「ハラハラドキドキ」映画一覧(4ページ目)

トム・ホランドの世にも恐怖な物語の紹介:「フライトナイト」「チャイルドプレイ」のトム・ホランドが製作総指揮・監督・脚本、案内役として出演もしている2014年制作のホラー・オムニバス。遺志を持つカーナビ、人間の内面を映す魔法の鏡、解除不能の夫婦愛、電磁パルスやとぼけたピザ屋による人類滅亡の危機等々、おかしくて怖い144分。

ネタバレを読む

デスノート Light up the NEW worldの紹介:2016年10月29日公開の日本映画。名前を書いた人間を死なせる事ができる死神のノート〝デスノート〟を巡っての攻防を描いた人気コミック「デスノート」。同作の実写映画版の続編。キラとLとの対決から10年後を舞台に、6冊のデスノートを手に入れようとする人々による壮絶な頭脳戦が繰り広げられる。

ネタバレを読む

ファンタスティック Mr.FOXの紹介:2009年のアニメーション映画。「チャーリーとチョコレート工場」などで知られるロアルド・ダールの原作小説「父さんギツネバンザイ」を基に、ウェス・アンダーソンが監督した。日本公開は2011年。

ネタバレを読む

アンダーワールド:ブラッド・ウォーズの紹介:2016年製作のアメリカ映画。ケイト・ベッキンセールが狼男族ライカンと戦うヴァンパイア族の戦士セリーンを演じる人気アクション・シリーズの第5作。セリーンと新たなリーダー、マリウスの統率で勢力を強めるライカンとの攻防が描かれる。

ネタバレを読む

ボーダレス ぼくの船の国境線の紹介:国境近くの廃船に暮らす少年と船に侵入してきた人との心の交流を描いたヒューマンドラマ。
これまで多くの作品で助監督を務めたイランのアミルホセイン・アスガリの初監督・脚本作。2014年製作の作品で日本では2015年に順次公開され、現在も数カ所の映画館で上映が続いている。第33回ファジル国際映画祭審査員特別グランプリ、第27回東京国際映画祭「アジアの未来」作品賞をはじめ、多くの賞に輝いた。

ネタバレを読む

ゴースト・ハウスの紹介:ノースダコタの田舎町の古家で、農業を営みつつ家族関係の修復を図ろうと越してきたソロモン一家。けれど幼い長男ベンは早々に不気味な存在に気づくが話せず、10代の長女ジェスは両親に訴えるが聞き入れられず…という2007年製作のホラー映画。製作は「死霊のはらわた」「スパイダーマン」シリーズのサム・ライミ他。監督は「the EYE」シリーズのパン・ブラザーズで本作がハリウッドデビュー作となった。主演は「トワイライト」シリーズ、「アクトレス 女たちの舞台」のクリステン・スチュワート。

ネタバレを読む

ワイルドバンチの紹介:1969年製作のアメリカ映画で、時代に取り残される老いたアウトローの姿を描いた叙事詩的西部劇。サム・ペキンパー監督の圧倒的な演出による生々しいバイオレンスシーンは論争を呼び、興行収入面でも大きな成功を収めた。強盗集団「ワイルドバンチ」が金のため、そして仲間のために戦う姿を描いていく。

ネタバレを読む

オール・イズ・ロスト ~最後の手紙~の紹介:2013年公開のアメリカ映画。ヨットで航海の旅をしていた男性が、事故によって危機的な状況に陥りながらも生きようとする強さを描いた作品。長編2作目となるJ・C・チャンダーが監督・脚本を務め、唯一の登場人物を大ベテランのロバート・レッドフォードが演じる。

ネタバレを読む

パーフェクトマン 完全犯罪の紹介:2017年1月21日公開のフランス映画。『イヴ・サンローラン』のピエール・ニネ主演によるフレンチサスペンス。作家志望の青年・マチューは、遺品整理の仕事中に故人の日記を見つける。彼はそれを盗作してベストセラー作家となるが、ある日「盗んだものの代償を支払え」と男から脅迫され…。

ネタバレを読む

インビテーション(2015年)の紹介:2015年製作のアメリカ映画。シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭2015で最優秀長編映画賞に輝いたスリラー。音信不通だった元妻からパーティーに招かれた男が、思わぬ事態に直面する。

ネタバレを読む

無限の住人の紹介:2017年の日本映画。講談社「月刊アフタヌーン」で連載された沙村広明の同名原作漫画をもとに、『クローズZERO』『サラリーマン金太郎』『忍たま乱太郎』など数多くの人気漫画の実写化で知られる三池崇史が監督した。配給はワーナー・ブラザース。主演は元SMAPの木村拓哉で、『武士の一分』以来2度目の時代劇となる。不死身の人斬りと武力のみを信条とする剣客集団との血塗れの死闘を描き、日本ではPG12指定で公開された。

ネタバレを読む

ワイルド・アパッチの紹介:1972年製作のアメリカ映画で、抑圧される先住民の姿にも焦点を向けた修正西部劇作品。1880年代に起きたアパッチ族のウルザナの襲撃事件に基づいた物語で、保留地を脱走した先住民と白人騎兵部隊の戦いを描く。「何がジェーンに起ったか?」のロバート・アルドリッチ監督がメガホンを取り、オスカー俳優バート・ランカスターが主人公のベテラン斥候を演じた。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。