映画:同じ遺伝子の3人の他人

「同じ遺伝子の3人の他人」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ドキュメンタリー映画

同じ遺伝子の3人の他人の紹介:2018年にアメリカで製作されたドキュメンタリー映画。生後6か月で生き別れ、自分に兄弟がいることを知らずに育った三つ子が再会したことから動き出した3人の人生を追った作品となっている。当人とその周囲の人物のインタビュー映像と再現映像を交えながら作品が進んでいく。次第に明らかになっていく事実を当人が知っていく様子が記録されている。監督を務めたのはティム・ウォードル。

あらすじ動画

同じ遺伝子の3人の他人の主な出演者

ボビー・シャフラン、デビッド・ケルマン、エディ・ガーランド

同じ遺伝子の3人の他人のネタバレあらすじ

【起】– 同じ遺伝子の3人の他人のあらすじ1

同じ遺伝子の3人の他人のシーン1

画像引用元:YouTube / 同じ遺伝子の3人の他人トレーラー映像

 ボビー・シャフランは19才になったときのことを振り返ります。

 19才になったボビーは、短期大学へ入学しました。初登校の日、車を運転して学校の寮に到着したボビー。車を降りて入口へ向かいますが、周囲の人にやたら話しかけられることに気づきました。「やあ、元気かい?」「夏休みは楽しんだ?」馴れ馴れしい生徒たちに、大人しい性格のボビーは困惑していました。遂には、女子生徒が駆け寄ってきて「また会えると思わなかった!」とキスされました。明らかに何かがおかしい。自分の部屋に向かう途中も、周りの人から「エディ!」と話しかけられるのです。「僕はボビーだ」と言っても、笑われるだけ。部屋に入ると、一人の男が立っていました。その男は呆然と立ち尽くしていました。ボビーを始めて見たときのことを、マイケル・ドムニッツはこう振り返ります。

「エディは休学してた。なのにエディがいたんだ。全く、エディと同じだった。コピーか何かだと思った。『誕生日は?』と聞くと『1961年7月12日』。『養子か?』と聞くと『そうだ』。大変なことが起きたと思ったんだ」

 マイケルはボビーに「君には双子の兄弟がいる」と説明。急いで電話ボックスへ二人で走っていきました。マイケルは興奮しながらエディに電話をかけ、大声で受話器に向かって「大変だぞ!君の双子の兄弟が現れた!」と言いました。そしてボビーに受話器を渡しました。ボビーが「エディかい?」と訊ねると、「そうだよ」と、自分そっくりの声が聴こえました。ボビーはエディに誕生日と養子かどうかを聞いた後、養子縁組業者を訪ねました。エディは「ルイーズ・ワイズ・サービス」と答えました。自分と同じでした。ボビーとマイケルは確信し、そのまま車に飛び乗りエディの自宅へ向かいました。

 夜。エディの自宅で二人は対面を果たしました。玄関先で対面した二人はただ驚いていました。目の前に自分が立っている。マイケルも興奮していました。二人はまるで、鏡合わせのように同じ動きをするのです。

 ニューズデイで新聞記者として働いていたハワードは当時をこう振り返ります。

「嘘だと思ったね。でも、一応部下を現地に送ったんだ。そしたら興奮気味に電話があってね。『嘘じゃない!本当だ!』って」

19才で再会した双子のニュースは新聞に掲載され、瞬く間に話題となった。エレン・セルボーンもその新聞を地下鉄で見かけましたが、眠かったため細かくは見ずにいました。翌朝、エレンは母から新聞を見せられました。そこには19年振りに再会した双子のニュースと写真が掲載されていました。その写真を見たときのことをエレンはこう振り返ります。

「信じられなかったわ。顔もそうだけど、手に驚いた。見覚えがある手なんだもの」

アラン・ルクスも同じように「手が特徴的だからね。まさかと思ったんだ」と言います。

「エレンから電話があってね。急いで新聞を見たんだ。そしたら、二人の自分が肩を組んでいる写真が載っていて驚いたんだよ。手の形も一緒だ。すぐに思ったよ。僕は『3人目』かもしれないって」とデビッド・ケルマンが振り返ります。デビッドはすぐにボビーの自宅の電話番号を調べて電話をしました。電話に出たボビーの母にデビッドは「僕は3人目かもしれません」と言うと、受話器を落とす音が聴こえました。

 ハワードが「もう信じられなかった。もう一人現れたんだ!」と興奮します。ボビーとエディ、デビッドが肩を組んで写真を撮ります。3人は会ったばかりにも関わらず、まるでずっと一緒にいたかのように息ぴったり。笑いながらじゃれ合います。もう一人増えた写真が掲載された新聞は大きな反響を呼び、3人は一気に話題になりました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「同じ遺伝子の3人の他人」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×