「青春」映画一覧(30ページ目)

太平洋ひとりぼっちの紹介:1963年公開の日本映画。海洋冒険家の堀江謙一が出版した手記を映画化した、石原プロモーションの映画製作第一回作品である。当時設立間もない円谷プロが特撮を手掛けたことでも有名である。

ネタバレを読む

遠くの空に消えたの紹介:2007年公開の日本映画。行定勲監督のオリジナル作品。空港建設をめぐる北海道の田舎村で、反対派と推進派で動く大人たちの思惑をよそに、ある少女の夢をかなえるために少年たちが奮闘する物語である。

ネタバレを読む

時をかける少女(1983年):1983年公開の日本映画。筒井康隆のSF小説を原作とし、大林宣彦が監督を務めた。大林監督の「尾道三部作」(他2作は『転校生』・『さびしんぼう』)の2作目に数えられる。またこの作品はリメイク版・アニメ化もされた。

ネタバレを読む

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれないの紹介:2009年公開の日本映画。インターネットの掲示板2ちゃんねるの書き込みをもとに新潮社から発売された書籍を原作とする。元ニートの青年がブラック会社に就職して人間的に成長する物語。

ネタバレを読む

オンリー・ユー(1994年)の紹介:1994年公開のアメリカ映画。古都・ローマを舞台に、運命の糸に結ばれた男女の恋を描くロマンティックなラヴ・ストーリー。「ローマの休日」など古き良き恋愛映画をアレンジした「おとぎ話」風の演出がなされている。

ネタバレを読む

スクール・オブ・ロックの紹介:2003年公開のアメリカ映画。売れないロッカーが名門小学校の先生になりすまし、生徒たちに新風を巻き起こす姿を絶妙のテンポで描く。バンドメンバーの子供たちは本当のミュージシャンなので実際に演奏している。

ネタバレを読む

ハナミズキの紹介:2010年公開の日本映画。一青窈の代表曲である「ハナミズキ」をモチーフにした10年の時をかける純愛ラブストーリー。監督は『いま、会いにゆきます』、『涙そうそう』の土井裕泰で、主演は『恋空』の新垣結衣。

ネタバレを読む

あいつと私(1961年)の紹介:1961年公開の日本映画。週刊読売連載の石坂洋次郎の同名小説を中平康・監督が映画化した、裕次郎回復後の第一作である。裕次郎は同年に志賀高原スキー場でスキーヤーと衝突し、右足首粉砕複雑骨折で入院していた。

ネタバレを読む

ムーンライズ・キングダムの紹介:2012年公開のアメリカ映画。ウェス・アンダーソン監督が、駆け落ちした12歳の男女と、彼らを心配する親や周囲の人々の滑稽な姿を描く。表題「ムーンライズ・キングダム」とは「月の昇る王国」という意味である。

ネタバレを読む

円卓 こっこ、ひと夏のイマジンの紹介:2014年公開の日本映画。西加奈子の小説を映画化。大家族の中で孤独に憧れる小学生・琴子(こっこ)が、ひと夏の体験を通じ成長していく物語。キャッチコピーは「小学三年生を経験したすべての大人たちへ…」。

ネタバレを読む

グラン・トリノの紹介:クリント・イーストウッド監督作品。一人暮らしの頑固な老人ウォルトが、大事にしているヴィンテージ・カー「グラン・トリノ」をきっかけに、隣家に引っ越してきたアジア系の家族と少しずつ心を通じ合い、少年タオのために、自らを犠牲にして彼の未来を守ろうとする絆の物語。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。