「ハラハラドキドキ」映画一覧(18ページ目)

ギャザリングの紹介:偶然発見された2000年前の教会遺跡の奇妙な石像に隠された真実”ギャザリング”とは…という、2002年に公開されたイギリスのオカルト・ホラー映画。地味な演出ながら”彼ら”は不気味で、キャシー役クリスティーナ・リッチの魅力も申し分のない佳作です。監督は「オスカー・ワイルド」「星の流れる果て」のブライアン・ギルバート。脚本は「アレックス・ライダー」のアンソニー・ホロヴィッツ。音楽は「トリスタンとイゾルデ」のアン・ダッドリー。

ネタバレを読む

甘い罠の紹介:心に潜む悪、人間の表裏や嫉妬を描いたサイコ・サスペンス。サスペンスの巨匠クロード・シャブロル監督が、ミステリー小説『見えない蜘蛛の巣』を映画化。フランス・スイスの合作で2000年に公開。日本ではクロード監督の未公開傑作として、今作を含む3作品を2011年に限られた劇場のみで公開された。

ネタバレを読む

マシニストの紹介:冷蔵庫の扉に貼られた身に覚えのない奇妙なメモから、幻覚と現実の狭間に落ちてゆく不眠症の男を「ダークナイト」などバットマン役で知られるクリスチャン・ベイルが30㎏減量して演じ話題となった、2004年公開のスペイン/アメリカ合作のサイコ・サスペンス映画です。監督は「セッション9」のブラッド・アンダーソン、脚本は「テキサス・チェーンソー」のスコット・コーサー。

ネタバレを読む

人形霊の紹介:愛された人形に魂が宿り、持ち主を恋慕うあまり人間に復讐するという、2004年公開の韓国のホラー映画。森の中の人形美術館に、球体関節人形のモデルとして招かれた5人の若者たち。彼らが招かれた本当の理由を知った時、人形たちの復讐が始まります。監督・脚本は「カップルズ 恋のから騒ぎ」「家門の危機」のチョン・ヨンギで、本作が長編デビュー作です。

ネタバレを読む

ヘンゼルとグレーテル(2007年韓国)の紹介:グリム童話「ヘンゼルとグレーテル」をベースにした2007年公開の韓国のダーク・ファンタジー映画です。監督は「南極日誌」「愛のタリオ」のイム・ピルソン、音楽は「王の男」のイ・ビョンウ。切なく胸に迫るストーリーもさることながら、秘密めいた毒を含む可愛い子供たちや、繊細に作り込まれた”お菓子の家”のディティールは、ダークファンタジー好きにはたまらない魅力を醸しています。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。