「戦争」映画一覧(4ページ目)

グリーン・ゾーンの紹介:2010年公開。イラクの中心部「グリーン・ゾーン」で起こっている巨大な陰謀に立ち向かう男の姿をマット・デイモン主演で描いた作品。イラクにあるとされている大量破壊兵器を探すため、ミラー上級准尉は任務にでる。しかし、偽の情報によって無駄足に。新たな軍の任務が下されるが、ミラーは納得できないでいた。そんな時、地元民のフレディが大物達の会合が開かれていると情報を流してくる。

ネタバレを読む

ネイビーシールズ:チーム6の紹介:2012年公開。テロ組織アルカイダの指導者「ビン・ラディン」暗殺作戦を実話に基いて描いた作品。9.11から10年が経ち、CIAはビン・ラディンの行方を追っていた。潜伏先を突き止め、特殊部隊ネイビーシールズのチーム6に暗殺作戦「ジェロニモ作戦」が命令される。

ネタバレを読む

ローン・サバイバーの紹介:2013年公開。アメリカの特殊部隊ネイビーシールズがレッドウィング作戦中に起きた事件を実話に基づいて描いた作品。アカデミー賞2部門にノミネートなど様々な賞で受賞とノミネートをした。2005年、アフガニスタンの武装集団タリバンの指導者を暗殺する作戦が決行される。ラトレルなど4名が偵察に出るが、途中で民間人と接触してしまう。殺害せずに解放すると、知らせを受けた200名のタリバン兵士が4名の偵察部隊に襲いかかる。

ネタバレを読む

ジャーヘッドの紹介:スオフォードは海兵隊員となって、斥候狙撃兵になれるチャンスを与えられる。厳しい訓練に耐え抜いて、8名の中に選ばれる。イラクがクウェートに侵攻し始め、サウジアラビアに派遣されるスオフォード達。彼らは砂漠で待機を命じられて、退屈な毎日を過ごしていた。そして湾岸戦争の始まりが告げられるが…。湾岸戦争に参加した海兵隊員の姿を描いた作品。監督はサム・メンデス。

ネタバレを読む

エリザベス:ゴールデン・エイジの紹介:女王に即位したエリザベス。国内は宗派の違いで慌ただしく、他国から求婚が後を絶たなかった。ある日、世界を旅しているウォルターがやってくる。彼の話しに夢中になるエリザベス。しかし、別の勢力が女王の座を狙いだす。16世紀に40年間イギリスを統治したエリザベス1世の半生を描いた作品。1998年の映画「エリザベス」の続編で、同じキャストとスタッフで描いている。第80回アカデミー賞衣装デザイン賞受賞。

ネタバレを読む

エリザベスの紹介:16世紀のイギリスでは、旧教派と新教派の二つに国が別れてしまっていた。メアリー女王が新教派を弾圧して、エリザベスも投獄をする。無実のエリザベスは釈放されて、女王は病気で他界。新女王としてエリザベスが即位する。1998年公開。40年もの間イギリスを統治したエリザベス1世の半生を描いた作品。第71回アカデミー賞では作品賞など7部門にノミネートされ、メイクアップ賞を受賞。

ネタバレを読む

海と毒薬の紹介:1986年公開の日本映画。遠藤周作の同名小説を映画化。太平洋戦争末期に実際にあった、米軍捕虜への臨床実験(生体実験)「九州大学生体解剖事件」における若き医師の葛藤を描いた作品。その作品の内容が原因で出資者探しが難航し、映画化したのは17年後。舞台は架空の大学の医療機関「九州のF帝大」と設定、モノクロで撮られている。

ネタバレを読む

誰でもない女の紹介:ナチスが生み出した負の遺産、生命の泉計画。その後秘密警察が隠すために動いていた。この作品はその計画によって生まれたノルウェー女性の悲劇を描いている。アカデミー賞外国語映画賞ドイツ代表作品。ドイツ・アカデミー賞最優秀編集賞、ビべラッハ映画祭最優秀作品賞受賞。

ネタバレを読む

ヒトラーの審判 アイヒマン、最期の告白の紹介:アドルフ・アイヒマンは第2次世界大戦中にホロコーストに関与。戦後はアルゼンチンに潜伏して軍事裁判を回避していた。しかし、イスラエル諜報機関によって身柄を確保。イスラエルに連行される。レス警部がアイヒマンに尋問をしていく様子を描いた作品。この作品はイスラエル政府の公式な尋問記録を元に制作された物語。

ネタバレを読む

アフリカン・ソルジャー 少女兵士の戦場の紹介:1960年代エリトリアの独立運動に巻き込まれた少女の物語。独立運動はジェブハとシャビアの同胞争いの狂気を生んでしまう。事実に基いて制作された作品。

ネタバレを読む

悲しみの青春の紹介:イタリア映画の巨匠ヴィットリオ・デ・シーカの晩年の作品。1971年にアカデミー賞最優秀外国語賞、ベルリン国際映画祭金熊賞受賞作品。ジョルジョ・バッサーニの半自叙伝小説『フィンツィ・コンティーニ家の庭』が原作。1930年末のイタリアを舞台に、迫害されるユダヤ人の苦痛や悲劇的な恋愛模様を描いた名編。

ネタバレを読む

30アサルト 英国特殊部隊の紹介:第二次世界大戦中の1940年、イギリスはドイツに対抗するために極秘作戦を行う。その作戦はナチス占領下のノルウェーにある最新のレーダーの破壊と情報の奪取だった。作戦を行うのはジョーンズ少佐が選抜した選りすぐりの特殊部隊。英国特殊部隊の活躍を描いた作品。

ネタバレを読む

レッド・バロンの紹介:ドイツ空軍の英雄、撃墜王ことマンフレート・フォン・リヒトホーフェンの半生を描いた作品。第一次世界大戦中の彼の活躍を描いている。彼の乗る戦闘機は真っ赤に塗られていたことから「レッド・バロン」と呼ばれていて恐れられていた。2008年公開。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。