「キュンキュンする」映画一覧(18ページ目)

ベイビー・トークの紹介:1989年のアメリカ映画。赤ちゃんの目線から大人のおかしさを描写するシリーズの第1作。シリーズは3作品。赤ん坊マイキーの声をブルース・ウィリスが演じているほか、低迷していたジョン・トラボルタが再起した作品でもある。

ネタバレを読む

きみがぼくを見つけた日の紹介:タイムトラベルする能力を持つ男とその妻となる女性との純愛物語。アメリカで大ベストセラーとなった「The Time Traveler’s Wife」が原作。製作総指揮にはブラッド・ピットもいることで話題となった。

ネタバレを読む

プリティ・ブライドの紹介:1999年制作のアメリカ映画。ゲーリー・マーシャル監督。「プリティ・ウーマン」で共演したリチャード・ギアとジュリア・ロバーツが再共演した作品ではあるが、本作と「プリティ・ウーマン」との関連性はない。

ネタバレを読む

プリティ・ウーマンの紹介:1990年制作のアメリカ映画。ゲイリー・マーシャル監督の作品で、ロイ・オービソンの「オー・プリティ・ウーマン」が主題歌に起用された。『マイ・フェア・レディ』の現代版ストーリーである。

ネタバレを読む

STEAL〔スティール〕の紹介:「TAXI」で知られるジェラール・ピレス監督の贈るスーパーアクションムービー。スリルに魅了された若者四人の強盗計画は成功するも、彼らに忍び寄る闇組織と罠。彼らは無事に逃げ切ることができるのか。

ネタバレを読む

耳をすませばの紹介:1995年公開のスタジオジブリ制作の日本長編アニメーション映画。監督は近藤喜文。柊あおいの同名コミックを原作とし、脚色・絵コンテ・製作プロデューサーを宮崎駿が務める。「猫の恩返し」は月島雫の描いた作品という設定である。

ネタバレを読む

私の頭の中の消しゴムの紹介:幸せな結婚をした夫婦。しかし妻がアルツハイマーにかかり、記憶がなくなっていきます。死でも別れでもなく、忘却により終わりを告げる愛ですが、最後まで妻を愛する夫の一途さが素敵に描かれている切ないラブストーリーです。

ネタバレを読む

蛇にピアスの紹介:史上最年少で芥川賞を受賞した金原ひとみのデビュー作を蜷川幸雄が映画化。身体を加工することでしか自己の存在を信じることが出来ない不器用な若者たちを、まだ無名だった吉高由里子、高良健吾がオールヌードで挑んだ話題作。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。