「青春」映画一覧(2ページ目)

トップガン(1986年)の紹介:1986年公開のアメリカ映画。アメリカ海軍のパイロット育成学校の訓練生の青春を描いた作品。監督は「トゥルー・ロマンス」のトニー・スコット。制作は「アルマゲドン」のジェリー・ブラッカイマーと「ビバリーヒルズ・コップ」のドン・シンプソン。主演は「ミッション:インポッシブル」シリーズのトム・クルーズで、今作でスターの階段を駆け上がった。

ネタバレを読む

ボーイズ・オン・ザ・ランの紹介:2010年公開の日本映画。残酷な現実にあがいて成長していく不器用な青年の姿を描いた作品。花沢健吾の漫画が原作。監督・脚本は「何者」の三浦大輔。主演は銀杏BOYZの峯田和伸で、原作の大ファンの彼は主題歌の「ボーイズ・オン・ザ・ラン」を書き下ろした。「走れ、絶望に追いつかれない速さで」の黒川芽以、「悪夢探偵」シリーズの松田龍平も出演。

ネタバレを読む

おもいでの夏の紹介:1971年公開のアメリカ映画。思春期の少年が、年上の女性に憧れた一夏の経験を描いた作品。アカデミー賞では作曲賞を受賞した。監督は「アラバマ物語」のロバート・マリガン。音楽は「シェルブールの雨傘」のミシェル・ルグラン。撮影は「ベン・ハー」のロバート・サーティース。ドロシー役のジェニファー・オニールは今作で一躍スターになった。

ネタバレを読む

ブレックファスト・クラブの紹介:1985年公開の青春映画。学校から休日登校を言い渡された男女5人の高校生が、友情の絆に結ばれていく姿を描いている。ブラット・パックの代表作品。監督・脚本は「ホームアローン」シリーズで脚本と制作に携わったジョン・ヒューズ。出演者は「ヤングガン」のエミリオ・エステベス、「デッド・ゾーン」のアンソニー・マイケル・ホール、青春映画のナンバーワン女優と呼ばれたモリー・リングウォルドなど。

ネタバレを読む

シロメの紹介:アイドルグループ”ももいろクローバー”が「シロメさま」の都市伝説の舞台となった廃校で体験する恐怖を描いた、2010年公開のフェイクドキュメンタリー・ホラー映画。メンバーは本作が映画初出演であり初主演となり、リアリティを出すため本人たちには映画撮影であることは伝えられなかったとか。監督・脚本・編集・出演は「貞子vs伽椰子」「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」シリーズで知られる白石晃士。主題歌はももいろクローバーの「ココ☆ナツ」。

ネタバレを読む

ラブファイトの紹介:2008年公開の日本映画。いじめられっ子の男子高校生と喧嘩の強い女子高生の、幼馴染二人のラブストーリーを描いた作品。まきの・えりの「聖母少女」が原作。大沢たかおが初めて映画プロデュースした作品。主演は「バッテリー」の林遣都と「幸福な食卓」の北乃きい。主題歌はFUNKY MONKEY BABYSの「希望の唄」。

ネタバレを読む

真夜中のカーボーイの紹介:テキサスのど田舎からNYへ一獲千金を夢見てやってきたカウボーイ姿の若者ジョーとNYの最底辺で生きる男ラッツォの出会いと別れを描いた1969年公開のアメリカ映画。原作はジェームズ・レオ・ハーリヒーの「真夜中のカウボーイ」。監督は「イナゴの日」「マラソンマン」のジョン・シュレシンジャー。製作はジェローム・ヘルマン、脚本はウォルド・ソルト。主演はジョン・ヴォイトとダスティン・ホフマン。音楽は「愛と哀しみの果て」のジョン・バリー、主題歌はハリー・ニルソン「Everybody’s Talkin(うわさの男)」。1969年アカデミー賞作品賞ほか3部門、NY批評家協会賞主演男優賞、英国アカデミー賞6部門他多くの賞を獲得、1994年にはアメリカ国立フィルム登録簿に登録された。

ネタバレを読む

ワイルド・ガールの紹介:2008年公開。好き放題な生活を送っていた少女が、イギリスの名門女子高に通うことになって成長していく姿を描いた作品。主演は「アンファビュラス」のエマ・ロバーツ。「アイ・アム・ナンバー4」のアレックス・ぺティファー、「ショーン・オブ・ザ・デッド」のニック・フロストらも出演。

ネタバレを読む

フィフス・ウェイブの紹介:2016年公開のアメリカ映画。リック・ヤンシーのヒット小説を実写化したSFミステリー。知的生命体の襲撃で荒廃した地球で、一人の少女が離れ離れになった弟を捜し出そうとする。地球侵略の描写に加え、人間の内側に侵入した知的生命体たちとの心理戦にも手に汗握る。

ネタバレを読む

岸和田少年愚連隊 BOYS BE AMBITIOUSの紹介:1996年の映画。大阪の岸和田を舞台に、喧嘩を繰り返す少年達の青春を描いた作品。中場利一の小説が原作。監督は「パッチギ!」の井筒和幸。主演はナインティナイン、「牡丹と薔薇」の大河内奈々子。ナインティナインの二人は今作でブルーリボン新人賞を受賞。この作品には、ブラックマヨネーズの吉田やFUJIWARA、宮川大輔、野生爆弾など、当時知名度の低かった芸人が数多く出演している。

ネタバレを読む

ポルノ☆スターへの道の紹介:2011年公開。両親が昔ポルノスターだったことを知った青年が、ポルノスターを目指していく姿を描いた作品。脚本・制作には「再会の街で」のアダム・サンドラーが参加。出演は「バッファロー’66」のクリスティーナ・リッチ、刑事ドラマ「特捜刑事マイアミバイス」のドン・ジョンソン、「SOMEWHERE」のスティーヴン・ドーフ。

ネタバレを読む

大洗にも星はふるなりの紹介:2009年公開の日本映画。『勇者ヨシヒコ』シリーズ、『HK変態仮面』の福田雄一による恋愛狂想曲。勘違い男、ミーハー弁護士、サメマニアの大学生など7人の男たちが憧れのマドンナをめぐって、大騒動を展開する。

ネタバレを読む

太陽の紹介:2015年公開の日本映画。第19回読売演劇大賞でグランプリを受賞した前川知大による舞台劇を、神木隆之介、門脇麦らの出演で映画化したSFドラマ。バイオテロにより人類の大半が死滅してしまった近未来を舞台に、健康な肉体や高い知能を持つ一方、光に弱く夜に活動する新人類“ノクス”と彼らに虐げられる旧人類“キュリオ”の関わりが生む騒動を描く。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。