「ハラハラドキドキ」映画一覧(5ページ目)

美女捨山の紹介:2016年製作の日本映画。姥捨山をモチーフに描いたおとぎ話のようなダークファンタジー・ドラマ。美女は男を破滅させる悪しき魔物とし、20歳の誕生日を迎えると強制的に山に遺棄されるとある国。美女を山頂まで運ぶ大役を務める男の妻は、ある日夫の不審な行動を目撃し…。

ネタバレを読む

トレジャーハンター・クミコの紹介:2014年製作のアメリカ映画。コーエン兄弟の「ファーゴ」の内容を信じて一人の日本人女性がはるばる米国の田舎町まで来た末、凍死体で発見されたという都市伝説“タカコ・コニシ事件”をモチーフに描く異色のミステリー・ドラマ。遥か米国の田舎町、ノース・ダコタ州ファーゴへと旅立つ女性・クミコを菊地凛子が演じる。

ネタバレを読む

スタンドオフの紹介:2016年製作のカナダ映画。「ミスト」のトーマス・ジェーンと「マトリックス」シリーズのローレンス・フィッシュバーンがぶつかり合うシチュエーションスリラー。元軍人カーターの家に、暗殺者に追われた少女が逃げ込んでくる。カーターは少女を守るため、銃を手に死闘を繰り広げる。

ネタバレを読む

ノース・ウォリアーズ 魔境の戦いの紹介:2014年の映画。船が難破して流されたヴァイキングの部隊が、敵地で人質の姫と共に、生きるために逃亡する様を描いている。「エラゴン 遺志を継ぐ者」のスタッフが贈る壮大なアクション・アドベンチャー。

ネタバレを読む

ザ・スクワッドの紹介:2015年製作のフランス&イギリス合作映画。「レオン」のジャン・レノ主演のポリス・アクション。過激かつ暴力的な捜査で犯罪者からも恐れられる、パリ警視庁特殊捜査チームを率いる刑事セルジュ。宝石店で発生した強盗殺人事件を捜査する彼は、かつて自ら逮捕したことのあるカスペールが主犯だと睨むが…。

ネタバレを読む

ヒプノティスト-催眠-の紹介:2012年公開のスウェーデン映画。一家惨殺事件の唯一の生き残りの少年から、催眠療法を使って犯人を見つける男と家族、刑事らの様子を描いている。ラーシュ・ケプレルの小説が原作で、ラッセ・ハルストレムが監督を務めた作品。

ネタバレを読む

カナリアの紹介:テロ事件を起こしたカルト教団”ニルヴァーナ”から保護された12歳の光一は児童相談所を脱走、12歳の由希と出会い、祖父に連れ去られた幼い妹を取り戻すため東京を目指すという2004年の日本映画。監督/脚本は「黄泉がえり」「害虫」の塩田明彦。オウム真理教事件をベースとしており、第13回レインダンス映画祭グランプリ、第2回日本映画エンジェル大賞を受賞、由希役谷村美月は第20回高崎映画祭新人女優賞を獲得した。

ネタバレを読む

われらが背きし者の紹介:2016年公開のイギリス映画。スパイ・サスペンス小説の巨匠、ジョン・ル・カレの人気作をユアン・マクレガー主演で映画化したサスペンス。ロシア・マフィアの機密情報を入手したために、世界を股にかけた危険な逃亡劇を繰り広げる事になる大学教授とその妻の姿を描く。

ネタバレを読む

エンド・オブ・トンネルの紹介:2016年製作のアルゼンチン&スペイン合作映画。「人生スイッチ」のレオナルド・スバラーリャ主演の犯罪スリラー。事故で妻と娘を失い車椅子生活となったホアキンは、生計のために家の2階をストリッパーのベルタと娘に貸す。2人に妻子の姿を重ね、明るさを取り戻していたある日、地下室で奇妙な音を聞く。

ネタバレを読む

エリア0<ゼロ>の紹介:2014年制作のアメリカ映画。失踪が相次いでいるというブラウン山の実話を映画化。未だ謎に包まれている怪光に、ある家族が遭遇して起こる恐怖を描いている。マッティ・ベッカーマンが監督、マイク・フライス、ガイ・イースト、ローレンス・ベンダーが製作を務めた作品。

ネタバレを読む

モンスタートラックの紹介:2016年製作のアメリカ&カナダ合作映画。トラックのカスタマイズが得意な高校生トリップが出会ったとんでもない生き物。それは油をがぶ飲みする未知の生物だった。彼はその生物をクリーチと名づけるが…。

ネタバレを読む

NUMB 〔ナム〕 極限の争奪戦の紹介:2015年製作のカナダ映画。失業した夫婦とヒッチハイカーのカップル4人を乗せた車が、低体温症の老人をさらに乗せる。死亡した老人は荷物から銀行強盗犯だったと発覚し、大金の隠し場所を記したと思われる地図が見つかる。4人は地図を頼りに雪山へと踏み込んでいくが…。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。