「実話/ノンフィクション」映画一覧(3ページ目)

最前線物語の紹介:1980年製作のアメリカ映画で、オスカー俳優のリー・マービンと「スター・ウォーズ」シリーズのマーク・ハミル主演の第二次世界大戦を題材にした作品。北アフリカ、シチリア、ノルマンディーと最前線を渡り歩くアメリカ軍の老軍曹と若き兵士たちの戦いを描いていく。監督を務めたのは、実際に第二次世界大戦で激戦を経験したサミュエル・フラー。

ネタバレを読む

コンプライアンス-服従の心理-の紹介:2012年製作のアメリカ映画。2004年にケンタッキーで、警察官を名乗る男からの電話をきっかけに、窃盗の濡れ衣を着せられたファーストフード店の女性従業員が裸にされる事件が発生。この事件を元に、善悪の判断を越えて権威に服従してしまう人間心理を描いたドラマ。

ネタバレを読む

鬼畜の紹介:1978年公開の日本映画。父を思い続ける息子と、環境に押し流されて正気を失う弱い父親、大人と子供の世界を較べながら、切っても切れない親子の絆を描く。松本清張の、昭和32年に事実をもとに書き下ろした原作の映画化。

ネタバレを読む

聖(さとし)の青春の紹介:2016年11月19日公開の日本映画。29歳の若さでこの世を去った天才棋士・村山聖の生涯をつづる大崎善生のノンフィクションを、松山ケンイチ主演で映画化。幼いころより患う難病と闘いながら将棋の道を突き進んだ村山の壮絶な人生を、羽生善治をはじめとする同世代の棋士との死闘や、彼を支える師匠や両親たちの愛を通して描く。

ネタバレを読む

ある母の復讐の紹介:2013年製作の韓国映画。韓国で実際にあった事件を映画化。見知らぬ男に愛娘を強姦されたシングルマザー・アジェンマ。刑事の無神経な態度に怒りが爆発した彼女は、娘からの聞き取りと犯人のイラストを手掛かりに、犯人の部屋に乗り込もうとするが…。

ネタバレを読む

コン・ティキの紹介:2012年公開のノルウェー映画。自らの学説を証明するために、ティキ時代の筏でペルーからポリネシアの航海に挑んだ男たちの姿を描いている。アカデミー賞やゴールデングローブ賞で、外国語映画賞にダブルノミネートした作品。

ネタバレを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ8の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2001年にビデオ版として発売され、後にDVD化された「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第8作。テレビが異常を来たし子供が倒れる怪現象を追う「テレビ」と「続・テレビ」他、11本を収録。構成/演出は「あんにょんキムチ」「山田孝之の東京都北区赤羽」などで数々の賞を受賞した松江哲明。撮影/編集は後に本シリーズの監督となる坂本一雪。監修/ナレーションは中村義洋。

ネタバレを読む

泣き虫ピエロの結婚式の紹介:2016年公開の日本映画。見習いピエロのヒロインと余命わずかな青年との恋を描く、実話がベースのせつないラブストーリー。志田未来が笑顔を絶やさずに病気の恋人を励まし続けるヒロインを好演。「獣電戦隊キョウリュウジャー」で人気を博した竜星涼が相手役を演じる。

ネタバレを読む

マシンガン・プリーチャーの紹介:2011年公開のアメリカ映画。内戦中のアフリカで、子供たちの救出に奔走する実在の人物、サム・チルダースの半生を描いている。監督はマーク・フォースターが務め、ジェラルド・バトラー主演で贈る作品。

ネタバレを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ7の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2001年にビデオ版として発売され、後にDVD化された「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第7作。第1作から続く”白い着物の女”にまつわる後日談他、一般投稿作品9本を紹介する。構成・演出は「白ゆき姫殺人事件」「予告犯」の中村義洋と「仄暗い水の底から」「アヒルと鴨のコインロッカー」などで共同脚本を担当した鈴木謙一。

ネタバレを読む

フリーダム・ライターズの紹介:2007年公開のアメリカ映画。人種問題が蔓延る過酷な環境で生きる生徒と、彼らを思う新米教師との感動のストーリーを描いている。監督・脚本はリチャード・ラグラヴェネーズが務め、2度のアカデミー賞主演女優賞に輝いたヒラリー・スワンク主演で贈る作品。

ネタバレを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ6の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2000年にビデオ版として発売され、後にDVD化された「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第6作。一般投稿6本、霊媒師中田の関連作品、「~呪いのビデオ3」に登場した録音スタジオに再び起こった怪異などを紹介する。構成・演出は「白ゆき姫殺人事件」「予告犯」の中村義洋と「仄暗い水の底から」「アヒルと鴨のコインロッカー」などで共同脚本を担当した鈴木謙一。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。