「世界の終末」映画一覧

獣人繁殖の紹介:「ターミネーター2」「ジュラシックパーク」等で4度のアカデミー賞を獲得しているスタン・ウィンストン・スタジオが手掛けた、2000年制作のアメリカのTVMシリーズ「クリチャー・フィーチャーズ」全5作のうちの1本。文明が滅びた未来、洞窟で原始的に暮らし、クレイジーなシャーマンこと”親父”に束縛されていた6人の若者が逃亡、都市の廃墟に住む近代的な男女に救われるが、彼らには重大な秘密があり…という2001年公開のアメリカのホラー・SF。監督/出演は「ケンパーク」「KIDS/キッズ」のラリー・クラーク。オリジナルはロジャー・コーマン監督の「恐怖の獣人」(1958)。

ネタバレを読む

パルスの紹介:ネットを媒体として蔓延する”死の回路”の恐怖を描いた2001年公開の「回路」(黒沢清監督)のアメリカ版リメイク作品で、2006年公開のアメリカのホラー映画。監督は本作がデビュー作のジム・ソンゼロ。脚本は「ケース39」「クレイジーズ」(2010年)のレイ・ライトと「エルム街の悪夢」で知られるウェス・クレイヴン。オリジナル脚本は黒沢清。出演は「HEROES/ヒーローズ」のクリステン・ベル、「ヴァンパイア・ダイアリーズ」のイアン・サマーホルダーなど。

ネタバレを読む

夢の紹介:黒澤明監督の晩年の作品で、幼い自分から壮年の自分が見た夢を美しく壮大な風景で描いた、1990年公開の日米合作のオムニバス・ファンタジー映画。監督/脚本は黒澤明、演出補佐は「ゴジラ」で知られる本多猪四郎。「日照り雨」「赤冨士」の視覚効果はILM。音楽は「影武者」の池辺晋一郎。

ネタバレを読む

王立宇宙軍 オネアミスの翼の紹介:地球とは違う星、オネアミス王国のお話。王国には王立の宇宙軍が存在しており、「人類初の有人人工衛星」を打ち上げる計画があった。その計画に名乗りを上げたのが、これまでお気楽な人生を送っていたシロツグであった。「エヴァンゲリオン」で有名なガイナックス初の長編アニメ映画で手描きでリアルな描写を実現している。

ネタバレを読む

スウィング・オブ・ザ・デッドの紹介:ゾンビで溢れかえった世界で旅を続けるミッキーとベン。二人は野球好きでキャッチボールをしたり、釣りをしたりと気ままに生きていた。どこかに安心できる場所や生存者はいないかと探していると、無線から人の声がしてくる。この無線から運命が変わっていくことに。単に恐怖を与えるのではなく、世界がゾンビで溢れかえった時の様子を現実的に描いた作品。

ネタバレを読む

劇場版仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼の紹介:2005年に放送された平成仮面ライダーの第6作『仮面ライダー響鬼』の映画化作品。鬼に変身して人を食う魔物「魔化魍(まかもう)」と戦う仮面ライダーという斬新な設定と、全編を通じての和風のテイストによって、シリーズ中でも独特の人気を集めた。また主役のヒビキを演じる細川茂樹は、当時最高齢の仮面ライダーとして話題となった。この劇場版では戦国時代を舞台に、7人の個性豊かなご当地ライダーが登場し、興行収入11億円のスマッシュヒットとなった。

ネタバレを読む

サイレント・ワールド2011の紹介:異常気象によりオゾン層に亀裂が入ってしまう。その結果、マイナス70度の寒冷前線が発生。寒冷前線は世界へと広がっていき、人や動物、建物などあらゆるものが凍結していく。主人公の気象学者ジャックが世界の危機を救う様子を描いた作品。

ネタバレを読む

デッドプールの紹介:マーベル・コミックによる同名のスーパーヒーロー作品を原作とした2016年のアメリカ映画。製作・配給は20世紀フォックスで、同社のスーパーヒーロー映画『X-MEN』のシリーズとも世界観を共有している。監督は視覚効果アーティスト出身のティム・ミラー。本作は彼にとって劇場作品の監督デビュー作でもある。出演のライアン・レイノルズは過去にも『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』で同名のキャラクターを演じたことがあるが、その際はイメージがあまりに違いすぎたことで原作ファンの非難を受け、本人も不本意だったとコメントしている。今回はキャラクターのイメージに忠実な映画化として高く評価され、興行的にも大ヒットを記録した。

ネタバレを読む

劇場版 仮面ライダー龍騎 EPISODE FINALの紹介:平成仮面ライダーシリーズの第三作で、13人の仮面ライダーが最後の一人になるまで戦うバトルロワイヤルという衝撃的なストーリーで話題を呼んだ『仮面ライダー龍騎』の劇場版。本シリーズは、仮面ライダー同士のバトルロワイヤルだけでなく、カードを使って戦う仮面ライダーということや、さまざまな仮面ライダーが登場し、それぞれの欲望に突き動かされて戦う物語は、若年層だけでなく大人にも見応えのある人間ドラマとして高い人気を集めた。この劇場版にもおいても、本編に先駆けて最終回を描くという奇抜な展開や、史上初の女性仮面ライダーとして女優の加藤夏希が起用されたことでも話題となった。

ネタバレを読む

殯の森の紹介:認知症を患いながら、亡き妻の思い出と生きる男性と新任介護士の女性が、家族を失った悲しみという共通点を抱え、心を通わせていく。「生」と「死」の結び目を描いた作品。
監督・脚本・プロデュースは、カンヌ常連の河瀨直美監督。第60回カンヌ国際映画祭コンペティション部門において、女性の監督としては史上初のグランプリに輝いた。

ネタバレを読む

メランコリアの紹介:デンマークの鬼才ラース・フォン・トリアー監督による作品。鬱にある人こそ危機的状況に冷静に対応できることをテーマに、惑星メランコリアが地球に接近する様子を、パニックアクションとは異なった視点から描き出した意欲作。作品内で流れるワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」の甘美で退廃的なメロディーと、破滅的な内容ながら美しい映像が魅力的な作品。

ネタバレを読む

劇場版仮面ライダー555パラダイス・ロストの紹介:平成仮面ライダー4作目で、いまでも人気の高い『仮面ライダー555』の劇場版。ベルトによって変身者が変わるという斬新な設定や、スタイリッシュなデザインとアクション、そして若者たちが傷つき迷いながらも理想を追い求めるという物語は、多くの視聴者に支持され、高い視聴率とともに、この映画も大ヒットを記録した。た。

ネタバレを読む

アビスの紹介:1989年に制作されたジェームズ・キャメロン監督による深海SFアドベンチャー。人類未到の深海に潜む謎と驚異を見事に描いたILMの特撮は、アカデミー視覚効果賞を受賞した。またキャメロンは本作の経験をもとに名作『タイタニック』を製作した。

ネタバレを読む

ゾンビの紹介:ある日突然、世界中で死者が生き返って生者を襲い始めるという現象が発生した。社会の秩序は崩壊し、文明が崩壊していく。その地獄のような世界で人はいかに生き延びるか。ベトナム戦争で疲弊した時代を反映し、ゾンビ映画というジャンルを築きあげた歴史に残る名作ホラー映画の大傑作。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。