「戦争」映画一覧(2ページ目)

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 1 ユニコーンの日の紹介:2010年に劇場公開されたアニメーション作品。テレビアニメ『機動戦士ガンダム』と同じ宇宙世紀を舞台に、「亡国のイージス」などで知られる作家・福井晴敏が「ガンダムエース」誌にて連載した同名小説を原作としている。監督は、テレビアニメ『るろうに剣心』などの古橋一浩。ガンダムシリーズの原作者でもある富野由悠季監督の『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』より3年後から始まり、それを開封すれば地球連邦政府が壊滅するという謎を秘めた「ラプラスの箱」をめぐる戦いと、その中で出会う少年と少女の物語でもある。過去の宇宙世紀ガンダムシリーズの設定を忠実に受け継ぎ、総括する形として紡がれた物語は、数多くの古参ガンダムファンの人気を集め、ブルーレイディスク第1巻はアニメのブルーレイ初動売上枚数記録を1週間で更新するという大ヒットを記録した。

ネタバレを読む

ジェイコブス・ラダーの紹介:ベトナム戦争中に負傷した米軍兵士の現実と幻想や幻覚とも思える恐ろしい体験を描いた、1990年製作のアメリカのサイコ・スリラー映画。「危険な情事」「ナインハーフ」の監督エイドリアン・ラインによるリアルで恐ろしいビジョンは、後のホラー作品にも多大な影響を与えた。主演は「ザ・プレイヤー」や「デッドマン・ウォーキング」では監督としても知られるティム・ロビンス。脚本は「ゴースト/ニューヨークの幻」のブルース・ジョエル・ルービン、音楽は「アラビアのロレンス」「愛は霧のかなたに」などで知られるモーリス・ジャール。

ネタバレを読む

ヒトラーの贋札の紹介:2007年公開。ナチス・ドイツによる贋札事件に参加させられたユダヤ人の姿を描いた作品。アドルフ・ブルガーの書籍が原作。ドイツ政府が行った史上最大の紙幣贋札事件「ベルンハルト作戦」に参加させられた、原作者アドルフ・ブルガーの証言に基づいて制作された。アカデミー賞では外国語映画賞を受賞。ベルリン国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。

ネタバレを読む

鬼神伝の紹介:2011年公開のアニメ映画。平安時代にタイムスリップして、人と鬼との戦いに巻き込まれた少年の姿を描いた作品。高田崇史の冒険小説が原作。監督は劇場版「スプリガン」の川崎博嗣。音楽は「カムイの剣」の宇崎竜童。主題歌は福原美穂で「STARLIGHT」。主演の声優を務めたのは「終わりのセラフ」の小野賢章。石原さとみや中村獅童も声優に参加。

ネタバレを読む

シャーロット・グレイの紹介:2001年公開。第二次世界大戦中に、ドイツ軍に占領されたフランスのレジスタンス活動に参加した女性の生き様を描いた作品。セバスチャン・フォークスの小説が原作。監督は「若草物語」のジリアン・アームストロング。音楽は「恋におちたシェイクスピア」のスティーヴン・ウォーベック。撮影は「SAYURI」のディオン・ビーブ。主演は「ブルージャスミン」のケイト・ブランシェット。

ネタバレを読む

アラトリステの紹介:2006年公開。17世紀のスペインを舞台に、剣士アラトリステの活躍を描いた作品。アルトゥーロ・ぺレス=レベルテのベストセラー小説が原作。主演は「イースタン・プロミス」でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたヴィゴ・モーテンセン。「私が、生きる肌」のエレナ・アナヤ、「美女と野獣」ではペルデュカスを演じたエドゥアルド・ノリエガ、「トーク・トゥ・ハー」のハビエル・カマラも出演。

ネタバレを読む

イングロリアス・バスターズの紹介:2009年公開の戦争映画。ナチス壊滅を目論む部隊と復讐をする女の姿を描いた作品。第82回アカデミー賞では8部門にノミネートされ、海外の賞を多数獲得した大ヒット作。監督・脚本は「ジャンゴ 繋がれざる者」のクエンティン・タランティーノ。出演は「マネーボール」のブラッド・ピット、「オーケストラ!」のメラニー・ロラン、「ナショナル・トレジャー」のダイアン・クルーガーなど。

