「青春」映画一覧(5ページ目)

バッド・ブロマンスの紹介:2015年製作のアメリカ映画。高校の同窓会で20年ぶりに再会したら…おじさんがオジサンに恋をした!?  同窓会を開こうと計画した中年男ダンが、同窓会にハリウッドスターの同級生を呼ぼうとLAに乗り込むと、そこにはボーイズラブならぬ『オジサンラブ』が待っていた…抱腹絶倒のコメディ。

ネタバレを読む

ブルークラッシュの紹介:アン・マリーはジュニア大会で優勝した実力を持つ女性サーファー。出て行った母の代わりに妹のペニーの世話をして、友人達と暮らしていた。アン・マリーは間近に迫ったサーフィンの大会で優勝して、スポンサーがついて有名になることを目標にしている。しかし、競技中の事故でスランプに陥り、仕事先で出会ったマットに夢中になってしまう。サーフィン大会で優勝を目指す女性サーファーを描いた作品。

ネタバレを読む

サマータイムマシン・ブルースの紹介:2005年公開の日本映画。『踊る大捜査線』のシリーズの本広克行監督が放つSF青春劇。謎のタイムマシンで、今日と昨日を行き来する大学生の騒動をコミカルに描く。主演は瑛太&上野樹里。これほどタイムマシンを無駄使いしている作品はほかにない! また同監督作品の『UDON』『曲がれ! スプーン』などとも登場人物がクロスしているのも見どころ。

ネタバレを読む

小悪魔はなぜモテる?!の紹介:モテないオリーヴは年上の彼氏がいると親友のリーに嘘をついてしまう。更に嘘でエッチしたと言ってしまい、マリアンヌに聞かれてしまう。そして学校中に尻軽女と噂される。噂を聞きつけた男達に偽装エッチの依頼を受けてあげるオリーヴ。噂はどんどんエスカレートしていき…。エマ・ストーン主演で贈るラブコメディ。ゴールデングローブ賞の主演女優賞にエマ・ストーンがノミネートされた作品。

ネタバレを読む

マレーナの紹介:1940年、イタリアでは戦争に参戦することが決まる。12歳の少年、レナートは街一番の美しさを誇るマレーナに心を奪われてしまう。マレーナには夫がいたが、戦死して彼女は未亡人に。街中の男達は彼女を射止めようとするが…。モニカ・ベルッチ主演のノスタルジックな青春を描いた作品。アカデミー賞では撮影賞、作曲賞を受賞。モニカ・ベルッチがブレイクになるきっかけになった作品。

ネタバレを読む

曲がれ!スプーンの紹介:2009年公開の日本映画。人気劇団・ヨーロッパ企画の戯曲「冬のユリゲラー」を原作に、本広克行が監督を務めたハートフル・コメディ。エスパーを探すドジなADを長澤まさみがコミカルに好演する。『サマータイムマシン・ブルース』『UDON』などとの連携もあり。

ネタバレを読む

赤い糸の紹介:芽衣と敦史の切ないラブストーリーを描いた作品。中高生から圧倒的な支持を受けたケータイ小説を実写化。ドラマと連動して描かれた。芽衣と敦史は誕生日が同じで2月29日。4年に一回しか訪れない誕生日に幼い頃二人は出会っていた。中学で再会した二人だったが…。

ネタバレを読む

君の名は。の紹介:2016年公開、東宝配給のアニメーション作品。監督は個人制作の短編『ほしのこえ』でデビューし、『雲のむこう、約束の場所』『秒速5センチメートル』など、男女の心の機微を描いた作品で、世界的にも高く評価されている新海誠。本作は『言の葉の庭』から3年ぶりとなるオリジナル長編作品である。多くのスタジオジブリ作品に携わってきた作画監督の安藤雅司による繊細な映像も見所。主役の少年と少女を、若手実力派の神木隆之介と第38回日本アカデミー賞新人俳優賞の上白石萌音が演じている。

ネタバレを読む

海の上の君は、いつも笑顔。の紹介:主人公の汀は同級生の陸に思いを寄せていた。サーファーの陸に声をかけられた事から、汀は兄の形見のサーフボードを持って練習をしにいく。しかし、波にのまれてしまってボードを無くしてしまう。ボードを探す汀が湘南に住む人々と触れ合いながら成長していく姿を描いている。谷村美月主演の青春映画。

ネタバレを読む

チルソクの夏の紹介:1977年、下関市と釜山の間で行われた関釜陸上競技大会。選手として出場した郁子は釜山の選手の安と出会う。お互いに惹かれあった二人はそれから文通をするように。しかし、日本と韓国の間には根強い偏見が残っていて、お互いの両親は関係をよく思わない。翌年の親善試合がある七夕、韓国ではチルソクと呼ばれる日に会うことを約束する二人だったが…。上野樹里のデビュー作品。第44回日本映画監督協会新人賞、第9回新藤兼人賞金賞を受賞。

ネタバレを読む

ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出の紹介:第2次世界大戦の終戦記念日。勝利で湧くロンドンの街へ、初めてお忍びで外出した若き日の英国王女エリザベスと妹のマーガレットが巻き込まれる、一夜の出来事を描く。

ネタバレを読む

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマーの紹介:高橋留美子原作「うる星やつら」の劇場版オリジナル長編アニメーションの第2作。“学園祭の前日”という1日を無限ループするあたるたちは、やがてそれが誰かの夢の世界にいるのだと気付く。1984年公開。監督・脚本:押井守、音楽:星勝。TVアニメシリーズを手がけた押井守が放った渾身の一撃…いや一作で、本作品は押井守の世界観の原点と言われている。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。