「戦争」映画一覧(11ページ目)

ア・フュー・グッドメンの紹介:1992年公開のアメリカ映画。キューバ米海軍基地で起こった不審な殺人事件の真相をさぐる若い弁護士の姿を中心に、軍隊内の組織悪を暴く過程での、登場人物たちの人間的成長を描いたドラマ。

ネタバレを読む

エクスペンダブルズ3 ワールドミッションの紹介:2014年公開のアメリカ映画。スター軍団が集結したアクションシリーズ第3弾。傭兵部隊エクスペンダブルズ(消耗品)が、創設者の一人でありながら悪人となった男を相手に、壮絶な戦いを繰り広げていく。

ネタバレを読む

ゼロの焦点(2009年)の紹介:2009年公開の日本映画。同年に生誕100周年を迎えた松本清張の同名小説の映画化。結婚直後に失踪した夫の謎を追う妻が、衝撃の事実を知るサスペンス。広末涼子、中谷美紀、木村多江の三大女優の共演も話題となった。

ネタバレを読む

エクスペンダブルズ2の紹介:2012年公開のアメリカ映画。2010年の映画『エクスペンダブルズ』の続編にあたる。自らを「エクスペンダブルズ(消耗品)」と名乗る最強無敵の傭兵たちの軍団の活躍を描いたアクション映画。

ネタバレを読む

ラストサムライの紹介:2003年公開のアメリカ映画。明治初頭の日本を舞台に、最後の侍の姿を描いた作品。トム・クルーズを主演に据え、日本人と武士道を偏見なく描く意欲作で、渡辺謙、真田広之、小雪など多数の日本人俳優も起用され、高く評価された。

ネタバレを読む

少年Hの紹介:2013年公開の日本映画。テレビ朝日開局55周年記念作品で、妹尾河童が自身の少年時代について描き、国民的ベストセラーとなった同名の小説を、実際の夫婦である水谷豊・伊藤蘭が共演した。戦争の中を必死で生き抜く家族の姿を描いた作品。

ネタバレを読む

硫黄島からの手紙の紹介:2006年公開のアメリカ映画。『父親たちの星条旗』につづく、第二次世界大戦においての硫黄島での戦いを、日米双方の立場から描いた「硫黄島プロジェクト」の、日本側の視点からの作品である。

ネタバレを読む

アバターの紹介:戦争で足が動かなくなった主人公(地球人)が双子の兄弟が死亡し代理としてアバターになる。アバターとは異星人の体を遠隔操作すること。異星人の星には大量の有用資源が眠る。アバターを操作し現住民(異星人)と交渉にあたる。しかし地球乱暴なやり方に不満を持つ主人公はやがて反抗していく。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。