「実話/ノンフィクション」映画一覧(2ページ目)

ほんとにあった! 呪いのビデオ~THE MOVIE~の紹介:2016年にはついに本編だけでも67巻となり継続中の人気シリーズ「ほんとにあった! 呪いのビデオ」の2003年に公開された劇場版第1弾。路上で突然死した男性が最期に見た”見た者に災いが降りかかるビデオ”。それに関わった人々をスタッフが追跡取材し辿り着いた”死の真相”とは。製作は張江肇、鈴木ワタル、プロデューサーは木谷奈津子、大橋孝史、音楽はD.R.A、構成・演出は「ノロイ」「オカルト」の白石晃士、演出補は横田直幸、若狭朋宏。ナレーションは中村義洋。

ネタバレを読む

ほんとにあった! 呪いのビデオ~THE MOVIE2の紹介:2016年にはついに本編だけでも67巻となり継続中の人気シリーズ「ほんとにあった! 呪いのビデオ」の2003年に公開された劇場版第2弾。2組の投稿者から届いた2本の投稿映像のほんの小さな共通点を発端として、追跡取材と検証を重ね辿り着いた”隠された過去”とは。製作は張江肇と鈴木ワタル、プロデューサーは木谷奈津子と大橋孝史、音楽はD.R.A、構成・演出は「ノロイ」「オカルト」の白石晃士、演出助手は横田直幸、栗林忍、磯田修一、協力は若狭朋宏。ナレーションは中村義洋。

ネタバレを読む

ナチスの墓標 レニングラード捕虜収容所の紹介:戦争終結後、ロシアのレニングラード収容所に捕虜としてドイツ兵が移送されてくる。収容所は女性兵が管理していた。自分達の家族を殺された恨みを捕虜達に向けていく兵士達。パブロフ大佐は捕虜の中に隠れている重罪な戦犯を見つけようとしていた。手助けするように軍医ナターシャに指示する。戦後に起こった残虐な出来事を実話に基いて描いた作品。

ネタバレを読む

11ミリオン・ジョブの紹介:クリスは警官になれずに、警備会社で働くようになる。初日に同僚が強盗に襲われて死亡し、クリスは疑われてしまう。杜撰な管理と対応の会社に腹を立てたクリスはエディと組んで金を盗むことを計画する。しかし、予期せぬ出来事に巻き込まれていく。1982年に実際に起きた強奪事件を当時のニュースや現在のインタビューを交えて描いた作品。被害額は1100万ドルで、当時のアメリカ合衆国の史上最高額の強奪事件となる。

ネタバレを読む

プリンス・オブ・エジプトの紹介:旧約聖書の出エジプト記に記されているヘブライ人のエジプト脱出を描いたアニメーション映画。スティーブン・スピルバーグが率いるドリームワークスが設立以来暖め続けていたプロットを元に、4年の歳月をかけて制作された。ドリームワークス2作目の長編アニメーション作品であり、興行収入2億ドルを越えるヒットを記録。主題歌はホイットニー・ヒューストンとマライア・キャリーのデュエットによる『When You Believe』で、98年度アカデミー賞最優秀主題歌賞を受賞。

 

ネタバレを読む

河内山宗俊の紹介:歌舞伎狂言に登場する河内山宗俊の物語を脚色し映画化した作品で、監督は28才の若さで戦病死した山中貞雄が務めた。「丹下左膳余話 百萬両の壺 」、「人情紙風船 」と並び山中貞雄監督の現存する3本の映画の一つ。ヒロインのお浪役はデビュー間もない原節子が演じている。

ネタバレを読む

ピクニックatハンギング・ロックの紹介:1900年、オーストラリアの女学校の生徒が近くの岩山にピクニックに行き3人の生徒と1人の教師が行方不明になるが、その後1週間以上経ってから1人の生徒だけが生きて発見される。ジョーン・リンジーの同名小説の映画化作品。1975年オーストラリア。監督:ピーター・ウィアー(代表作「刑事ジョン・ブック 目撃者」「いまを生きる」等)。本作は実際に起こった事件の映画化と思われがちであるが、その時代の記録を調べても該当する事件は存在せず、完全なフィクションである。ストーリーとは直接関係ないように見えるが何かを暗示しているシーンや台詞が多く、最後まで謎が解明されないことと相俟って謎めいた作品とされている。

ネタバレを読む

夫婦フーフー日記の紹介:実在する夫婦が病気について綴ったブログが『がんフーフー日記』という本になり、それを映像化した作品。映画では原作のノンフィクション部分に加え、ダンナと幽霊になって現れたヨメが、二人で過ごした日々を振り返り俯瞰する設定でポップに進行していく。泣けるけど、明るく笑えるストーリー。2015年公開作。

ネタバレを読む

イリュージョンの紹介: 別れた妻子と会うためにパリを訪れた小説家が、ミステリアスな魅力を持つ女性と不可思議な交流を重ねていく。主人公のアメリカ人小説家をイーサン・ホーク、彼に急接近する謎の女性マーギットをクリスティン・スコット・トーマスが演じる。2011年製作、フランス、ポーランド、イギリス合作の映画で、ポーランド系イギリス人監督のパヴェウ・パヴリコフスキがメガホンを取った。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。