「タイムトラベル」映画一覧

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの紹介:2016年のアメリカ映画。ランサム・リグズによる同名小説を原作に製作されたダーク・ファンタジー作品(日本では当初『ハヤブサが守る家』という題名で出版されたが、この映画公開に合わせて同名タイトルで再版された)。監督は『アリス・イン・ワンダーランド』『チャーリーとチョコレート工場』などのティム・バートン。脚本は『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』『キック・アス』などのジェーン・ゴールドマン。

ネタバレを読む

ザ・ドア 交差する世界の紹介:2009年製作のドイツ映画。自分の不行き届きで娘を失ったことから妻とも離婚することになった男が、謎の扉の奥に別の世界(5年前の世界)を見つけ…。すべてを失った男の、過酷な運命を描くドイツ産SFサスペンス。特集上映「未体験ゾーンの映画たち 2014(年)」にて上映。

ネタバレを読む

LOOPER/ルーパーの紹介:2012年製作のアメリカ映画。タイムスリップによって30年後の世界からやってきた自分と対峙することになる暗殺者の数奇な運命を描くSFアクション。若手有望株のジョゼフ・ゴードン=レヴィットが暗殺者を、ブルース・ウィリスが30年後の主人公に扮し初共演。

ネタバレを読む

ニューヨークの恋人の紹介:2001年公開。タイムスリップによって出会った男女2人の恋愛を描いた作品。1876年、レオポルド公爵は家系の財政難から結婚するように叔父に言われる。そんな時パーティーに参加していた挙動不審の男性を追いかけて、レオポルドは橋から落下してしまう。現代のニューヨークにタイムスリップしたレオポルドは、キャリアウーマンのケイトと出会う。レオポルドのおかしな行動に戸惑うケイトだったが、二人は次第に惹かれあっていく。

ネタバレを読む

サマータイムマシン・ブルースの紹介:2005年公開の日本映画。『踊る大捜査線』のシリーズの本広克行監督が放つSF青春劇。謎のタイムマシンで、今日と昨日を行き来する大学生の騒動をコミカルに描く。主演は瑛太&上野樹里。これほどタイムマシンを無駄使いしている作品はほかにない! また同監督作品の『UDON』『曲がれ! スプーン』などとも登場人物がクロスしているのも見どころ。

ネタバレを読む

イルマーレの紹介:医師として働くため、ケイトは湖畔の家を売ることに。次の住人に誤配達の時用に転送先の手紙を残す。なんと手紙が届いたのは2年前の住人アレックスだった。それから二人は手紙で連絡をとりあう。次第に惹かれ合う二人。サンドラ・ブロックとキアヌ・リーブスが12年ぶりに共演した恋愛映画。2000年の韓国映画「イルマーレ」をリメイクした作品。

ネタバレを読む

ミッドナイト・イン・パリの紹介:パリに滞在中の脚本家が迷い込んだのは、芸術の花開く輝かしい1920年代だった…。ウディ・アレンの監督作42本目にして、最高傑作と呼ばれるロマンティックなファンタジーコメディ。2012年アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞共に最優秀脚本賞を受賞したほか、脚本を中心に幾多の賞を獲得した。

ネタバレを読む

バブルへGO!! タイムマシンはドラム式の紹介:2007年公開の日本映画。葬儀の日、母は死んでないと聞かされた娘が、母を迎えに17年前の日本へタイムスリップする。2年先に到来する日本の経済破綻を防ぐ使命も課された主人公が辿る運命は!?

ネタバレを読む

デジャヴの紹介:2006年のアメリカ映画で、監督は『トップガン』『クリムゾン・タイド』などのトニー・スコット。プロデューサーは『アルマゲドン』『パイレーツ・オブ・カリビアン』など数多くのヒット作を生み出したことでも知られるジェリー・ブラッカイマー。初めて体験することなのに、何故か記憶があるという現象「デジャヴ(既視感)」をテーマで、細部のディティールを緻密に積み上げられた物語で観る者の興味を最後まで惹きつける作品となっている。

ネタバレを読む

僕だけがいない街の紹介:2016年3月19日公開の日本映画。三部けいの人気コミックを藤原竜也と有村架純の共演で映画化したミステリー。自分の意志とは無関係に、身近で起きる事件の直前へとタイムスリップしてしまう特殊な力を身につけた主人公が凶悪犯に挑む姿を描く。「ヤングエース」に連載の原作は「このマンガがすごい!」や「マンガ大賞」で3年連続ランクインするなどベストセラーになっている。

ネタバレを読む

VERSUSの紹介:とある森で暗黒の力を巡って繰り広げられるバトルホラー映画。第1回インディーズムービーフェスティバルでグランプリに輝いた北村龍平監督による作品。制作費3000万円という低予算ながらハリウッドに負けないアクションシーン演出が魅力の映画。

ネタバレを読む

ブンミおじさんの森の紹介:アピチャートポン・ウィーラセータクン監督・脚本によるタイ映画。第63回カンヌ国際映画祭では審査委員長のティム・バートンが賞賛し、タイ映画史上初のパルムドールに輝いた。日本公開は2011年。

ネタバレを読む

ファイナル・カウントダウンの紹介:1980年公開のアメリカ映画。超最新兵器を満載して航行中の原子力攻撃空母が、突然嵐と共にタイム・スリップに遭遇し、1941年の日本海軍による真珠湾奇襲時のハワイ沖に出没するというSF映画。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。