「実話/ノンフィクション」映画一覧(19ページ目)

南極物語の紹介:南極の地で観測隊にやむなく置き去りにされた15匹のカラフト犬。過酷な状況の中で逞しく生き抜く犬達の姿と、苦悩する観測隊員達の姿を描く。ストーリーは実話をもとに創作を交えた。撮影期間に3年以上をかけた日本映画の大作。

ネタバレを読む

マリー・アントワネットの紹介:女性映画監督として有名な、あのソフィア・コッポラが描く悲劇の王妃、マリー・アントワネットの伝記映画。ただし、歴史事実よりもマリー・アントワネットを1人の女性として描くことに重点を置いた映画となっている。劇中のファッションも注目ポイント。

ネタバレを読む

ペコロスに母に会いに行くの紹介:「ぼけるのも悪いことばかりじゃない」長崎を舞台に認知症の母親と頭が禿げた息子の切ないけど笑える日々を描く。10年ぶりにメガホンを持った森崎東監督と89歳で初主演の赤木春恵が話題に。キネマ旬報第1位作品。

ネタバレを読む

それでも夜は明けるの紹介:黒人ヴァイオリン奏者のソロモンが拉致され、解放されるまでの12年間を南部の奴隷として生きるという、実話を元にした映画。どんなにつらい状況でも乗り越えてきたソロモンに感動する。

ネタバレを読む

非現実の王国での紹介:アウトサイダーアートとして名高いヘンリー・ダガーの生涯を追ったドキュメンタリー映画。彼の絵の制作に関わった生い立ち迄、1万ページに渡る理解しがたい自作の物語「非現実の王国で」の解説ドキュメンタリー映画

ネタバレを読む

ウルフ・オブ・ウォールストリートの紹介:2013年製作のアメリカ映画。マーティン・スコセッシ監督による伝記・コメディ映画。実在の株式ブローカーで、ウォール街の狼と呼ばれた男・ジョーダン・ベルフォートの回想録を原作としている。

ネタバレを読む

幕末の加賀藩に仕える下級武士の生活を実際の家計簿を基にして描いた作品で、不正を暴くなど武士としての剣術などではなく、会計方としてのお家芸である「そろばん」を武器に親子3代が立身出世する物語。

ネタバレを読む

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「フォレストガンプ」で知られるロバート・ゼメキス監督が描くヒューマンドラマ。奇跡の緊急着陸で多くの乗客の命を救った機長は英雄とされるが、彼は事故当時も重いアルコール中毒に陥っていた。

ネタバレを読む

江戸時代を舞台に、「加賀料理」の伝統の基礎を築いたと言われる加賀藩舟木家の史実を描く時代劇。料理の腕前で殿様に仕えた包丁侍一家の舟木安信と、それを支える妻・お春。さまざまな問題を乗り越えて行く若夫婦の姿を描く。監督は「釣りバカ日誌シリーズ」の朝原雄三。

ネタバレを読む

ダニエル・コーエン監督作品。名優ジャン・レノと、フランスで人気のコメディ俳優ミカエル・ユーンの掛け合いはもちろん、フランスの伝統料理から前衛的な分子料理に至るまで、さまざまに登場する数々の美しい料理も注目を集めた。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。