「世界の終末」映画一覧

ハイ・ライズの紹介:2015年製作のイギリス映画。SF界の巨匠J・G・バラードの小説『ハイ-ライズ』を映画化。ロンドン郊外の高層マンションに入居したラングは、上層階に行くにつれ住人が富裕層になっていき、フロアの高低に基づく階級間の摩擦の存在を知る。そしてある夜の停電を境に彼らの問題は顕わになっていく…。

ネタバレを読む

インフェクション/感染の紹介:2014年制作のアメリカ映画。生物兵器によって感染が広がる世界を舞台に、3組の男女の運命を描いている。フランク・ランジェラ、ジョシュ・ハートネットなど実力派が出演した作品。原題はPARTS PER BILLION。

ネタバレを読む

夜明けのゾンビの紹介:2011年制作のアメリカ映画。南北戦争期にゾンビが大量発生し、家族を失った男性の使命を全うする姿を描いている。ゾンビ映画界のテレンス・マリック、ジョン・ゲデスが監督・脚本を務めた作品。原題はEXIT HUMANITY。

ネタバレを読む

インフェルノの紹介:2016年公開のアメリカ映画。ダ・ヴィンチ・コードシリーズ第3弾。トム・ハンクス演じるラングドン教授が、増え続ける人口増加への過激な対抗策として作られたウィルスを探し、散布を防ごうと立ち向かう姿を描く。

ネタバレを読む

ラ・ジュテの紹介:近未来の廃墟と化したパリ。捕虜となった男はタイムトラベルの実験台となる…。
ヌーヴェル・ヴァーグの映像作家クリス・マイケルが監督した中篇SF。“フォトロマン”と呼ばれる全編スチールカットで構成された作品。1963年のトリエステSF国際映画祭でグランプリ受賞し、伝説の名作と称されている。

ネタバレを読む

ダム・キーパーの紹介:汚染された空気を街の外へ出すダム・キーパーの豚の少年。学校にキツネの転校生がやってきたことで、孤独な豚の人生が変わっていく。
『トイ・ストーリー3』や『モンスターズ・ユニバーシティ』でアートディレクターを務めた堤大介とロバート・コンドウが監督した短編アニメーション作品。2015年米アカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされたほか、国際映画祭での受賞は20以上にのぼる。

ネタバレを読む

ハプニングの紹介:アメリカで実際にあった怪現象”ミツバチ失踪事件”をベースに、もしそれが人間に起ったら?という恐怖を描いた2008年公開のアメリカのミステリー・SF・パニック映画。製作/製作総指揮/監督/脚本は「シックスセンス」「サイン」のM・ナイト・シャマラン。音楽は「ダークナイト」「ヴィレッジ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。主演は「PLANET OF THE APES 猿の惑星」のマーク・ウォールバーグ。

ネタバレを読む

ゾンビ・ファイト・クラブの紹介:2014年製作の台湾映画。ゾンビが蔓延する高層ビル内で繰り広げられるサバイバルを描いたアクション。ある高層マンションでドラッグの売買が行われ、そのドラッグによるゾンビ化が蔓延していた。ジェニーはボーイフレンドを殺されるが、特殊部隊のアンディと逃げ出し…。

ネタバレを読む

10 クローバーフィールド・レーンの紹介:2002年公開の日本映画。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のJ.J.エイブラムスが製作を手がけたミステリアスな物語。見知らぬ男に連れられ、シェルターでの共同生活を余儀なくされる女性が体験する出来事がつづられる。

ネタバレを読む

フィフス・ウェイブの紹介:2016年公開のアメリカ映画。リック・ヤンシーのヒット小説を実写化したSFミステリー。知的生命体の襲撃で荒廃した地球で、一人の少女が離れ離れになった弟を捜し出そうとする。地球侵略の描写に加え、人間の内側に侵入した知的生命体たちとの心理戦にも手に汗握る。

ネタバレを読む

アイアムアヒーロー はじまりの日 dTVオリジナルの紹介:2016年製作の日本配信ドラマ。同年4月に公開された映画『アイアムアヒーロー』に先駆けて4月9日に公開されたスピンオフ作品で、映画公開直後は映像配信サービスdTVでランキング1位を獲得した。映画の中盤以降に登場する長澤まさみ演じる藪(小田つぐみ)側の、合流するまでの話を描く。

ネタバレを読む

太陽の紹介:2015年公開の日本映画。第19回読売演劇大賞でグランプリを受賞した前川知大による舞台劇を、神木隆之介、門脇麦らの出演で映画化したSFドラマ。バイオテロにより人類の大半が死滅してしまった近未来を舞台に、健康な肉体や高い知能を持つ一方、光に弱く夜に活動する新人類“ノクス”と彼らに虐げられる旧人類“キュリオ”の関わりが生む騒動を描く。

ネタバレを読む

マギーの紹介:2015年製作のアメリカ映画。アーノルド・シュワルツェネッガーがゾンビ化する娘を守ろうと苦悩する父親を演じ、自ら製作も手がけたホラー風味の人間ドラマ。人々をゾンビ化させるウイルスが蔓延する近未来を舞台に、父娘の愛を描く。アビゲイル・ブレスリンがゾンビ化していく娘に扮し、愛する家族を襲うかもしれないという不安にさいなまれる心情を丁寧に演じる。

ネタバレを読む

獣人繁殖の紹介:「ターミネーター2」「ジュラシックパーク」等で4度のアカデミー賞を獲得しているスタン・ウィンストン・スタジオが手掛けた、2000年制作のアメリカのTVMシリーズ「クリチャー・フィーチャーズ」全5作のうちの1本。文明が滅びた未来、洞窟で原始的に暮らし、クレイジーなシャーマンこと”親父”に束縛されていた6人の若者が逃亡、都市の廃墟に住む近代的な男女に救われるが、彼らには重大な秘密があり…という2001年公開のアメリカのホラー・SF。監督/出演は「ケンパーク」「KIDS/キッズ」のラリー・クラーク。オリジナルはロジャー・コーマン監督の「恐怖の獣人」(1958)。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。