「キュンキュンする」映画一覧(5ページ目)

アオハライドの紹介:2014年公開の日本映画。別冊マーガレット連載中の咲坂伊緒による同名コミックを、本田翼、東出昌大ら人気若手俳優の出演で映画化した、青春ラブストーリー。お互いに思いを抱きつつも一度は離ればなれになってしまった男女が、高校生になってから再会し、思いを再燃させていく姿が、クラスメイトを交えた複雑な恋模様とともに描かれる。

ネタバレを読む

マッチ工場の少女の紹介:イリスは母とそして怠け者の義父と暮らしていました。イリスは恋を夢見て恋を知ることになったのですが、裏切られ、傷ついたイリスは自分を傷つけてきた人みんなに復讐しようと決意するのでした。

ネタバレを読む

乱れるの紹介:スーパーマーケットの登場によって経営が危なくなっている商店街の酒屋で働く戦争未亡人礼子に義理の弟幸司はひそかに恋していました。許されない恋と思い、あきらめなくてはと思いながらも思いを募っていくのでした。

ネタバレを読む

ひまわりの紹介:第二次大戦が終わり、出征した兵士たちが故郷へ戻ってくるのにジョバンナの夫アントニオは戻ってきません。戦死したことを信じていないジョバンナはアントニオを探しにソ連まで行き、そこで見つけたのは再婚して子供までいるアントンの姿でした。

ネタバレを読む

フィレーネのキライなことの紹介:わがままでトラブルメーカー。恋なんて長続きしないフィレーネが、初めて本当の恋に落ちた。美しい女性たちが吐き出すお下劣な言葉や、オープンな性描写が満載で、破茶滅茶だけど胸キュンのラブコメディ。原題は『 Phileine Zegt Sorry(Phileine Says Sorry)』。制作国オランダでは2003年に公開され、大ヒットした作品。日本では2007年に劇場公開。

ネタバレを読む

マダム・イン・ニューヨークの紹介:家族の中で唯一英語が喋れないことをコンプレックスに感じるインド人の主婦シャシが、こっそり英会話教室に通い奮闘する姿を描く作品。1970年代に一世を風靡したインドの伝説的女優、シュリデヴィの15年ぶりのスクリーン復帰作品。

ネタバレを読む

VERSUSの紹介:とある森で暗黒の力を巡って繰り広げられるバトルホラー映画。第1回インディーズムービーフェスティバルでグランプリに輝いた北村龍平監督による作品。制作費3000万円という低予算ながらハリウッドに負けないアクションシーン演出が魅力の映画。

ネタバレを読む

ラスト・ホリデイの紹介:ごく平凡な女性ジョージアが、余命3週間を宣告された事から、最後に好きなことをして思いっきり生きてやろうと決意。奔放になった彼女の周りで巻き起こる騒動と、周りの人物との心の交流を描いたハートフル・コメディです。

ネタバレを読む

SEXテープの紹介:2014年製作のアメリカ映画。『バッド・ティーチャー』のジェイク・カスダン監督が、キャメロン・ディアスとジェイソン・シーゲル共演で再びメガホンをとったドタバタコメディ。寝室での夜の営みを録画することで夫婦関係を改善しようと試みるカップルの姿を描く。

ネタバレを読む

劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。の紹介:小学生の宿海仁太(じんたん)は毎日仲間と6人で秘密基地に集まり一緒に遊んでいたが、その中の1人の少女・本間芽衣子(めんま)がある日突然死んでしまったことをきっかけに、残された5人の仲は疎遠になって行く。5年後、高校生になったじんたんの前にめんまの幽霊が現れ、仲間たちは再び集まることになる。2011年にフジテレビ・ノイタミナ枠で放送されたテレビアニメシリーズの総集編とその1年後を描く。2013年公開。監督:長井龍雪。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。