「実話/ノンフィクション」映画一覧(11ページ目)

イエスマン “YES”は人生のパスワードの紹介:2008年製作のアメリカ映画。人生をポジティブに変えるための、ユニークなアイデアを盛り込んだコメディ映画。“ノー”を封印してすべてを肯定する主人公にジム・キャリーが扮する。

ネタバレを読む

劒岳 点の記の紹介:2009年公開の日本映画。新田次郎の同名小説を浅野忠信をはじめ、名優たちの共演で映画化したドラマ。日本地図完成のため、誰も登頂に成功したことのなかった危険な山、剣岳に挑んだ男たちの姿を描く。

ネタバレを読む

サル ウインドウ・ピリオドの紹介:2014年公開の日本映画。理不尽に不治の病にかかった被害者の苦悩と、ウィルスの恐怖を描くメディカルホラー。治験ボランティアが陥る恐怖を描いた『サル』三部作に続く、葉山陽一郎監督の新『サル』シリーズの第1作。

ネタバレを読む

アナベル 死霊館の人形の紹介:2014年公開のアメリカ映画。ホラー映画『死霊館』のスピンオフ作。アメリカのコネチカット州にある博物館に保管され、現在も月に2回神父による祈祷が行われている呪われた人形アナベルの誕生の秘密が描かれる。

ネタバレを読む

メンフィス・ベル(1990年)の紹介:1990年制作のイギリス映画。第二次世界大戦中、イギリスに駐留し、ドイツに対する昼間爆撃を任務としていたアメリカ第8空軍所属の爆撃機B-17F、愛称〝メンフィス・ベル〟の若き乗組員たちを描いた作品。

ネタバレを読む

日本のいちばん長い日(1967年)の紹介:御前会議で降伏を決定した1945年8月14日の正午から宮城事件、ラジオの玉音放送を通じてポツダム宣言の受諾を知らせる8月15日正午までの24時間を描く。戦後70年にあたる2015年にリメイクされた。

ネタバレを読む

クヒオ大佐の紹介:2009年公開の日本映画。巧みな話術で女たちから1億円もの大金を騙し取った、実在の結婚サギ師・クヒオ大佐を堺雅人が演じるドラマ。彼と3人の女たちとの、少しおかしくて、少しせつない人間模様が描かれる。

ネタバレを読む

日本の黒い夏 冤罪〔enzai〕の紹介:2001年公開の日本映画。社会派の名匠・熊井啓が、松本サリン事件の真実に肉薄した意欲作。高校生がTV局に取材するという回想形式により、警察捜査やマスコミ報道の問題点をえぐり出す。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。