「キュンキュンする」映画一覧(16ページ目)

ムーンライズ・キングダムの紹介:2012年公開のアメリカ映画。ウェス・アンダーソン監督が、駆け落ちした12歳の男女と、彼らを心配する親や周囲の人々の滑稽な姿を描く。表題「ムーンライズ・キングダム」とは「月の昇る王国」という意味である。

ネタバレを読む

塔の上のラプンツェルの紹介:塔の上に18年間閉じ込められているラプンツェルが夢を叶えるために外の世界へ足を踏み入れる、夢と感動に溢れたプリンセスストーリー。本作はディズニー長編映画50作目で、初の3Dプリンセス映画です。50作目に相応しい素晴らしい作品です。

ネタバレを読む

グラン・トリノの紹介:クリント・イーストウッド監督作品。一人暮らしの頑固な老人ウォルトが、大事にしているヴィンテージ・カー「グラン・トリノ」をきっかけに、隣家に引っ越してきたアジア系の家族と少しずつ心を通じ合い、少年タオのために、自らを犠牲にして彼の未来を守ろうとする絆の物語。

ネタバレを読む

そこのみにて光輝くの紹介:41歳で自ら命を絶った不遇の作家、佐藤泰志が遺した唯一の長編小説を、綾野剛、池脇千鶴らの出演で映画化された。監督は『オカンの嫁入り』で新藤兼人賞に輝き高い評価を得た、呉美保。

ネタバレを読む

ミート・ザ・ペアレンツ2の紹介:2004年公開のアメリカ・コメディ映画。男が恋人の両親に会いに行くという設定の『ミート・ザ・ペアレンツ』の続編で、今度は男の両親との顔合わせの模様が描かれている。『ミート・ザ・ペアレンツ3』も後年に作られた。

ネタバレを読む

フレフレ少女の紹介:2008年公開の日本映画。野球部エースに一目ぼれした文学少女が、ひょんなことから応援団長になってしまう青春映画。本来は学校統合や家族の転勤などやむを得ない事情がない限り、転校して1年間は野球試合への出場資格を得られない。

ネタバレを読む

ベイビー・トーク3/ワンダフル・ファミリーの紹介:1993年のアメリカ映画。赤ちゃんの目線から描かれたコメディ作品の第3弾。赤ちゃんたちは言葉を発する年齢になったので、今度はペットとしてジェームズ一家に迎えられた犬が!?

ネタバレを読む

ベイビー・トーク2/リトル・ダイナマイツの紹介:1990年のアメリカ映画。赤ちゃんの目線から描かれたコメディ作品の第2弾。前作で結ばれた2人に今度は女の赤ちゃんが生まれ、またもや騒動が勃発する。

ネタバレを読む

ベイビー・トークの紹介:1989年のアメリカ映画。赤ちゃんの目線から大人のおかしさを描写するシリーズの第1作。シリーズは3作品。赤ん坊マイキーの声をブルース・ウィリスが演じているほか、低迷していたジョン・トラボルタが再起した作品でもある。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。