映画:子どもが教えてくれたこと

「子どもが教えてくれたこと」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

子どもが教えてくれたことの紹介:難病と闘う子どもたちの日々の暮らしを追ったドキュメンタリー。2017年のジッフォーニ映画祭では、GEx Doc部門の作品賞を受賞した。2016年フランス製作。

あらすじ動画

子どもが教えてくれたことの主な出演者

語り(アンブル、カミーユ、イマド、シャルル、テュデュアル)

子どもが教えてくれたことのネタバレあらすじ

【起】– 子どもが教えてくれたことのあらすじ1

子どもが教えてくれたことのシーン1

画像引用元:YouTube / 子どもが教えてくれたことトレーラー映像

映画が映すのは、フランスのとある病院。

ここでは、多くの子どもたちが治療を受けています。

子どもたちは難病を抱えていますが、それにくじけず、毎日を大切に生きていました 9歳の少女アンブルは動脈性高血圧症という病気を患っており、常に薬剤入りのポンプが入ったリュックを背負っています。

アンブルはすぐ息が切れてしまうため、普通の子どもたちに比べて大幅に運動が制限されていました。

そんなアンブルが今はまっているのは、お芝居でした アンブルは学芸会で可愛らしいドレスを着て、堂々とプリンセスを熱演するのでした。

カミーユは神経芽腫と闘病中の5歳の少年で、サッカーの練習に励む日々を送っています。

カミーユはサッカークラブに所属するほどサッカーが大好きで、父親を巻き込んで練習することもありましたその日の体調によって思うように動けないこともありますが、カミーユはいつも練習に全力で打ち込んでいました。

カミーユがこの病気になったのは母親のお腹の中にいたときのことでした。

カミーユは幼い頃から自分の病気を理解しており、前向きに病気と向き合っていました

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「子どもが教えてくれたこと」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×