「戦争」映画一覧(5ページ目)

ラスト・リベンジの紹介:2015年公開のアメリカ映画。CIAのベテラン・エージェントが、退職間際になって宿敵であるテロリストの生存情報を知り、テロリストへの復讐に向け危険なミッションに動き出す様子を描いた、サスペンス・アクション。

ネタバレを読む

ラストデイズ・オブ・ザ・ワールドEPISODE1トリフィドの日の紹介:人類は遺伝子操作された肉食植物「トリフィド」から石油に代わるエネルギーを取り出していた。ある日突然の太陽風により人類のほとんどが視力を失ってしまう。人類は管理ができなくなり、トリフィドが施設から抜け出し、人類に襲いかかる。トリフィドの恐ろしさと主人公のビルとジョーの奮闘を描いた作品。

ネタバレを読む

ベルリン36の紹介:ナチス時代にベルリンで開催されたオリンピックにドイツ国民の一員であるユダヤ人を排斥するならオリンピックに参加しないと提唱した国があったため、たった一人出場することになったユダヤ人の高飛び選手とライバルのマリーとの間に芽生える友情の物語です。

ネタバレを読む

大通りの店の紹介:第二次大戦中ナチスの占領下にあったチェコで平凡な暮らしをしているトノは妻エベリーナの義理の兄からユダヤ人のある店を没収してその管理をトノに任せようt提案しました。平凡ではあっても心の優しいトノは老婆からその店を取り上げて自分が利益をあげるなどということはできないと悟るようになり、ユダヤ人弾圧から老婆との間に親子のような友情が芽生えていきます。

ネタバレを読む

レッド・オクトーバーを追え!の紹介:1984年に発表されたトム・クランシーの軍事小説をもとに制作された大作海洋冒険映画。監督は『ダイハード』や『プレデター』で一世を風靡したジョン・マクティアナン。東西冷戦時代をテーマにした作品だが、公開されたのは冷戦終結後の1990年であるにも関わらず大ヒットを記録し、アカデミー音響効果賞を受賞した。

ネタバレを読む

プルガサリ 伝説の大怪獣の紹介:朝鮮半島に古くから伝わる不可殺(プルガサリ)の民話をベースに製作されたSFX怪獣映画。高麗王朝時代、無念の思いを抱いて死んだ鍛冶屋に魂を吹き込まれ誕生した伝説の怪物プルガサリは、悪政に虐げられていた農民たちの味方になり官軍と戦う。1985年朝鮮民主主義人民共和国。(日本公開は1998年)監督:チョン・ゴンジュ、シン・サンオク、協力特撮監督:中野昭慶。日本からゴジラの製作スタッフを招聘して作られたことは有名である。

ネタバレを読む

喜びも悲しみも幾歳月の紹介:昭和7年(1932年)から25年にわたり戦前・戦中・戦後を通して日本各地の灯台で船の安全を守り続けた灯台守とその妻の半生を描いた長編作。若山彰が歌う映画のタイトルと同名の主題歌も大ヒットした。1957年公開。原作・脚本・監督:木下恵介

ネタバレを読む

銀河英雄伝説わが征くは星の大海の紹介:遠い未来、銀河系の命運をかけて争う銀河帝国と自由惑星同盟に生まれた2人の英雄、「常勝の英雄」ラインハルトと「不敗の魔術師」ヤンが、初めて戦場で相まみえた戦いを描いた物語です。

ネタバレを読む

ファイナル・カウントダウンの紹介:1980年公開のアメリカ映画。超最新兵器を満載して航行中の原子力攻撃空母が、突然嵐と共にタイム・スリップに遭遇し、1941年の日本海軍による真珠湾奇襲時のハワイ沖に出没するというSF映画。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。