「フード・インク」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ドキュメンタリー映画

映画「フード・インク」の感想

ライターの感想

「生き物を命のないモノとして扱い、人間が勝手に操作できると思うような文化は、傲慢な眼で人間も見てしまうだろう」と語る有機農法農業者が語る言葉が印象的だった。 劣悪な環境でストレスの極致で育てられた動物の肉を我々は食べている。私たちはその動物たちのストレスまでも一緒に食べているのではないだろうか。映画は何を食べるべきかを教えてくれる。私の体や精神は私が食べるもので出来上がっているのだから関心を持たないと。
    1 2 3 4 5

    「フード・インク」と同じカテゴリの映画

    関連記事はこちら

    ×