「ハラハラドキドキ」映画一覧(4ページ目)

デビル(1997年)の紹介:1997年公開のアメリカ映画。IRAの実行隊長とアイリッシュ系アメリカ人警官の対決を描いたサスペンス・アクション。監督は「ペリカン文書」のアラン・J・パクラ。今作は彼が最後に監督を務めた作品。音楽は「タイタニック」のジェームズ・ホーナー。主演は「インディ・ジョーンズ」シリーズのハリソン・フォードと「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」のブラッド・ピット。

ネタバレを読む

パーフェクト・ルームの紹介:2014年製作のアメリカ映画。5人の友人同士で共有する秘密の部屋で見つかった死体をめぐる謎を描き、2008年にベルギーで大ヒットした「ロフト.」のハリウッドリメイク版。監督はオリジナル版を手がけたエリク・ヴァン・ローイ。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

ネタバレを読む

完全犯罪クラブの紹介:2002年公開。完全犯罪を成し遂げようとする少年二人と、彼らを追い込む刑事の姿を描いた作品。題材はレオポルドとローブの事件。監督は「ルームメイト」のバーべット・シュローダー。音楽は「ノア 約束の船」のクリント・マンセル。主演は「ゼロ・グラビティ」のサンドラ・ブロック。「きみに読む物語」のライアン・ゴズリングや「シルク」のマイケル・ピットも出演。

ネタバレを読む

ミュンヘンの紹介:2005年公開。1972年、ミュンヘン・オリンピックで起きたイスラエル選手団襲撃事件に対して、暗殺チームが行った報復を描いた作品。アカデミー賞では、5部門にノミネートされた。監督は「戦火の馬」のスティーヴン・スピルバーグ。音楽は「スター・ウォーズ」シリーズのジョン・ウィリアムズ。主演は「ハルク」のエリック・バナ。6代目ジェームズ・ボンドのダニエル・クレイグや「天使と悪魔」のアイェレット・ゾラーも出演。

ネタバレを読む

ウォーリアーの紹介:2011年公開のアメリカ映画。総合格闘技を通して、二人の兄弟をメインに人々との絆を描いた作品。監督・脚本・制作は「ミラクル」のギャヴィン・オコナー。主演は「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のトム・ハーディと「ティモシーの小さな奇跡」のジョエル・エドガートン。「白い刻印」のニック・ノルティや「ルール2」のジェニファー・モリソン、「パージ:アナーキー」のフランク・グリロも出演。

ネタバレを読む

トワイライトゾーン/超次元の体験の紹介:往年の人気TVドラマ「トワイライトゾーン」(1959~1964年放送)のリメイク作品で、1983年公開のオムニバス・SFホラー・ファンタジー。製作はスティーヴン・スピルバーグとジョン・ランディス。各話をジョン・ランディス、スティーブン・スピルバーグ、ジョージ・ミラー、ジョー・ダンテの4大監督が手掛けた。主人公をダン・エイクロイド、ヴィック・モロー、スキャットマン・クローザース、ジョン・リスゴーが演じ、ヴィック・モローは本作の撮影中の事故で亡くなり遺作となった。音楽はジェリー・ゴールドスミス。懐かしいテーマ曲とクリーデンス・クリアウォーター・リバイバルの「ミッドナイトスペシャル」は特に印象的。

ネタバレを読む

コピーキャットの紹介:1995年製作のアメリカ映画。タイトルは『模倣犯』という意味。過去の有名な事件の手口を模倣する正体不明の連続殺人犯と、それを追う2人の女性の対決を描いたサイコ・サスペンス。『エイリアン』シリーズのシガニー・ウィーバーと『ピアノ・レッスン』のホリー・ハンターのアカデミー女優2大競演。

ネタバレを読む

その女諜報員アレックスの紹介:2016年公開の南アフリカ&アメリカ合作映画。『ミリオンダラー・ベイビー』『アメリカン・スナイパー』などでカメラオペレーターを務めてきたスティーヴン・カンパネッリがメガホンを取ったアクション。ダイヤとUSBメモリーを盗むも仲間が何者かの襲撃を受け、生き残ったヒロインがアメリカの巨悪に差し向けられた殺し屋軍団とバトルを展開する。主演は『007/慰めの報酬』などのオルガ・キュリレンコ。共演は『アイアンクラッド』のジェームズ・ピュアフォイ。

ネタバレを読む

プリズン・サバイブの紹介:2008年公開の監獄アクション映画。家族を守るために強盗を殺した男が、刑務所に入って苦難を乗り越えていく姿を描いた作品。主演・製作総指揮に「バック・ビート」のスティーヴン・ドーフ。「ドアーズ」のヴァン・キルマー、「マトリックス」シリーズなどに出演したハロルド・ペリノー、「今そこにある危機」のアン・アーチャー、「ライトスタッフ」のサム・シェパード。

ネタバレを読む

ナイトライト -死霊灯-の紹介:2015年製作のアメリカ映画。『パラノーマル・アクティビティ』監督・スタッフ × 『SAW』のLIONSGATE配給。自殺の名所として有名な心霊スポットの森で、“禁断のルール”を破った5人の男女に待ち受ける運命を描く。

ネタバレを読む

ザ・ウォッチャーの紹介:LAで女性連続殺人鬼の捜査で疲れ果て、休職してシカゴに移ったFBI捜査官をその殺人鬼が追い、予告殺人のゲームを仕掛けるという2000年公開のサスペンス映画。監督は本作がデビュー作となるジョー・チャーバニック。音楽は「スクリーム」「パラサイト」のマルコ・ベルトラミ。主演のFBI捜査官役を「セックスと嘘とビデオテープ」「ボストン・リーガル」のジェームズ・スペイダー、ヒロインを「レスラー」「いとこのビニー」のマリサ・トメイが演じ、初の悪役となる殺人鬼を「マトリックス」「スウィート・ノベンバー」のキアヌ・リーヴスが演じている。

ネタバレを読む

情愛の代償の紹介:2015年製作の韓国映画。殺人の容疑を掛けられた女性と、彼女の無実を証明したモーテル主人の関係を描いたエロティックサスペンス。結婚式を翌日に控えた昔の恋人とモーテルで最後の夜を過ごしたガイン。だが、彼が謎の死を遂げてしまい、ガインは容疑者となるが…。

ネタバレを読む

逃走車の紹介:2013年公開。ヨハネスブルグを舞台に、犯罪に巻き込まれた男の逃走を描いた作品。主演は「ワイルド・スピード」シリーズのポール・ウォーカー。彼が製作総指揮に加わった唯一の作品と言われている。全編を通して、ポール・ウォーカーが乗り込む車内カメラで撮影されている。

ネタバレを読む

バーバーの紹介:退屈な日々を送る理髪師に転機が訪れる。彼が思いついたちょっとした恐喝は、悪夢のような日々の始まりだった。
共作で数々の名作を世に送り出したアメリカのコーエン兄弟監督・脚本によるクライムサスペンス。2001年カンヌ国際映画祭最優秀監督賞、ナショナル・ボード・オブ・レビュー最優秀主演男優賞を受賞したほか、多数の賞を獲得した。原題は『The Man Who Wasn’t There』。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。