ネタバレを読む

7月4日に生まれての紹介:1989年公開。アメリカ独立記念日に生まれたベトナム帰還兵が、様々な苦難を経て反戦運動へ身を投じる姿を描いた作品。ロン・コーヴィックの自伝小説が原作。アカデミー賞では監督賞と編集賞の2部門を受賞した。監督は「プラトーン」のオリバー・ストーン。主演は「ミッション:インポッシブル」シリーズのトム・クルーズ。彼は今作でアカデミー賞主演男優賞にノミネート。テレビシリーズ「クローザー」のキーラ・セジウィック、「シャドウ・オブ・ヴァンパイア」のウィレム・デフォーも出演。

ネタバレを読む

ロック・ザ・カスバ!の紹介:2015年製作のアメリカ映画。『レインマン』のバリー・レヴィンソン監督、ビル・マーレイ、ブルース・ウィリスら共演のエンタテインメント作品。落ち目の音楽芸能マネージャーが、ツアー先のアフガニスタンで偶然出会った天性の歌声を持つ少女を、現地のオーディション番組に出演させるべく奔走するドラマ。

ネタバレを読む

マスター・アンド・コマンダーの紹介:2003年公開。太平洋を舞台に、伝説的艦長と少年兵士達との絆と成長を描いた作品。パトリック・オブライアンの小説が原作。アカデミー賞には10部門にノミネートされ、撮影賞と音響効果賞を受賞した。監督は「トゥルーマン・ショー」のピーター・ウィアー。編集は「ピアノ・レッスン」のリー・スミス。主演は「グラディエーター」のラッセル・クロウ。

ネタバレを読む

レッド・ドーンの紹介:2012年製作の日本映画。突如現れた敵から家族や仲間を守るために戦う高校生たちの姿を描き話題を呼んだジョン・ミリアス監督作『若き勇者たち』。同作の敵の設定を共産圏連合軍から北朝鮮に変更し、リメイクしたサバイバル・アクション。ダン・ブラッドリー監督作品。

ネタバレを読む

プラトーンの紹介:1986年公開。ベトナム戦争の地獄のような最前線で戦う兵士達の姿を描いた作品。第59回アカデミー賞作品賞受賞、第44回ゴールデングローブ賞ドラマ部門作品賞受賞。監督・脚本は「7月4日に生まれて」のオリバー・ストーン。大学を辞めて兵士を志願したクリスは、過酷なベトナム戦争の最前線にきたことに後悔していた。エリアス班長らと死線を超えていき、一人前の兵士となっていくクリス。訪れた村で虐殺をするバーンズ小隊長にエリアスが怒りをあらわにするのだった。

ネタバレを読む

フューリー(2014年)の紹介:2014年公開。第2次世界大戦中、ナチス軍に1台の戦車で戦う米軍の5人の兵士を描いた作品。監督は「エンド・オブ・ウィッチ」のデヴィッド・エアー。出演は「マネーボール」のブラッド・ピット、「ウォールフラワー」のローガン・ラーマン、「トランスフォーマー」のシャイア・ラブーフ、「エンド・オブ・ウィッチ」のマイケル・ペーニャなど。

ネタバレを読む

ワンス・アンド・フォーエバーの紹介:2002年公開。ベトナム戦争のある真実を事実に基づいて描いた作品。「死の谷」とよばれるイア・ドランでの戦いを描いている。監督は「パール・ハーバー」のランドール・ウォレス。主演はメル・ギブソン。ベトナム戦争でハル・ムーア中佐は第7騎兵連隊第一大隊を率いることに。派兵が決まり、任務を遂行するように指示された場所は「死の谷」イア・ドラン。395名の部下を連れて降り立った中佐の前に待ち受けていたのは4000名のベトナム兵だった。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。