「キュンキュンする」映画一覧(18ページ目)

そこのみにて光輝くの紹介:41歳で自ら命を絶った不遇の作家、佐藤泰志が遺した唯一の長編小説を、綾野剛、池脇千鶴らの出演で映画化された。監督は『オカンの嫁入り』で新藤兼人賞に輝き高い評価を得た、呉美保。

ネタバレを読む

ミート・ザ・ペアレンツ2の紹介:2004年公開のアメリカ・コメディ映画。男が恋人の両親に会いに行くという設定の『ミート・ザ・ペアレンツ』の続編で、今度は男の両親との顔合わせの模様が描かれている。『ミート・ザ・ペアレンツ3』も後年に作られた。

ネタバレを読む

フレフレ少女の紹介:2008年公開の日本映画。野球部エースに一目ぼれした文学少女が、ひょんなことから応援団長になってしまう青春映画。本来は学校統合や家族の転勤などやむを得ない事情がない限り、転校して1年間は野球試合への出場資格を得られない。

ネタバレを読む

ベイビー・トーク3/ワンダフル・ファミリーの紹介:1993年のアメリカ映画。赤ちゃんの目線から描かれたコメディ作品の第3弾。赤ちゃんたちは言葉を発する年齢になったので、今度はペットとしてジェームズ一家に迎えられた犬が!?

ネタバレを読む

ベイビー・トーク2/リトル・ダイナマイツの紹介:1990年のアメリカ映画。赤ちゃんの目線から描かれたコメディ作品の第2弾。前作で結ばれた2人に今度は女の赤ちゃんが生まれ、またもや騒動が勃発する。

ネタバレを読む

ベイビー・トークの紹介:1989年のアメリカ映画。赤ちゃんの目線から大人のおかしさを描写するシリーズの第1作。シリーズは3作品。赤ん坊マイキーの声をブルース・ウィリスが演じているほか、低迷していたジョン・トラボルタが再起した作品でもある。

ネタバレを読む

きみがぼくを見つけた日の紹介:タイムトラベルする能力を持つ男とその妻となる女性との純愛物語。アメリカで大ベストセラーとなった「The Time Traveler’s Wife」が原作。製作総指揮にはブラッド・ピットもいることで話題となった。

ネタバレを読む

プリティ・ブライドの紹介:1999年制作のアメリカ映画。ゲーリー・マーシャル監督。「プリティ・ウーマン」で共演したリチャード・ギアとジュリア・ロバーツが再共演した作品ではあるが、本作と「プリティ・ウーマン」との関連性はない。

ネタバレを読む

プリティ・ウーマンの紹介:1990年制作のアメリカ映画。ゲイリー・マーシャル監督の作品で、ロイ・オービソンの「オー・プリティ・ウーマン」が主題歌に起用された。『マイ・フェア・レディ』の現代版ストーリーである。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。