「キュンキュンする」映画一覧(16ページ目)

時をかける少女(1983年):1983年公開の日本映画。筒井康隆のSF小説を原作とし、大林宣彦が監督を務めた。大林監督の「尾道三部作」(他2作は『転校生』・『さびしんぼう』)の2作目に数えられる。またこの作品はリメイク版・アニメ化もされた。

ネタバレを読む

オンリー・ユー(1994年)の紹介:1994年公開のアメリカ映画。古都・ローマを舞台に、運命の糸に結ばれた男女の恋を描くロマンティックなラヴ・ストーリー。「ローマの休日」など古き良き恋愛映画をアレンジした「おとぎ話」風の演出がなされている。

ネタバレを読む

ハナミズキの紹介:2010年公開の日本映画。一青窈の代表曲である「ハナミズキ」をモチーフにした10年の時をかける純愛ラブストーリー。監督は『いま、会いにゆきます』、『涙そうそう』の土井裕泰で、主演は『恋空』の新垣結衣。

ネタバレを読む

ミート・ザ・ペアレンツ3の紹介:2010年公開のアメリカ映画(日本では上映公開せず)。『ミート・ザ・ペアレンツ』シリーズ完結編にあたる。家長の地位から引退することを決意したジャックが、グレッグを後継者に選んだことから巻き起こる騒動を描く

ネタバレを読む

あいつと私(1961年)の紹介:1961年公開の日本映画。週刊読売連載の石坂洋次郎の同名小説を中平康・監督が映画化した、裕次郎回復後の第一作である。裕次郎は同年に志賀高原スキー場でスキーヤーと衝突し、右足首粉砕複雑骨折で入院していた。

ネタバレを読む

ノッティングヒルの恋人の紹介:1999年制作のアメリカ映画。ロンドン西部のノッティング・ヒルを舞台に、さえない書店主とハリウッド女優との恋愛を描いた作品。人気俳優陣の出演もあり、今なお人気の高いラブ・ストーリーである。

ネタバレを読む

フォー・ウェディングの紹介:1994年制作のイギリス映画。4つの結婚式と1つの葬式を基に真実の愛を見つける男女を描いた作品で、後に『ノッティングヒルの恋人』でヒットする脚本家リチャード・カーティスとヒュー・グラントのコンビの一作目に当たる。

ネタバレを読む

ムーンライズ・キングダムの紹介:2012年公開のアメリカ映画。ウェス・アンダーソン監督が、駆け落ちした12歳の男女と、彼らを心配する親や周囲の人々の滑稽な姿を描く。表題「ムーンライズ・キングダム」とは「月の昇る王国」という意味である。

ネタバレを読む

塔の上のラプンツェルの紹介:塔の上に18年間閉じ込められているラプンツェルが夢を叶えるために外の世界へ足を踏み入れる、夢と感動に溢れたプリンセスストーリー。本作はディズニー長編映画50作目で、初の3Dプリンセス映画です。50作目に相応しい素晴らしい作品です。

ネタバレを読む

グラン・トリノの紹介:クリント・イーストウッド監督作品。一人暮らしの頑固な老人ウォルトが、大事にしているヴィンテージ・カー「グラン・トリノ」をきっかけに、隣家に引っ越してきたアジア系の家族と少しずつ心を通じ合い、少年タオのために、自らを犠牲にして彼の未来を守ろうとする絆の物語。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。