンランドのボドム湖で起きた未解決の殺人事件。イーダたち4人はその謎を解明すべく事件現場を訪れ、当時と同じシチュエーションの再現を試みるが…。

ネタバレを読む

ウルフ・アット・ザ・ドアの紹介:2016年製作のアメリカ映画。『アナベル 死霊館の人形』のジョン・R・レオネッティ監督によるサスペンススリラー。とある瀟洒な家に集まり、パーティーを楽しんでいた男女4人。そこへ殺意を持った侵入者たちが忍び寄り…。

ネタバレを読む

バイオハザード ダムネーションの紹介:2012年公開のフルCGアニメ映画。内乱が激化する国に単独潜入したエージェントの姿を描いている。「バイオハザード ディジェネレーション」の続編。原案はカプコンのゲーム「バイオハザードシリーズ」。前作のスタッフが再結集し、絶体絶命の状況の中でも前進する主人公の姿が映し出される。

ネタバレを読む

鈍獣の紹介:2009年公開の日本映画。宮藤官九郎が手がけた同名の戯曲を、宮藤自身の脚色によって映画化。失踪中のある小説家と、彼を取り巻く超個性的な面々の衝撃の関係を独特の世界観で描く。これまでにない明るさで不死身の主人公を演じるのは、『モンゴル』の浅野忠信。共演者も北村一輝や真木よう子、ユースケ・サンタマリアら人気と実力を備えた役者が集まる。

ネタバレを読む

アイ・カム・ウィズ・ザ・レインの紹介:2009年製作のフランス映画。日本の俳優・木村拓哉が、ハリウッド俳優ジョシュ・ハートネット、韓国の大スター、イ・ビョンホンと共演したサスペンス超大作。キムタク演じる他人の傷や痛みを自分の体に引き受ける特殊能力を持つ男をめぐり、香港マフィアも巻き込む壮絶な逃走劇がアメリカ、フィリピン、香港をまたぐ壮大なスケールで展開する。

ネタバレを読む

ダーケストアワー 消滅(2011年)の紹介:2011年公開のSFスリラー。モスクワを舞台に、地球を侵略してくるエイリアンに立ち向かう人々の姿を描いている。「プロメテウス」のジョン・スペイツが脚本を、「ウォンテッド」のティムール・ベクマンベトフが製作を務めた作品。主演はエミール・ハーシュ、オリヴィア・サールビーやマックス・ミンゲラも出演。

ネタバレを読む

ファイナルガールの紹介:2014年製作のアメリカ&カナダ映画。アビゲイル・ブレスリンが殺し屋女子高生を演じたスラッシャーアクション。夜な夜なガールズハンティングを楽しんでいた男子高校生集団。ある晩、好みのブロンド美女を連れ込むことに成功するが、その美女は殺し屋に育てられた少女だった…。

ネタバレを読む

荊棘(バラ)の秘密の紹介:2015年製作の韓国映画。『私の頭の中の消しゴム』のソン・イェジン主演によるサスペンススリラー。国会議員に立候補したチョンチャンの娘が選挙を15日後に控えたある日、失踪する。妻のヨンホは選挙しか頭にないチョンチャンに怒り絶望し、ひとりで手掛かりを探し始めるが…。

ネタバレを読む

アメリカン・バーガーの紹介:2014年製作のスウェーデン映画。ヨーロッパのバス旅行にやってきたアメリカ人の学生たち。バスが向かった先は、人間の肉を100%使ったハンバーガーの食肉調達場だった…。アメリカン・バーガーの原材料として連れてこられた学生たちが恐怖に直面する、不条理なコメディ・ホラー。

ネタバレを読む

スペクトルの紹介:2016年公開のアメリカ映画。争いの続く国を舞台に、視認できない正体不明の敵を相手に、特殊部隊の兵士と技術者が立ち向かう姿を描いたSFアクションスリラー。多彩な武器や装甲車などが登場し、特殊効果と迫力のある映像に注目。出演者にはジェームズ・バッジ・デール、エミリー・モーティマー、ブルース・グリーンウッドらが名を連ねる。

ネタバレを読む

シャルロット・フォー・エヴァーの紹介:父と娘の近親相姦的な愛情や憎しみが密室で繰り広げられる、妖しくエキセントリックな人間ドラマ。
フランスカルチャーのアイコンであるセルジュ・ゲンズブールが監督、脚本、音楽を手掛けた1986年の公開作。実の娘シャルロット・ゲンズブールと濃密な役で共演し、シャルロットにとっては主演第2作目となった。

ネタバレを読む

ポゼッション・エクスペリメントの紹介:2015年製作のアメリカ映画。自ら悪魔に取り憑かれ、悪魔祓いの様子をライブ配信する青年に襲い掛かる恐怖を描いたエクソシズムホラー。大学生のブレンダンは悪魔の存在を世間に知らしめるべく、霊媒師らと共に悪魔を呼び出し、その一部始終をネットで配信するが…。

ネタバレを読む

クリムゾン・タイドの紹介:1995年のアメリカ映画。ロシアの反乱に端を発する核戦争の危機に際し、究極の選択を強いられたアメリカ海軍の攻撃型原潜の物語。監督はCMディレクター出身で、『トップガン』『ビバリーヒルズ・コップ2』など数多くの大ヒット作を製作してきたトニー・スコット。製作はドン・シンプソンとジェリー・ブラッカイマーのヒットメーカーコンビ。またクレジットには記載されていないが、脚本のリライトにクエンティン・タランティーノが参加している。1995年度のアカデミー賞では音響効果賞、音響賞、編集賞などにノミネートされ、翌年のMTVムービー・アワードでは主演のデンゼル・ワシントンが男優賞にノミネートされた。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。